現地時間9/11(日)に米デルマー競馬場にて行われた、G1-デルマーフューチュリティ(d7f)の結果と動画をお届けする。合わせて現地時間9/4(日)、9/5(月)に行われた、2歳G1・2レースについても触れる。

Runhappy Del Mar Futurity(G1・ダ7f・2歳)

・積極的にレースを主導したCave Rockが3角手前で早々に先頭に立ち、直線に入っても後続を寄せ付けず、2着に5馬身1/4差をつけて快勝。

1着:Cave Rock

牡2、父・Arrogate、母・Georgie’s Angel、母父・Bellamy Road
調教師:Bob Baffert、騎手:Juan J Hernandez

・今回の勝利で通算2戦2勝G1初制覇。8/13のデルマーでのデビュー戦(d6.5f)で2着に6馬身差をつけて勝利し、ここへ1番人気で出走していた馬。今回のレースのEQUIBASEスピード指数は94。2021年キーンランド9月1歳馬セールにて55万米ドルにて取引された馬。

・父のArrogateは2013年米国産のUnbridled’s Song産駒。現役時は11戦7勝、BCクラシック(年度代表馬・California Chromeを降す)、ドバイワールドC(最後方追走からまくっての勝利)、ペガサスワールドC(レコード勝ち)、トラヴァーズS(レコード勝ち)のG1・4勝。2016年のエクリプス賞最優秀3歳牡馬。僅か3世代のみを残し、2020年6月に安楽死措置が取られている。前日に行われたG1-デルマーデビュータントSをAnd Tell Me Nolies(牝2)が制したばかりで、本馬は3頭目の産駒G1馬になる

母のGeorgie’s Angelは2009年米国産、10戦2勝、2歳G3-スカイラヴィルS(d6f)の勝ち馬。Georgie’s Angelの半妹・Lawn RangerはG3-バーボンSの勝ち馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/444/del-mar/2022-09-12/821191

Hopeful Stakes(G1・ダ7f・2歳・9/5サラトガ競馬場)

・後ろから2頭目を追走していたForteが4角先頭から直線押し切って1着。

1着:Forte

牡2、父・Violence、母・Queen Caroline、母父・Blame
調教師:Todd Pletcher、騎手:Irad Ortiz Jr

・今回の勝利で通算3戦2勝、G1初制覇。5/27のベルモントパークでのデビュー戦(d5f)に勝利し、7/16のサラトガでのG3-サンフォードS(d6f)を使われ4着とし、ここへ出走していた馬。2021年キーンランド9月1歳セールにて11万米ドルにて取引された馬。今回のレースのEQUIBASEスピード指数は97

・父のViolenceは2010年米国産のMedaglia d’Oro産駒。現役時は4戦3勝、2歳G1-キャッシュコールフューチュリティ(d8.5f)、2歳G2-ナシュアS(d8f)の勝ち馬で、G2-ファウンテンオブユースS2着。Forteは6頭目の産駒G1馬になる。代表産駒はDr. Schivel(ビングクロスビーS、デルマーフューチュリティ)。

母のQueen Carolineは2013年米国産、20戦6勝、L-インディアナグランドSの勝ち馬で他にBlack Typeのレースを3勝。4代母のJeanoは米重賞2勝。このJeanoを牝祖とする活躍馬にコントレイル、Essential Qualityがいる。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/445/saratoga/2022-09-05/820964

Spinaway Stakes(G1・ダ7f・2歳牝馬・9/4サラトガ競馬場)

・番手追走のLeave No Traceが直線で抜け出して1着。

1着:Leave No Trace

牝2、父・Outwork、母・Tanquerray、母父・Good Journey
調教師:Philip M Serpe、騎手:Jose Lezcano

・今回の勝利で通算2戦2勝G1初制覇。7/20のサラトガでのデビュー戦(d5.5f)に勝利し、ここへ出走していた馬。今回のレースのEQUIBASEスピード指数は86で、あまり高くはない。2021年10月のファシィグティプトン社1歳セールにて4万米ドルにて取引された馬。

・父のOutworkは2013年米国産のUncle Mo産駒。現役時は5戦3勝、G1-ウッドメモリアルSの勝ち馬で、G2-タンパベイダービー2着。Leave No Traceは初の産駒G1馬で、初の重賞勝ち馬になる

・母のTanquerrayは2009年米国産、21戦4勝。母父のGood Journeyは1996年米国産のNureyev産駒。カナダG1-アットマイル、米G2-サイテーションH×2、G2-ファイアクラッカーBCハンデの重賞4勝。父としての代表産駒に豪G1を4勝したHappy Trails。母父として目立った活躍馬は出ていない。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/445/saratoga/2022-09-04/820914