社台グループオーナーズのHP上にて、ロゴタイプ(牡7)の引退が発表されている。今後は社台スタリオンステーションにて種牡馬入り、とのこと。

ロゴタイプは父:ローエングリン、母:ステレオタイプ、母父:サンデーサイレンス。通算成績は30戦6勝。2012年のJRA賞最優秀2歳牡馬。G1-皐月賞、G1-安田記念、G1-朝日杯FS、G2-スプリングSの勝ち馬で、G1-安田記念2着など、重賞入着7回。総賞金は5億8301.1万円。

ローエングリンの初の後継種牡馬となるが、ローエングリンの父・Singspiel系という見方をすると、アサクサデンエン、ムーンバラッドに続く種牡馬となる。ともに未だ産駒G1未勝利で確たる後継種牡馬は不在。ロゴタイプにはG1馬の輩出の期待や父系の継続を担う重責がかかることになる。