英ヨーク競馬場にて5/11(水)から5/13(金)の3日間に渡り行われたダンテフェスティバルミーティングのダイジェストをお届けする。昨年Snowfallが制したG3-ミュージドラS(その後英オークスを制覇)、昨年Hurricane Laneが制したG2-ダンテS(その後愛ダービーを制覇)を中心に、最後にはStradivariusが出走したG2-ヨークシャーカップについても触れる。

Al Basti Equiworld Dubai Dante Stakes(G2・芝1m2f56yds・3歳・5/12)

・ダンテSは、中団追走のNathaniel産駒・Desert Crownが直線で手応え良く先頭に立ち、追われると2着以下を突き離し、2着のRoyal Patronageに3馬身1/4差をつけて快勝。

今回の勝利で通算2戦2勝重賞初制覇。昨年11/3のデビュー戦(t1m75yds)を2着に5馬身半差をつけて勝利し、今回はそれ以来、190日ぶりのレースだった馬。今回の勝利を受けてラドブロークスでは英ダービーで本馬を単勝3.25倍の1番人気に設定している。英2000ギニーワンツーのCoroebusとNative Trailのゴドルフィン勢はマイル路線へ進み、3着のLuxembourgは故障発生で戦線離脱。押し出される形ではあるが、キャリア3戦目、無敗のままおそらくは1番人気で臨むことになるであろう英ダービーは千載一遇のチャンスとなるがこの好機を掴み取れるか。

・管理する伯楽・Sir Michael Stoute師はダンテS7勝目で、故・Henry Cecil師と並び歴代トップ。師は英ダービー6勝目を目指す形になるが、2004年の勝ち馬・North LightはダンテS→英ダービーのローテーションで両レースを制している。

・母のDesert Berryは2009年英国産のGreen Desert産駒。現役時は3戦1勝。半きょうだい(せん馬)のFlying Thunderは香港G3-プレミアカップの勝ち馬。母の従姉・ProvisoはファーストレディS、ダイアナS、ジャストアゲームS、フランクE.キルローマイルHの4つのG1を含む重賞6勝。母の従兄・BywordはG1-プリンスオブウェールズSを含む重賞4勝。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/107/york/2022-05-12/806446

Tattersalls Musidora Stakes(G3・芝1m2f56yds・3歳牝馬・5/11)

・ミュージドラSは、赤い勝負服のSea The Stars産駒・Emily Upjohnが好位追走から、直線仕掛けられるとあっさり後続を突き離し、2着に5馬身半差をつけて圧勝。

今回の勝利で通算3戦3勝重賞初制覇。昨年11/23のデビュー戦(AW1m1f104yds)を勝ち、5カ月ぶりのレースとなった前走4/22の2戦目(t1m1f209yds)を2着に9馬身半差をつけて快勝し、ここへ出走していた馬。今回の勝利を受けてラドブロークスでは英オークスでこの馬を単勝2.25倍の1番人気に設定。調教師はJohn & Thady Gosden、ジョッキーはFrankie Dettori。無敗のオークス馬誕生なるか、今年の英オークスも必見となりそうである。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/107/york/2022-05-11/809929

Paddy Power Yorkshire Cup Stakes(G2・芝1m5f188y・4歳以上・5/13)

・ヨークシャーカップは、8歳になったSea The Stars産駒・Stradivariusが道中内の3,4番手追走から直線でしっかりと伸び、2着のThunderous(一昨年のダンテSの勝ち馬)に1馬身差をつけて勝利。2番人気のG1馬・Search For A Songは4着。

・今回の勝利で通算33戦20勝、重賞18勝目。昨年はゴールドカップ4連覇の大偉業に挑むも4着に敗れた後、G2-ロンズデールC1着→G2-ドンカスターC1着→G1-カドラン賞2着→G2-ブリティッシュチャンピオンズロングディスタンスC3着。カドラン賞以降の2戦はいずれも勝ったTrueshanから4馬身以上離されての敗戦となり、力の衰えは否定しがたいところではあるが、陣営は現役続行を決断。始動戦をきっちりと制し、この後は大目標・ロイヤルアスコットのゴールドカップへ挑むことになるが、特別な大舞台でならまだ何かを見せてくれるのではないか、と大きな期待がかかる。歴史的ステイヤーがゴールドカップ4勝目を果たすことが出来るのか、今年のロイヤルアスコット3日目も熱い一日となりそうである。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/107/york/2022-05-13/806448

※過去記事