2歳新馬・東京芝1400
1着賞金700万円

中団やや後方の馬群の切れ目に位置していたヒシコスマー。直線大外に持ち出されるとよく伸びて、最終的には先に抜け出したイカヅチとの争いになり、これをハナ差競り落として1着。3着はラチ沿いを逃げ粘ったセイウンアカマイ。勝ち時計1.27.2。推定上り36.5(メンバー最速)。

1着:ヒシコスマー(牡2・父ブラックタイド)
2着:イカヅチ(牡2・父ロジユニヴァース)
3着:セイウンアカマイ(牡2・父Animal Kingdom)
着差:ハナ、4
LAP:12.9-11.6-12.5-13.0-12.4-12.0-12.8

プロフィール

2歳牡馬
父:ブラックタイド
母:コスマグレース
母父:ヘクタープロテクター
生産牧場:厚賀古川牧場
厩舎:(栗)清水久詞
騎手:C.デムーロ
市場取引:2017年JRAブリーズアップセール 842.4万円

ブラックタイド産駒は今季JRA2歳戦6頭目の勝ち上がり。ここまでの5頭の勝ち上がりは全て未勝利戦でのもので、新馬戦での勝ち上がりは初となっている。

07/23・福島芝1800mの未勝利・トッカータ(母父・Invasor)
07/29・新潟芝1400mの未勝利・マドモアゼル(母父・Pivotal)
08/12・小倉芝1200mの未勝利・ニコルハイウェイ(母父・スウェプトオーヴァーボード)
09/24・中山芝1600mの未勝利・タイドオーバー(母父・ミシエロ)
10/09・東京ダ1600mの未勝利・アメノムラクモ(母父・アフリート)
10/29・東京芝1400mの新馬戦・ヒシコスマー(母父・ヘクタープロテクター)

牝系

・母は25戦1勝(東京ダ1600)。
・本馬は8番仔。2番仔ミニスタービーンは地方3勝。3番仔アートオブマジックは地方1勝。5番仔サウンドギャツビー(中央現役)は中央1勝。6番仔ヘビデューティーは地方8勝。
・3代母Honor Tricksの孫にアラタマインディ(中央5勝。G3-小倉記念の勝ち馬でG3-朝日チャレンジC2着)、アラタマサモンズ(中央3勝。G3-小倉記念3着)。曾孫にリキアイサイレンス(中央6勝。G2-アルゼンチン共和国杯3着)。

母父

ヘクタープロテクターはWoodman産駒。G1-仏2000ギニー、G1-ジャックルマロワ賞、G1-仏グランクリテリヨム、G1-モルニー賞、G1-サラマンドル賞など重賞7勝。父として日本供用後に輩出した主な産駒にキタサンチャンネルセンターライジングなど。BMSとして輩出した主な産駒にブラックエンブレムクォークスターアドマイヤメインプリンシパルリバーなど。

クロス

Lyphard:M3×S4、Cosmah:S4×M4。馬名の通り、Cosmahの牝馬クロスが特徴的。

生産牧場

厚賀古川牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 ジョージモナーク(父・ミルジョージ、母・レッドシグナル by Roan Rocket)
 1着:1991オールカマー(G3) 中山芝2200
 1着:1991関東盃 大井ダ1600