現地時間6/10(金)に米ベルモントパーク競馬場にて行われた、G1-ニューヨークS(t10f)の結果と動画をお届けする。

New York Stakes(G1・芝10f・4歳以上牝馬)

・3角を最後方で通過した5番・Bleecker Streetが直線で大外に持ち出されると、末脚一閃。前を行く6頭をまとめて差し切って1着。1番人気に推された昨年のG1-オペラ賞の勝ち馬・Rougirは5着。

1着:Bleecker Street

牝4、父・Quality Road、母・Lemon Liqueur、母父・Exchange Rate
調教師:Chad C Brown、騎手:Irad Ortiz Jr

・今回の勝利で通算7戦7勝G1初制覇、重賞4勝目。昨年8月のデビュー以来、連勝街道が続いており、今年2/5のG3-エンデバーS→3/12のG2-ヒルズボロS→5/6のG3-モデスティSに続きこれで重賞4連勝。

・父のQuality Roadは2006年米国産のElusive Quality産駒。現役時は13戦8勝、メトロポリタンH、ウッドワードS、ドンH、フロリダダービーの4つのG1を含む重賞7勝。主な産駒にCity Of Light(BCダートマイル、ペガサスワールドC招待SなどG1・4勝)、Abel Tasman(ケンタッキーオークスなどG1・6勝)。今年は産駒のEmblem Road(牡4)がサウジカップを制しており、これに続く産駒のG1勝ち。

・母のLemon Liqueurは2013年米国(NY州)産、現役時は5戦1勝。母の従兄・Gabriel CharlesはG1-エディーリードS、G2-デルマーダービーの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/258/belmont-park/2022-06-10/814576