現地時間9/10(土)に米デルマー競馬場にて行われた、G1-デルマーデビュータントS(d7f)の結果と動画をお届けする。

TVG Del Mar Debutante Stakes(G1・ダ7f・2歳牝馬)

・直線を4番手で向かえたAnd Tell Me Noliesが、3角先頭からの押し切りを狙った1番人気・Home Cookingをアタマ差捕らえて差し切り勝ち。

※以下の動画はサムネイルに画像が入っていませんが、問題なく視聴出来ます。

1着:And Tell Me Nolies

牝2、父・Arrogate、母・Be Fair、母父・Exchange Rate
調教師:Peter Miller、騎手:Ramon A Vazquez

・今回の勝利で通算3戦2勝、G1初制覇。7/23にデビューし4着。8/14の2戦目で勝利し、ここへ出走していた馬。2021年1月のケンタッキーオールエイジドセールにて7万米ドルにて取引され、今年4月のOBS2歳トレーニングセールにて23万米ドルにて取引された馬。

・父のArrogateは2013年米国産のUnbridled’s Song産駒。現役時は11戦7勝、BCクラシック(年度代表馬・California Chromeを降す)、ドバイワールドC(最後方追走からまくっての勝利)、ペガサスワールドC(レコード勝ち)、トラヴァーズS(レコード勝ち)のG1・4勝。2016年のエクリプス賞最優秀3歳牡馬。僅か3世代のみを残し、2020年6月に安楽死措置が取られている。今年のケンタッキーオークス馬・Secret Oath(1stクロップ)に続き、本馬(2ndクロップ)は2頭目の産駒G1馬になる。2頭のG1馬はいずれも牝馬で、遺された産駒から後継種牡馬を出せるかどうか。

母のBe Fairは2006年米国産(フロリダ州)、21戦4勝、G3-レイクジョージSの勝ち馬。他にアップルブラッサムH3着、ケンタッキーオークス4着、アッシュランドS4着、エイコーンS5着などG1でも好走。Be Fairの半兄・Macho AgainはG1-スティーブンフォスターH、G2-ニューオーリンズH、G2-ジムダンディーSの勝ち馬で、プリークネスS2着、ホイットニーH2着、ウッドワードS2着のG1での2着が3回。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/444/del-mar/2022-09-11/821126