2022/3/27(日)
中京11R 第52回高松宮記念・GⅠ
4歳以上 定量
芝1200m
馬場状態 重
1着賞金 17000万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/takamatsu/result/takamatsu2022.html

ナランフレグ:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

ゴールドアリュール
(1999)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
ニキーヤ┌Nureyev(Northern Dancer)
└Reluctant Guest(Hostage)
ケリーズビューティ
(2001)
ブライアンズタイム┌Roberto(Hail to Reason)
└Kelley's Day(Graustark)
ビューティークロス┌タマモクロス(シービークロス)
└ミヤマビューティー(ノーザンテースト)

通算成績:29戦6勝
(これまでの主な戦績)
・22オーシャンS・GⅢ 2着(中山芝1200)
・22シルクロードH・GⅢ 3着(中京芝1200)

父:ゴールドアリュール

ゴールドアリュールは1999年生まれ。通算16戦8勝、GⅠ4勝(フェブラリーS、東京大賞典、ダービーGP、ジャパンダートダービー)。種牡馬としてコパノリッキー、エスポワールシチー、ゴールドドリーム、スマートファルコン、クリソベリルなどのダートのチャンピオンホースを次々と輩出。芝路線ではフーラブライド(愛知杯など)など。2017年に死亡しており、現4歳が最後の世代。

2022:種牡馬別重賞勝ち数

5 ロードカナロア
4 ハーツクライ
3 オルフェーヴル、キングカメハメハ
2 ダイワメジャー、ディープインパクト、ドゥラメンテ、パイロ、ハービンジャー
1 アメリカンペイトリオット、イスラボニータ、エイシンフラッシュ、エスポワールシチー、キズナゴールドアリュール、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、スクリーンヒーロー、ステイゴールド、ディープスカイ、トーセンラー、ミッキーアイルモーリスリオンディーズ、American Pharoah、Kitten’s Joy、Point of Entry

母:ケリーズビューティ

ケリーズビューティは地方4勝。

ナランフレグは8番仔。兄弟姉妹の状況は以下の通り。
・初仔 インプレスウィナー(牡、父フサイチコンコルド、2007年生)7勝、京王杯SC3着
・2番仔 キャラウェイ(牝、父アドマイヤボス、2008年生)未勝利
・3番仔 ケリーズタイム(牝、父アルカセット、2009年生)地方
・4番仔 ラインビューティー(牝、父リンカーン、2010年生)未勝利
・5番仔 パブリックフレンド(牡、父マンハッタンカフェ、2012年生)1勝
・6番仔 グロリアスウィナー(牝、父デュランダル、2013年生)未勝利
・7番仔 ネバービーンベター(牝、父ロージズインメイ、2014年生)未勝利
8番仔 ナランフレグ(2016年生)
・9番仔 プラチナビューティ(牝、父ネオユニヴァース、2017年生)未勝利
・10番仔 ダイヤモンドカノン(牝、父ヴィクトワールピサ、2018年生)地方
・11番仔 イサチルキュート(牝、父タリスマニック、2020年生の現2歳)

母父:ブライアンズタイム

ブライアンズタイムは1985年米国産。通算成績21戦5勝、GⅠ2勝(フロリダダービー、ペガサスH)。種牡馬としてナリタブライアン(牡馬三冠などGⅠ5勝)、マヤノトップガン(有馬記念などGⅠ4勝)、ファレノプシス(桜花賞などGⅠ3勝)他、多数のGⅠホースを輩出した。母父としてはディーマジェスティ(皐月賞)、エスポワールシチー(フェブラリーSなど)などが活躍。2022年の母父としての重賞3勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ナランフレグ22高松宮記念中京芝1200ゴールドアリュール・ブライアンズタイム
クリンチャー22名古屋大賞典名古ダ1900ディープスカイ・ブライアンズタイム
マテンロウレオ22きさらぎ賞中京芝2000ハーツクライ・ブライアンズタイム
2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

3 キングカメハメハ、ブライアンズタイム
2 クロフネ、サンデーサイレンス、シンボリクリスエス、ダイワメジャー、マンハッタンカフェ
1 ヴィクトワールピサ、ウォーニング、キングヘイロー、ダンスインザダーク、ディープインパクト、デュランダル、ネオユニヴァース、ハービンジャー、フレンチデピュティ、Fusaichi Pegasus、Galileo、Giant’s Causeway、Gone West、Harlan’s Holiday、Langfuhr、Lemon Drop Kid、Montjeu、Motivator、More Than Ready、Oasis Dream、Rainbow Quest、Scat Daddy、Sea The Stars、Seeking the Gold、Sligo Bay、Tizway、Unbridled’s Song

生産:坂戸節子

坂戸節子氏は2022年の重賞初勝利。

2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

12 ノーザンファーム
4 社台ファーム
2 社台コーポレーション白老ファーム、三嶋牧場
1 天羽牧場、猪野毛牧場、ヴェルサイユファーム、追分ファーム、岡田スタッド、笠松牧場、杵臼牧場、木村秀則、クラウン日高牧場、グランド牧場、酒井牧場、坂戸節子、ダーレー・ジャパン・ファーム、隆栄牧場、新冠橋本牧場、春木ファーム、平山牧場、ムラカミファーム、村田牧場、吉田ファーム

他に外国産3(米国3)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら