現地時間8/18(木)に英ヨーク競馬場にて行われた、G1-ヨークシャーオークス(t1m3f188y)の結果と動画をお届けする。G1・4勝を含む目下6連勝中のFrankel産駒・Alpinistaが1番人気。

Darley Yorkshire Oaks(G1・芝1m3f188y・3歳以上牝馬)(British Champions Series)

・道中3番手追走の芦毛馬・Alpinistaが直線半ばで、逃げたLa Petite Cocoを交わし、後ろから差し込んできたTuesdayの追撃も振り切り、1着。 1馬身差の2着にTuesday、La Petite Cocoが3着。

1着:Alpinista

牝5、父・Frankel、母・Alwilda、母父・Hernando
調教師:Sir Mark Prescott Bt、騎手:Luke Morris

・今回の勝利で通算14戦9勝、G1・5勝目、重賞6勝目。昨年、ベルリン大賞(t2400m・2着は後の凱旋門賞馬・Torquator Tasso)→オイロパ賞(t2400m)→バイエルン大賞(t2400m)のドイツG1を3連勝し、今年は前走7/3のG1-サンクルー大賞(t2400m)から始動し、ここも勝利。今回は今年の英オークス馬、愛オークス馬、プリティポリーSの勝ち馬などが揃った一戦だったが問題なく勝利し、G1・5連勝達成。秋の大一番に向けて視界良好な印象。

・Frankelの4thクロップ。4thクロップからは本馬以外にQuadrilateral(フィリーズマイル)、Hungry Heart(ヴァイナリースタッドS、オーストラリアンオークス)の2頭のいずれも牝馬のG1馬が出ている。

母のAlwildaは2010年英国産、24戦4勝、L-Silbernes Band(t3800m)の勝ち馬。Alpinistaは初仔。祖母のAlbanovaはオイロパ賞、ドイツ賞、ラインラントポカール(現バイエルン大賞)の3つのG1に勝利した活躍馬。Albanovaの全姉・AlboradaはG1-英チャンピオンS連覇を含む重賞5勝。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/107/york/2022-08-18/813942