2歳新馬・京都ダ1800
1着賞金700万円

後方のインに待機していたマリオがいったんは直線もインに突っ込んだが、直線半ば辺りで外へ持ち出され、針路が確保されると弾けるような末脚を発揮。一気に前を飲み込んで1着。2着は直線大外から上り最速の脚を使ったマンナム。勝ち時計1.53.9。推定上り38.0。

1着:マリオ(牡2・父エスポワールシチー)
2着:マンナム(牡2・父カジノドライヴ)
3着:トランシャン(牡2・父アイルハヴアナザー)
着差:1 1/2、クビ
LAP:12.3-11.5-12.9-13.0-12.7-12.5-12.9-13.0-13.1

プロフィール

2歳牡馬
父:エスポワールシチー
母:ヤマトマリオン
母父:オペラハウス
生産牧場:坂東牧場
厩舎:(栗)安達昭夫
騎手:古川吉洋

新種牡馬エスポワールシチー産駒は7/8の中京ダ1400mの新馬戦を勝ったマイネルオスカル(母父・アグネスデジタル)に続く、今季JRA2歳戦2頭目の勝ち上がり。現在、地方で産駒が既に3頭、重賞勝ち馬となっており、上々の種牡馬スタートを切っている状況。

 ヤマノファイト(母・ケイアイリード、母父・フォーティナイナー)
 1着:2017サンライズC 門別ダ1700
 1着:2017イノセントC 門別ダ1200
 シオジスター(母・テンザンノゾミ、母父・ジェネラス)
 1着:2017金沢プリンセスC 金沢ダ1400
 モリノラスボス(母・ヤマイチジャスミン、母父・ファスリエフ)
 1着:2017ジュニアGP 盛岡芝1600

牝系

・母は静内白井牧場の生産馬で36戦6勝(中央4勝・地方2勝)、G2-東海S、G2-フローラS、G3-クイーン賞、G3-TCK女王盃の勝ち馬。他に重賞入着5回。
・本馬は初仔。
・祖母ヤマトプリティは中央6勝。3代母ヤマトビューティは中央5勝。

母父

オペラハウスはSadler’s Wells産駒。G1-キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、G1-エクリプスS、G1-コロネイションCなど重賞6勝。他にG1-凱旋門賞3着など重賞入着6回。父として輩出した代表産駒はメイショウサムソン(母父・ダンシングブレーヴ)、テイエムオペラオー(母父・Blushing Groom)。BMSとして輩出した主な産駒はメジャーエンブレム(父・ダイワメジャー)、レオアクティブ(父・アドマイヤムーン)など。

クロス

Northern Dancer:M4×S5×M5、Hail to Reason:S5×S5、Special:S5×M5

生産牧場

坂東牧場は10/9の京都ダ1800mの未勝利戦を勝ったビップデヴィット(父・キングズベスト)に続く今季JRA2歳戦2頭目の勝ち上がり。坂東牧場の近年の主な活躍馬はオジュウチョウサン、チョウサン、ケイアイチョウサン、ブリッツエン、ビービーガルダン、アクシオン。

 オジュウチョウサン(父・ステイゴールド、母・シャドウシルエット by シンボリクリスエス)
 2016年JRA賞最優秀障害馬
 1着:2017中山グランドジャンプ(JG1) 中山障4250
 1着:2016中山大障害(JG1) 中山障4100
 1着:2016中山グランドジャンプ(JG1) 中山障4250
 1着:2017阪神スプリングジャンプ(JG2) 阪神障3900
 1着:2017東京ハイジャンプ(JG2) 東京障3110
 1着:2016東京ハイジャンプ(JG2) 東京障3110
 1着:2016東京ジャンプS(JG3) 東京障3110