本日開催されたセレクトセール2022、2日目の結果をまとめている。今日は当歳馬。売却率は昨日の1歳馬と同じ95%、平均価格についても同様に前年比2桁上昇(当歳馬+12%、1歳は+13%)と大変な盛況で幕を閉じた。

種牡馬別の結果は群雄割拠の様相で、レイデオロ、エピファネイア、フィエールマン、ドゥラメンテ、サートゥルナリアらが平均価格上位に名を連ねた。この内、フィエールマン、サートゥルナリアはこの世代が初年度で、大きな期待を背負っての船出となった格好。新種牡馬では他にアドマイヤマーズがなかなかだった一方、輸入種牡馬のシスキン、ナダルは地味な評価にとどまっていた。

セレクトセール2022・2日目(当歳馬)

(売却率/最高価格/平均価格の推移:税込)

売却率最高価格(万円)平均価格(万円)
202295%35,2006,303
202193%45,1005,641
202090%41,8004,515
201990%50,7605,447
201889%31,3204,350
201786%62,6404,941
201675%30,2404,252

(落札頭数3頭以上の種牡馬産駒の平均落札結果:税込)*は新種牡馬

種牡馬落札頭数平均価格(万円)
レイデオロ312,393
エピファネイア1512,221
フィエールマン*311,037
ドゥラメンテ1210,881
サートゥルナーリア*1410,183
ロードカナロア99,289
アドマイヤマーズ*48,250
キズナ147,912
ブリックスアンドモルタル137,522
モーリス65,977
ミッキーアイル85,734
キタサンブラック65,573
サトノダイヤモンド85,294
イスラボニータ34,840
ダイワメジャー74,589
Saxon Warrior34,583
American Pharoah64,382
ドレフォン94,327
ニューイヤーズデイ54,224
リアルスティール103,850
シスキン*33,740
ナダル*63,685
ハービンジャー33,593
ルヴァンスレーヴ*53,344
オルフェーヴル43,163
リオンディーズ52,882
ルーラーシップ42,723
サトノアラジン32,603
サトノクラウン32,530