現地時間10/23(日)に仏パリロンシャン競馬場にて行われた、G1-ロワイヤルオーク賞(t3100m)の結果と動画をお届けする。

Prix Royal-Oak(G1・芝3100m・3歳以上)

・後方待機から直線でインを突いたIresineが、先に抜け出していたG1馬・Search For A Songを交わし、1着。3馬身差の2着にSearch For A Song、離れた3着にSober。

1着:Iresine

せん5、父・Manduro、母・Inanga、母父・Oasis Dream
調教師:J-P Gauvin、騎手:Mlle Marie Velon

・今回の勝利で通算13戦9勝、G1初制覇、重賞3勝目。前走9/11のG2-フォワ賞(t2400m)を勝ち、ここへ1番人気で出走していた馬。今年はこれで5戦4勝。勝利ジョッキーのMlle Marie Velonは2020年、2021年のフランスのウィメンズゴールデンクロップ(女子最多勝利賞)を受賞した1999年産まれの新進気鋭の女性ジョッキー。今回が初のG1勝ちになる。

・父のManduroは2002年ドイツ産のMonsun産駒。現役時は18戦10勝、イスパーン賞、プリンスオブウェールズS、ジャックルマロワ賞の3つのG1を含む重賞8勝。アンドレ・ファーブル調教師が”これまで手掛けた中で最高の馬”と絶賛し、2007年の世界最高レーティング「131」を獲得したた馬だが、2020年6月に心臓発作で亡くなっている。主な産駒にVazirabad(ロワイヤルオーク賞2勝、カドラン賞)、Ribbons(ジャンロマネ賞)、Ultra(ジャンリュックラガルデール賞)。

・母のInangaは未出走。近親にCorsica(バーレーントロフィー)、Iveagh Gardens(アサージS)、Truth or Dare(ダービートライアルS)、D’Anjou(アルファヒディフォート)、Roi de Rome(ギシュ賞)らがいる。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/211/longchamp/2022-10-23/824688