2022/3/20(日)
中山11R 第71回スプリングS・GⅡ
3歳牡・牝 馬齢
芝1800m
馬場状態 稍
1着賞金 5400万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2022/030.html

ビーアストニッシド:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

アメリカンペイトリオット
(2013)
War Front┌Danzig(Northern Dancer)
└Starry Dreamer(Rubiano)
Life Well Lived┌Tiznow(Cee's Tizzy)
└Well Dressed(Notebook)
マオリオ
(2013)
ネオユニヴァース┌サンデーサイレンス(Halo)
└ポインテッドパス(Kris)
ジョウノファミリー┌キングカメハメハ(Kingmambo)
└エビスファミリー(ブライアンズタイム)

通算成績:6戦2勝
(これまでの主な戦績)
・20京都2歳S・GⅢ 2着(阪神芝2000)

父:アメリカンペイトリオット

アメリカンペイトリオットは2013年米国産。通算成績14戦5勝、米芝G1・メイカーズ46マイルSの勝ち馬。ビーアストニッシドの現3歳が初年度産駒。今年の種付料は前年と変わらずの150万円(出生条件)。

2022:種牡馬別重賞勝ち数

5 ロードカナロア
4 ハーツクライ
3 オルフェーヴル
2 キングカメハメハ、ディープインパクト、ハービンジャー
1 アメリカンペイトリオット、イスラボニータ、エイシンフラッシュ、エスポワールシチー、キズナ、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、ステイゴールド、ダイワメジャー、ディープスカイ、ドゥラメンテ、トーセンラー、パイロ、ミッキーアイルモーリスリオンディーズ、American Pharoah、Kitten’s Joy、Point of Entry

母:マオリオ

マオリオは未出走。マオリオの叔父に東京大賞典・南部杯3連覇などのブルーコンコルドがいる。

ビーアストニッシドは3番仔。兄弟姉妹の中央戦績は以下の通り。
・初仔 サンマルマオリオ(牝、父サウスヴィグラス、2017年生)未勝利
・2番仔 サンマルベローチェ(牝、父ディスクリートキャット、2018年生)未勝利
3番仔 ビーアストニッシド(2019年生)
・4番仔 (牡、父タリスマニック、2020年生の現2歳)

母父:ネオユニヴァース

ネオユニヴァースは2000年生まれ。皐月賞・ダービーとGⅠ2勝、通算成績は13戦7勝。種牡馬としてロジユニヴァース(ダービー)、ヴィクトワールピサ(皐月賞、有馬記念、ドバイワールドC)など、母父としてルヴァンスレーヴ(チャンピオンズCなど)、アエロリット(NHKマイルC)などを輩出。

2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

3 キングカメハメハ
2 サンデーサイレンス、シンボリクリスエス、ダイワメジャー、ブライアンズタイム
1 ヴィクトワールピサ、ウォーニング、キングヘイロー、ダンスインザダーク、ディープインパクト、デュランダル、ネオユニヴァース、ハービンジャー、フレンチデピュティ、マンハッタンカフェ、Fusaichi Pegasus、Galileo、Giant’s Causeway、Gone West、Harlan’s Holiday、Langfuhr、Lemon Drop Kid、Montjeu、More Than Ready、Rainbow Quest、Scat Daddy、Sea The Stars、Seeking the Gold、Sligo Bay、Tizway、Unbridled’s Song

生産:ヴェルサイユファーム

ヴェルサイユファームは2022年の重賞初勝利。

2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

9 ノーザンファーム
4 社台ファーム
2 社台コーポレーション白老ファーム
1 天羽牧場、猪野毛牧場、ヴェルサイユファーム、追分ファーム、笠松牧場、杵臼牧場、木村秀則、クラウン日高牧場、グランド牧場、酒井牧場、ダーレー・ジャパン・ファーム、隆栄牧場、新冠橋本牧場、春木ファーム、平山牧場、三嶋牧場、ムラカミファーム、村田牧場、吉田ファーム

他に外国産3(米国3)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら