2歳新馬・福島芝1200

1着賞金700万円

中団追走から早めに外から上昇し、直線入口では3番手につけていたサブリナが早めに先頭に立ち、そのまま押し切り勝ち。好位からジリジリ伸びたテトラクォークが2着確保。勝ち時計1.11.1。推定上り35.7。

1着:サブリナ(牝2・父ダノンシャンティ)
2着:テトラクォーク(牝2・父ノヴェリスト)
3着:プラジュニャー(牝2・父ロージズインメイ)
着差:1 1/4、1/2
LAP:12.5-10.9-11.5-12.2-11.9-12.1

プロフィール

2歳牝馬
父:ダノンシャンティ
母:セイクリッドフレイム
母父:Rahy
生産牧場:平野牧場
厩舎:(美)根本康広
騎手:丸山元気

ダノンシャンティ産駒は今季JRA2歳戦4頭目の勝ち上がり。

 07/30・新潟芝1400m新馬戦・ルリハリ(母父・スターオブコジーン)
 09/16・中山ダ1800m未勝利・ミッキーチャイルド(母父・ロージズインメイ)
 10/28・新潟芝1400m未勝利・モデレイト(母父・ロックオブジブラルタル)
 11/11・福島芝1200m新馬戦・サブリナ(母父・Rahy)

牝系

・母は英5戦0勝。
・本馬は6番仔。
・初仔ケイアイレーヴェ(牡・父・シンボリクリスエス)は地方11勝。
・2番仔セイクリッドブルー(牝・父・ブライアンズタイム)は地方7勝。
・3番仔レディームーン(牝・父・アドマイヤムーン)は地方3勝。
・4番仔クリスティアーノ(牝・父・マンハッタンカフェ)は6戦0勝。
・5番仔ゴールドスピアー(牝・父・ヴィクトワールピサ)は地方1勝。
・3代母Elle Seuleの曾孫にMondialiste(G1-ウッドバインマイルS、G1-アーリントンミリオン、G3-ストレンソールSの勝ち馬で、他にG1-BCマイル2着など重賞入着4回)。

母父

・RahyはBlushing Groom産駒。英米で13戦6勝。米G2-ベルエアH(ダ8f)の勝ち馬で、G1-ミドルパークS2着など重賞入着4回。父としての代表産駒はファンタスティックライト(G1-BCターフ、G1-マンノウォーS、G1-愛チャンピオンS、G1-プリンスオヴウェイルスS、G1-タタソールズゴールドC、G1-香港カップなど重賞9勝。他に重賞入着7回)。
・BMSとして輩出した代表産駒はGiant’s Causeway(G1-ヨークインターナショナルS、G1-エクリプスS、G1-セントジェイムズパレスS、G1-サセックスS、G1-サラマンドル賞、G1-愛チャンピオンSなど重賞8勝。他にG1-BCクラシック2着など重賞入着4回)。
・BMSとして8/6の新潟芝1400mの新馬戦を勝ったニシノウララ(父・リーチザクラウン)に続く、今季JRA2歳戦2頭目の勝ち上がり。

クロス

Glorious Song:S3×M3、Halo:S4×S4×M4、Wild Risk:S5×M5。Glorious Songの牝馬クロスが特徴的な血統構成。Glorious Songは米34戦17勝、G1を4勝、重賞を8勝した牝馬。

生産牧場

平野牧場は9/3の札幌芝1500mの未勝利戦を勝ったドラゴンハート(父・オウケンブルースリ)に続く、今季JRA2歳戦2頭目の勝ち上がり。近年の主な活躍馬は以下の通り。

 トウカイミステリー(父・キングカメハメハ、母・タイキミステリー by Green Forest)
 1着:2011北九州記念(G3) 小倉芝1200