2022/4/2(土)
中山11R 第54回ダービー卿チャレンジT・GⅢ
4歳以上 ハンデ
芝1600m
馬場状態 良
1着賞金 4100万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2022/036.html

タイムトゥヘヴン:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

ロードカナロア
(2008)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
レディブラッサム┌Storm Cat(Storm Bird)
└サラトガデュー(Cormorant)
キストゥヘヴン
(2003)
アドマイヤベガ┌サンデーサイレンス(Halo)
└ベガ(トニービン)
ロングバージン┌ノーザンテースト(Northern Dancer)
└スイーブ(テューダーペリオッド)

通算成績:14戦2勝
(これまでの主な戦績)
・21ニュージーランドT・GⅡ 2着(中山芝1600)
・21京成杯・GⅢ 2着(中山芝2000)

父:ロードカナロア

ロードカナロアは2008年生まれ。通算19戦13勝、GⅠ6勝(安田記念、スプリンターズS連覇、高松宮記念、香港スプリント連覇)。代表産駒にアーモンドアイ(GⅠ9勝)、ステルヴィオ(マイルChS)、サートゥルナーリア(皐月賞、ホープフルS)など。本年の種付料は前年から変わらずの1500万円。

馬名レース名コース種牡馬・母父
タイムトゥヘヴン22ダービー卿H中山芝1600ロードカナロア・アドマイヤベガ
サブライムアンセム22フィリーズR阪神芝1400ロードカナロア・シンボリクリスエス
パンサラッサ22中山記念中山芝1800ロードカナロア・Montjeu
ダイアトニック22阪急杯阪神芝1400ロードカナロア・サンデーサイレンス
キングオブコージ22AJCC中山芝2200ロードカナロア・Galileo
レッドガラン22中山金杯H中山芝2000ロードカナロア・シンボリクリスエス
2022:種牡馬別重賞勝ち数

6 ロードカナロア
4 ハーツクライ
3 オルフェーヴル、キングカメハメハ
2 ダイワメジャー、ディープインパクト、ドゥラメンテ、パイロ、ハービンジャー
1 アメリカンペイトリオット、イスラボニータ、エイシンフラッシュ、エスポワールシチー、キズナ、ゴールドアリュール、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、スクリーンヒーロー、ステイゴールド、ディープスカイ、トーセンラー、ミッキーアイルモーリスリオンディーズ、American Pharoah、Kitten’s Joy、Point of Entry

母:キストゥヘヴン

キストゥヘヴンは桜花賞など重賞を4勝。叔母にエリザベス女王杯の勝ち馬ロンググレイスなど。

タイムトゥヘヴンは8番仔で、DMMドリームクラブ3800万円募集馬。兄弟姉妹の状況は以下の通り。
・初仔 ファミーユ(牡、父チチカステナンゴ、2010年生)未勝利
・2番仔 アヴェクトワ(牝、父チチカステナンゴ、2011年生)未勝利
・3番仔 アンドトゥモロー(牝、父ハービンジャー、2012年生)未勝利
・4番仔 (牡、父キングカメハメハ、2013年生)未出走
・5番仔 ジュローズ(牝、父ワークフォース、2014年生)未勝利
・6番仔 アマイロ(牝、父オルフェーヴル、2015年生)未勝利
・7番仔 ガロシェ(牝、父ルーラーシップ、2016年生)2勝
8番仔 タイムトゥヘヴン(2018年生)
・9番仔 エールトゥヘヴン(牡、父ロードカナロア、2019年生)1勝・現役

母父:アドマイヤベガ

アドマイヤベガは1996年生まれ。通算成績8戦4勝、ダービー馬で他に京都新聞杯などに勝利。早世したため産駒は4世代のみだが、キストゥヘヴンの他、ブルーメンブラット(マイルCS)、アルナスライン(日経賞)などを遺した。母父としてはニホンピロアワーズ(ジャパンCダート)、タガノアザガル(ファルコンS)などが活躍している。

2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

3 キングカメハメハ、ブライアンズタイム
2 クロフネ、サンデーサイレンス、シンボリクリスエス、ダイワメジャー、マンハッタンカフェ
1 アドマイヤベガ、ヴィクトワールピサ、ウォーニング、キングヘイロー、ダンスインザダーク、ディープインパクト、デュランダル、ネオユニヴァース、ハービンジャー、フレンチデピュティ、Fusaichi Pegasus、Galileo、Giant’s Causeway、Gone West、Harlan’s Holiday、Langfuhr、Lemon Drop Kid、Montjeu、Motivator、More Than Ready、Oasis Dream、Rainbow Quest、Scat Daddy、Sea The Stars、Seeking the Gold、Sligo Bay、Tizway、Unbridled’s Song

生産:オリオンファーム

オリオンファームは2022年の重賞初勝利。

2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

12 ノーザンファーム
4 社台ファーム
2 社台コーポレーション白老ファーム、三嶋牧場
1 天羽牧場、猪野毛牧場、ヴェルサイユファーム、追分ファーム、岡田スタッド、オリオンファーム、笠松牧場、杵臼牧場、木村秀則、クラウン日高牧場、グランド牧場、酒井牧場、坂戸節子、ダーレー・ジャパン・ファーム、隆栄牧場、新冠橋本牧場、春木ファーム、平山牧場、ムラカミファーム、村田牧場、吉田ファーム

他に外国産3(米国3)

2021年の重賞勝馬一覧はこちら
2020年の重賞勝馬一覧はこちら
2019年の重賞勝馬一覧はこちら
2018年の重賞勝馬一覧はこちら