現地時間4/16(土)に豪ランドウィック競馬場にて行われた、G1-オールエイジドS(芝1400m)、2歳G1-シャンペンS(芝1600m)の結果と動画をお届けする。シャンペンSにはゴールデンスリッパー、イングリスサイアーズを制し、ここを勝てばシドニー2歳3冠達成となるFireburnが出走している。

Schweppes All Aged Stakes(G1・芝1400m・2歳以上)

・オールエイジドSは、後方のインを追走していたゴドルフィンのNew Approach産駒・Cascadian(せん7)が直線で進路を確保されると俊敏差しを決めて1着。1番人気のForbidden Loveは8着。

・今回の勝利で通算38戦8勝、G1・2勝目、重賞4勝目。昨年4月のG1-ドンカスターマイル(t1600m)の勝ち馬で、昨年のこのレースは3着。以後、昨年秋のメルボルンカップカーニバルでは10/30のG1-ケネディカンタラ(t1600m)で3着、11/6のG1-マッキノンS(t2000m)で2着と健闘していた。

母のFalls of Loraは2009年愛国産のStreet Cry産駒。現役時は19戦4勝、G3-UAEオークス(d1900m)の勝ち馬。半きょうだい(せん馬)のAlbahrは昨年のカナダ2歳G1-サマーSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/471/randwick/2022-04-16/810235

Moet & Chandon Champagne Stakes(G1・芝1600m・2歳)

・シャンペンSは、シドニー2歳3冠がかかった注目のFireburnは4番手を追走。直線で逃げていたExtreme Choice産駒・She’s Extreme(牝2)との差を詰めにかかるも、なかなか差が詰まらず、結果、She’s Extremeが逃げ切り勝ち。Fireburnはゴールデンスリッパー、イングリスサイアーズで見せた強烈な切れ味を発揮出来ず半馬身差の2着。

・今回の勝利で通算6戦2勝、重賞初制覇。初勝利がデビュー3戦目のG3-マジックナイトS(t1200m)という馬で、以後、G1-ゴールデンスリッパー(t1200m)7着→G1-イングリスサイアーズ(t1400m)2着としていた馬。今回は単勝5倍の対抗人気に推されていたが、距離がマイルに伸びてFireburnを逆転。Fireburnのシドニー2歳3冠を阻止する金星をあげている。

・父のExtreme Choiceは2013年豪州産のNot a Single Doubt産駒。現役時は8戦4勝、G1-A.J.モイアーS、2歳G1-ブルーダイヤモンドS、2歳G3-チェアマンズSの勝ち馬。She’s Extremeは昨年のゴールデンスリッパーを制したStay Insideに続く2頭目の産駒G1馬になる。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/471/randwick/2022-04-16/810233