現地時間4/16(土)に米キーンランド競馬場にて行われた、G1-ジェニーワイリーS(芝8.5f)の結果と動画をお届けする。

Jenny Wiley Stakes(G1・芝8.5f・4歳以上牝馬)

・圧倒的な1番人気に推されたG1馬・Regal Gloryが番手追走から直線早めに逃げ馬を交わし、後続の追撃も封じ完勝。2着に同厩のG1馬・Shantisaraが入り、Chad C Brown師の管理馬のワンツー決着。

1着:Regal Glory

牝6、父・アニマルキングダム、母・Mary’s Follies、母父・More Than Ready
調教師:Chad C Brown、騎手:Jose L Ortiz

・今回の勝利で通算18戦11勝、G1・2勝目、重賞6勝目。昨年11/28のG1-メイトリアークS(t8f)の勝ち馬で、1/29に行われた今年新設のG3-ペガサスワールドカップフィリー&メアターフ招待S(t8.5f)を制し、ここへ出走していた馬。これで重賞3連勝。

・父のアニマルキングダムは2008年米国産のLeroidesanimaux産駒。現役時は12戦5勝、G1-ケンタッキーダービー(d10f)、G1-ドバイワールドC(AW2000m)、G3-スパイラルS(AW9f)の勝ち馬で、他にプリークネスS2着、BCマイル2着等。本馬以外の主な産駒にOleksandra(ジャイプール招待S)、Angel of Truth(オーストラリアンダービー)、Duopoly(アメリカンオークス)。2020年より日本軽種馬協会静内種馬場にて供用されており、昨年産まれた74頭が血統登録済。

・母のMary’s Folliesは2006年米国産、12戦4勝、G2-ミセスリヴィアS、G3-ボイリングスプリングSの勝ち馬。Regal Gloryの半弟・カフェファラオはG1-フェブラリーS連覇、G3-シリウスS、G3-ユニコーンSの勝ち馬。Regal Gloryの半きょうだい(せん馬)・Night ProwlerはG3-トランシルバニアS、G3-デイニアビーチSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/301/keeneland/2022-04-16/810292