ミルコメダはサカラート、ヴァーミリアン、キングスエンブレム、ソリタリーキングの下。いずれもダートで重賞を勝った馬で芝でどうかだが、ミルコメダの兄姉でデビューした10頭の内、8頭は中央で勝利をあげている。8割の勝ち上がり率はかなり高く、偉大な兄達に続くことが出来るか、注目される。

10・ミルコメダ 牡2

父・エイシンフラッシュ、母・スカーレットレディ、母父・サンデーサイレンス
生産者・ノーザンファーム、(栗)石坂正、C.デムーロ

・募集価格3600万円。
・母は16戦1勝(函館ダ1700)。
・本馬は13番仔。
・初仔サカラート(牡・父・アフリート)は中央6勝、地方3勝。G2-東海S、G2-ブリーダーズゴールドC、G2-日本テレビ盃、G3-マーキュリーCの勝ち馬。他に重賞入着8回。
・2番仔スカーレットベル(牝・父・エリシオ)は中央5勝
・3番仔ヴァーミリアン(牡・父・エルコンドルパサー)は中央5勝、地方10勝。2007年JRA最優秀ダートホース。G1-ジャパンカップダート、G1-フェブラリーS、Jpn1-川崎記念(2勝)、Jpn1-JBCクラシック(3勝)、Jpn1-東京大賞典、Jpn1-帝王賞、Jpn2-浦和記念、Jpn2-ダイオライト記念、Jpn2-名古屋グランプリ、G3-ラジオたんぱ杯2歳Sの勝ち馬。他に重賞入着4回。
・4番仔キングスエンブレム(牡・父・ウォーエンブレム)は中央6勝。G3-シリウスSの勝ち馬。他に重賞入着3回。
・5番仔フィロンルージュ(牝・父・フレンチデピュティ)は中央1勝
・6番仔ソリタリーキング(牡・父・キングカメハメハ)は中央7勝、地方2勝。G2-東海S、Jpn2-日本テレビ盃、Jpn3-マーキュリーCの勝ち馬で、他に重賞入着11回。
・7番仔カーマイン(牡・父・キングカメハメハ)は中央3勝
・8番仔ヴェルメリオ(牡・父・シンボリクリスエス)は6戦0勝。
・9番仔レッドロックテラス(牡・父・キングカメハメハ)は未出走。
・10番仔マナオラナ(牝・父・キングカメハメハ)は中央1勝
・11番仔レッドソンブレロ(牝・父・キングカメハメハ)は未出走。
・12番仔スプレンダークラン(牝・父・ルーラーシップ)は5戦0勝。
・3代母スカーレットインク(米1戦0勝)を牝祖とする活躍馬にトーセンジョウオー、クォークスター、ブルーリッジリバー、スカーレットリボン、タヤスアンティーム、スカーレットブーケ、スカーレットメール、ダイワルージュ、ダイワファルコン、ダイワメジャー、ダイワスカーレット。

3・ドラグーンシチー 牡2

父・ロードカナロア、母・メイショウアンデス、母父・ダンスインザダーク
生産者・富田牧場、(栗)北出成人、和田竜二

・募集価格2200万円。
・母は7戦0勝。
・本馬は5番仔。
・初仔ラモンターニュ(牝・父・タイキシャトル)は地方4勝。
・2番仔ラッキーマインド(牡・父・ハービンジャー)は2戦0勝。
・3番仔ワンダラーズ(牡・父・キングカメハメハ)は地方3勝。
・4番仔マスカルポーネ(牝・父・キングズベスト)は2戦0勝。
・3代母ケイティーズファーストを牝祖とする活躍馬にゴーステディ、アドマイヤムーン、プレイ、ケイティープライド。

4・トゥラヴェスーラ 牡2

父・ドリームジャーニー、母・ジャジャマーチャン、母父・アドマイヤコジーン
生産者・社台ファーム、(栗)高橋康之、川田将雅

・母は未出走。
・本馬は3番仔。
・初仔ザマーチャン(牝・父・ディープインパクト)は3戦0勝。
・2番仔アレジャポン(牡・ヴィクトワールピサ)は5戦0勝。
・母の全姉にアストンマーチャン(G1-スプリンターズS、G2-フィリーズレビュー、G3-小倉2歳S、G3-ファンタジーSの勝ち馬で、G1-阪神ジュベナイルF2着)。

8・メラナイト 牡2

父・ハーツクライ、母・ノータブルアート、母父・ブライアンズタイム
生産者・土居牧場、(栗)佐々木晶、田辺裕信

・母はノースヒルズマネジメントの生産馬で6戦0勝。
・本馬は6番仔。
・初仔マノワール(牡・父・ゴールドアリュール)は中央4勝
・2番仔ノータブルアートの2011は未デビュー。
・3番仔ノータブルアートの2012は未デビュー。
・4番仔オルテジー(牝・父・ミスキャスト)は7戦0勝。
・5番仔ソウォン(牝・父・ゴールドアリュール)は5戦0勝。
・母の全兄にノーリーズン(G1-皐月賞の勝ち馬でG2-神戸新聞杯2着)。母の半兄にグレイトジャーニー(G3-シンザン記念、G3-ダービー卿チャレンジTの勝ち馬で、他に重賞入着2回)。
・母の半姉の孫にワンアンドオンリー(中央現役・中央4勝。G1-日本ダービー、G2-神戸新聞杯、G3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬で、G2-弥生賞2着、G1-ドバイシーマC3着)。