現地時間9/3(土)に米デルマー競馬場にて行われた、G1-パシフィッククラシックS(d10f)、米サラトガ競馬場にて行われた、G1-ジョッキークラブゴールドC(d10f)の結果と動画をお届けする。

TVG Pacific Classic Stakes(G1・ダ10f・3歳以上)

・前走同様、序盤は番手からレースを進めたFlightlineが向う正面では持ったままで先頭に立つ展開。以後、後続との差が一気に広がり、他馬は全くついていけなくなり、直線は独走。鞍上の手が全く動かない中、2着のCountry Grammer(今年のドバイワールドCの勝ち馬)に19馬身1/4差をつけて大圧勝。歴史的なパフォーマンスでの圧巻の勝利。

1着:Flightline

牡4、父・Tapit、母・Feathered、母父・Indian Charlie
調教師:John W Sadler、騎手:Flavien Prat

・今回の勝利で通算5戦5勝G1・3勝目。昨年12/26のG1-マリブS(d7f)で2着に11馬身半差をつけて勝利し、初のマイル戦となった前走6/11のG1-メトロポリタンH(d8f)で2着に6馬身差をつけて勝利。今回はさらに距離延長となる10fのレースとなったが、またもや圧勝。現時点で既に歴史的名馬の座にいるといっても差し支えない圧倒的なパフォーマンスを繰り返しており、今年のBCクラシックはまともならこの馬の勝利が約束されている印象。2019年8月のファシィグティプトン社ニューヨークサラトガ1歳セールにて100万米ドルにて取引された馬。

・父のTapitは2001年米国産のPulpit産駒。現役時は6戦3勝、G1-ウッドメモリアルS、G3-ローレルフューチュリティの勝ち馬。2014~2016年に北米リーディングサイアーの座に就いた大種牡馬。現4歳世代は種付料が過去最高の30万米ドルにまで上がった時の世代で、Essential Quality(ベルモントS、トラヴァーズS、BCジュヴェナイル)、Pauline’s Pearl(ラトロワンヌS)、本馬の3頭のG1馬が出ている。

母のFeatheredは2012年米国産、12戦3勝。G3-エッジウッドSの勝ち馬で、アメリカンオークス2着、スターレットS2着、フリゼットS3着とG1での入着が3回。曽祖母のFinder’s FeeはG1-エイコーンS、G1-メイトロンS、G2-ギャラントブルームH、G3-シカーダSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/444/del-mar/2022-09-04/820838

Jockey Club Gold Cup Stakes(G1・ダ10f・3歳以上)

・番手追走の1番人気・Olympiadが3角過ぎから上昇し4角先頭。そのまま直線押し切って1着。2馬身差の2着に昨年のG1-シガーマイルHの勝ち馬・Americanrevolution。

1着:Olympiad

牡4、父・Speightstown、母・Tokyo Time、母父・Medaglia d’Oro
調教師:William Mott、騎手:Junior Alvarado

・今回の勝利で通算12戦8勝、G1初制覇、重賞5勝目。今年2月から7月にかけて重賞4連勝を果たし、前走8/6のG1-ホイットニーS(d9f)に挑むも、勝ったLife Is Goodから9馬身半差の4着。今回はそれ以来のレース。Mr. Prospectorの3×4のクロスを持つ馬で、2019年キーンランド9月1歳セールにて70万米ドルにて取引された馬。

・父のSpeightstownは1998年米国産のGone West産駒。現役時は16戦10勝、G1-BCスプリント(d6f)、G2-アルフレッドGヴァンダービルトH(d6f)、G2-トゥルーノースBCH(d6f)、G2-チャーチルダウンズH(d7f)の勝ち馬。今年はSwitzerland(ドバイゴールデンシャヒーン)、Shirl’s Speight(メイカーズマークマイルS)がG1を勝っており、これで今年3頭目のG1勝ち。主な産駒にCharlatan(アーカンソーダービー、マリブS)、Tamarkuz(BCダートマイル)。このレースの前の時点で今年は5頭の重賞勝ち馬を出しており、ブラッドホースによる北米サイアーランキングは9位。

・母のTokyo Timeは2010年米国産、16戦4勝、G3-ヒアカムズザブライドS(t9f)2着。伯父のSoaring Empire、伯母のHungry Islandは共に米重賞勝ち馬。従兄のPreservationistはG1-ウッドワードS、G2-サバーバンSの勝ち馬。従弟のAzure CoastはG3-UAE2000ギニーの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/445/saratoga/2022-09-03/820841