キンシャサノキセキ産駒・タガノエルフはデビューした3頭の兄・姉がいずれも中央で勝ち上がり、いずれも3勝以上している血統馬。父がキンシャサノキセキに変わり、2歳戦から能力全開の期待がかかる。

3・タガノエルフ 牝2

父・キンシャサノキセキ、母・タガノレヴェントン、母父・キングカメハメハ
生産者・新冠タガノファーム、(栗)安田隆行、北村友一

・母は社台コーポレーション白老ファームの生産馬で3戦0勝。
・本馬は5番仔。
・初仔タガノトネール(セ・父・ケイムホーム)は中央7勝・地方1勝。G3-武蔵野S、Jpn3-サマーチャンピオンの勝ち馬。他にJpn1-マイルChS南部杯2着など重賞入着4回。
・2番仔タガノエスプレッソ(牡・父・ブラックタイド)は中央現役・中央4勝。G2-デイリー杯2歳Sの勝ち馬で、G2-弥生賞3着。
・3番仔タガノレヴェントンの2013(牝・父・エンパイアメーカー)は未出走。
・4番仔タガノヴェローナ(牝・父・クロフネ)は中央現役・中央3勝
・祖母の半弟ヘッドライナー(セ・父・サクラバクシンオー)は中央8勝。G3-CBC賞の勝ち馬で、G3-CBC賞2着。

11・オープンマインド 牝2

父・ロードカナロア、母・レッドベルフィーユ、母父・アグネスタキオン
生産者・ノーザンファーム、(美)藤沢和雄、シュミノー

・母は4戦0勝。
・本馬は初仔。
・母の半姉にMandesha(父・Desert Style)。仏英で12戦6勝。2006年のカルティエ賞最優秀3歳牝馬で、G1-ヴェルメイユ賞、G1-アスタルテ賞、G1-オペラ賞、G2-コリーダ賞の勝ち馬で他に重賞入着3回(全て2着)。
・祖母の半兄にManndar(父・Doyoun)。米英仏で20戦4勝。G1-ターフクラシック、G1-マンハッタンH、G1-WRターフクラシックの勝ち馬で他に重賞入着7回。

5・マーレグリーン 牝2

父・ジャングルポケット、母・レディーダービー、母父・スペシャルウィーク
生産者・斉藤安行、(美)相沢郁、田辺裕信

・母は12戦0勝。
・本馬は8番仔。
・初仔マイレディー(牝・父・アグネスデジタル)は地方2勝。
・2番仔ヴェルデグリーン(牡・父・ジャングルポケット)は中央7勝。G2-オールカマー、G2-アメリカジョッキーCの勝ち馬。
・3番仔ルーチェグリーン(牝・父・アグネスデジタル)は1戦0勝。
・4番仔アシムグリーン(牡・父・アドマイヤコジーン)は6戦0勝。
・5番仔カッテカテグリーン(牝・父・ジャングルポケット)は2戦0勝。
・6番仔ファータグリーン(牝・父・タニノギムレット)は中央2勝
・7番仔ソリッドリーズン(牝・父・ジャングルポケット)は未出走。
・祖母ウメノファイバーは中央4勝。1999年のJRA最優秀3歳牝馬。G1-オークス、G2-京王杯3歳S、G3-クイーンCの勝ち馬。