現地時間11/5(土)の豪フレミントン競馬場はメルボルンカップカーニバルの最終日。チャンピオンズS(マッキノンS)、チャンピオンズマイル(カンタラS)、ダーレーチャンピオンズスプリント(VRCクラシック)の3つのG1レースの結果と動画をお届けする。

TAB Champions Stakes(G1・芝2000m・3歳以上)

・チャンピオンズS(マッキノンS)は、Leroidesanimaux産駒・Zaaki(せん7)が逃げ切り勝ち。2着にMo’unga。G1・4連勝中の1番人気・Anamoeは4着。

・今回の勝利で通算40戦14勝、G1・4勝目、重賞11勝目。昨年のこのレースの勝ち馬で連覇達成。以後、今年3/19のオールスターマイル(t1600m)を制するなどしたものの、G1では2着1回(クイーンエリザベスS)、3着3回(ドゥームベンC、アンダーウッドS、マイトアンドパワー)と勝ち切れないレースが続いていた。前走10/22のG1-コックスプレート(t2040m)を4着とし、ここへ出走していた馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/297/flemington/2022-11-05/825834

Kennedy Champions Mile(G1・芝1600m・3歳以上)

・チャンピオンズマイル(カンタラS)は、All Too Hard産駒・Alligator Blood(せん6)が残り400で先頭に立ち、そのまま押し切って1着。2着にTuvalu。1番人気のPrivate Eyeは7着。

・今回の勝利で通算26戦12勝、G1・4勝目、重賞7勝目。今季は9/25のG1-アンダーウッドS(t1800m)を制しており、以後、10/8のG1-マイトアンドパワー(t2000m)5着→10/22のG1-コックスプレート(t2040m)5着といずれもAnamoeに敗れ、ここへ出走していた馬。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/297/flemington/2022-11-05/825833

Darley Champions Sprint(G1・芝1200m・3歳以上)

・ダーレーチャンピオンズスプリント(VRCクラシック)は、1番人気のG1・9勝馬、Nature Stripが外目から堂々と抜け出しを図る中、馬場の真ん中からPer Incanto産駒・Roch ‘N’ Horse(牝6)がしぶとく伸び、Nature Stripをアタマ差抑えて1着。

・今回の勝利で通算19戦5勝、G1・2勝目。今回と同舞台、同距離になる今年3/12のG1-ニューマーケットH(t1200m)を単勝オッズ101倍で制したNZ産の馬で、以後、10着(G1)→4着(L)→2着(G2)→2着(G2)とし、ここへ出走していた馬。父のPer Incantoは2004年米国産のStreet Cry産駒。伊G3-テュディニ賞の勝ち馬。ニュージーランド繋養の上位種牡馬で近4シーズンのサイアーランキングは5位→3位→4位→3位。

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/297/flemington/2022-11-05/825832