2022/11/13(日)
福島11R 第58回福島記念・GⅢ
3歳以上 ハンデ
芝2000m
馬場状態 良
1着賞金 4300万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2022/104.html

ユニコーンライオン:重賞2勝目

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

No Nay Never
(2011)
Scat Daddy┌ヨハネスブルグ(ヘネシー)
└Love Style(Mr. Prospector)
Cat's Eye Witness┌Elusive Quality(Gone West)
└Comical Cat(Execeller)
Muravka
(2008)
High Chaparral┌Sadler's Wells(Northern Dancer)
└Kasora(Darshaan)
Tabdea┌Topsider(Northern Dancer)
└Madame Secretary(Secretariat)

通算成績:23戦6勝
(これまでの主な戦績)
・21鳴尾記念・GⅢ 1着(中京芝2000)

父:No Nay Never

No Nay Neverは2011年米国産。米英仏で走り、通算6戦4勝、仏2歳G1・モルニ賞(芝1200)の勝馬で、米G1・BCターフスプリント2着。早逝したScat Daddyの後継種牡馬で、Ten Sovereigns(英ジュライC、英ミドルパークS)、Alcohol Free(英チヴァリーパークS)、Blackbeard(英ミドルパークS、仏モルニ賞)など、2歳戦を中心に活躍馬が続出。2023年の種付料は175,000ユーロ(現在のレートで2900万円弱)と発表されている。

2022:種牡馬別重賞勝ち数

12 ロードカナロア
9 キングカメハメハ、ドゥラメンテ
8 ディープインパクト、ハーツクライ
7 オルフェーヴル
5 モーリス
4 シニスターミニスター、パイロ、ミッキーアイル
3 エスポワールシチー、キズナキタサンブラック、スクリーンヒーロー、スマートファルコン、ダイワメジャー、ルーラーシップ
2 エイシンフラッシュ、クロフネ、ゴールドアリュール、タートルボウル、トゥザグローリー、パドトロワ、ハービンジャー、ホッコータルマエリオンディーズ、American Pharoah、Kitten’s Joy
1 アイルハヴアナザー、アメリカンペイトリオット、イスラボニータエピファネイア、キンシャサノキセキ、グレーターロンドン、ゴールドシップ、サウスヴィグラス、ジャスタウェイ、シンボリクリスエス、スウェプトオーヴァーボード、ステイゴールド、ストリートセンス、ダノンバラード、ディスクリートキャット、ディープスカイ、ドリームジャーニー、ドレフォン、トーセンラー、ノヴェリスト、ビッグアーサー、ブラックタイド、ヘニーヒューズマインドユアビスケッツ、マジェスティックウォリアー、モンテロッソ、リアルスティール、レッドスパーダ、Malibu Moon、More Than Ready、No Nay Never、Point of Entry

母:Muravka

Muravkaはアイルランド産、未出走。その母Tabdeaは仏G1オペラ賞3着がある。

ユニコーンライオンは、英Tattersalls Oct Yearlingセールで850,000ギニー(現在のレートで約1億3800万円)で購買され、サラブレッドクラブライオンにて総額2億円で一口募集された。ユニコーンライオンの4つ上の半兄The Wow Signal(父Starspangledbanner)は仏G1・モルニ賞の勝馬。

母父:High Chaparral

High Chaparralは1999年アイルランド産。英ダービー、BCターフなどG1を計6勝、通算成績13戦10勝。代表産駒にSo You Think(豪コックスプレート、愛チャンピオンS他)、Toronado(サセックスS他)など。母父としては上述の本馬の半兄The Wow Signal(仏モルニ賞)、アレイヴィングビューティ(米ジャストアゲイムSなど。日本で繁殖入り)、日本でシゲルピンクルビー(フィリーズレビュー)らを輩出。

2022:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

10 クロフネ
9 ダイワメジャー
7 ディープインパクト
6 キングカメハメハ、マンハッタンカフェ
5 サンデーサイレンス、フレンチデピュティ
4 キングヘイロー、シンボリクリスエス
3 アグネスデジタル、スペシャルウィーク、ハービンジャー、ブライアンズタイム、Motivator、Sligo Bay、Unbridled’s Song
2 アフリート、ヴィクトワールピサ、ウォーニング、ダンスインザダーク、デュランダル、ネオユニヴァース、バブルガムフェロー、フジキセキ、More Than Ready、Rainbow Quest、Seeking the Gold、Smart Strike
1 アイルハヴアナザー、アドマイヤコジーン、アドマイヤベガ、アドマイヤムーン、カコイーシーズ、ゴールドアリュール、サクラバクシンオー、ジャングルポケット、スウィフトカレント、ゼンノロブロイ、バゴ、マイネルラヴ、メジロベイリー、リンドシェーバー、ルーラーシップ、ワイルドラッシュ、Acatenango、Awesome Again、Broad Brush、Danehill Dancer、Distant View、Fusaichi Pegasus、Galileo、Giant’s Causeway、Gone West、Harlan’s Holiday、Hawk Wing、High Chaparral、Jump Start、Langfuhr、Le Havre、Lemon Drop Kid、Lomitas、Montjeu、Not For Love、Oasis Dream、Royal Anthem、Scat Daddy、Sea The Stars、Stormy Atlantic、Tiznow、Tizway、Storm Cat、Vindication

生産:アイルランド産

外国産馬は2022年の重賞8勝目。

馬名レース名コース種牡馬・母父
ユニコーンライオン IRE22福島記念H福島芝2000No Nay Never・High Chaparral
カフェファラオ USA22南部杯盛岡ダ1600American Pharoah・More Than Ready
ジャンダルム USA22スプリンターズS中山芝1200Kitten’s Joy・サンデーサイレンス
オーロラテソーロ USA22クラスターC盛岡ダ1200Malibu Moon・Not For Love
ジャングロ USA22ニュージーT中山芝1600More Than Ready・Broad Brush
ジャンダルム USA22オーシャンS中山芝1200Kitten’s Joy・サンデーサイレンス
カフェファラオ USA22フェブラリーS東京ダ1600American Pharoah・More Than Ready
ロータスランド USA22京都牝馬S阪神芝1400Point of Entry・Scat Daddy
2022:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

39 ノーザンファーム
15 社台ファーム
6 岡田スタッド
5 下河辺牧場、三嶋牧場
4 天羽牧場
3 追分ファーム、コスモヴューファーム、社台コーポレーション白老ファーム、村田牧場、ヤナガワ牧場
2 金舛幸夫、クラウン日高牧場、ケイアイファーム、酒井牧場、隆栄牧場、谷川牧場、春木ファーム、ミルファーム
1 荒谷牧場、猪野毛牧場、ヴェルサイユファーム、浦河小林牧場、沖田哲夫、オリエント牧場、オリオンファーム、カタオカファーム、笠松牧場、カナイシスタッド、杵臼牧場、木村秀則、グランデファーム、グランド牧場、坂戸節子、坂本智広、サンデーヒルズ、白井牧場、シンボリ牧場、高村伸一、ダーレー・ジャパン・ファーム、千代田牧場、中地康弘、新冠橋本牧場、日高大洋牧場、平山牧場、藤原牧場、ムラカミファーム、山春牧場、吉田ファーム、レイクヴィラファーム、ASK STUD

他に外国産8(米国7、アイルランド1

過去の重賞勝馬一覧(2019年~)はこちら