毎週更新中の2歳戦の勝ち上がり状況データ。種牡馬別、BMS別、生産者別の勝ち上がりデータを短評とともにお届けする。

種牡馬別勝ち上がりデータ

先週はハーツクライが3勝(アドマイヤアルバ、ヴォウジラール、グレイル)をあげ、トップの数字。これに続くのがディープインパクトの2勝(カツジ、オブセッション)とダイワメジャーの2勝(エスシーハンコック、ラストプリマドンナ)。ロードカナロア、ヨハネスブルグも各1勝で、ランキング上位の馬が順調に勝ち星を積み上げている。新種牡馬関連ではダイシンオレンジ産駒が少ない産駒から貴重な初勝利をあげている。

http://umahei.com/page-169/data2saisyuboba

BMS別勝ち上がりデータ

先週はサンデーサイレンスが2勝(ジュンパッション、カフジバンガード)、ブライアンズタイムも2勝(トキノメガミ、ラストプリマドンナ)。現在、勝ち上がり頭数は12頭でクロフネ、フジキセキ、サンデーサイレンス、アグネスタキオンの4頭が並ぶ状況となっている。

http://umahei.com/page-169/2saidatabms

生産者別勝ち上がりデータ

先週はノーザンファームが6勝(アドマイヤアルバ、ラストプリマドンナ、オブセッション、ヴォウジラール、ヴァルディノート、グレイル)。ここ4週で8勝→7勝→5勝→6勝。ノーザンファーム以外に複数頭勝ち上がりの生産者はなし。

http://umahei.com/page-169/2saidataseisansya