2023/1/22(日)
中京11R 第40回東海テレビ杯東海S・GⅡ
4歳以上 別定
ダ1800m
馬場状態 良
1着賞金 5500万円

レース結果

(公式レース結果)

https://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2023/009.html

プロミストウォリア:重賞初勝利

(注:重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

マジェスティックウォリアー
(2005)
A.P. Indy┌Seattle Slew(Bold Reasoning)
└Weekend Surprise(Secretariat)
Dream Supreme┌Seeking the Gold(Mr. Prospector)
└Spinning Round(Dixieland Band)
プロミストスパーク
(1999)
フジキセキ┌サンデーサイレンス(Halo)
└ミルレーサー(Le Fabuleux)
プレイン┌ジェイドロバリー(Mr. Prospector)
└ダイナランド(ノーザンテースト)

通算成績:7戦5勝
(これまでの主な戦績)
・摩耶SH・3勝クラス 1着(阪神ダ1800)

父:マジェスティックウォリアー

マジェスティックウォリアーは2005年米国産。通算成績7戦2勝、米2歳G1・ホープフルS(ダ7f)の勝馬。米国で種牡馬入りし、プリンセスオブシルマー(CCAオークスなど米G1を4勝、社台ファームで繁殖供用中)、外国産馬として南部杯を連覇したベストウォリアーらを輩出。2016年の日本供用後の産駒にスマッシャー(ユニコーンS)、サンライズホープ(みやこS)など。2023年の種付料は180万円(前年と変わらず)。

2023:種牡馬別重賞勝ち数

1 キタサンブラック、スクリーンヒーロー、ダノンバラード、ディープインパクト、ドリームジャーニー、ハーツクライ、マジェスティックウォリアーモーリス

母:プロミストスパーク

プロミストスパークは5勝(ダ1400~1700、芝1400)。近親に皐月賞2着のディクターランドがいる。

プロミストウォリアは11番仔で、シルクHC募集額2000万円。兄弟姉妹の中央成績は以下の通り。

初仔 エンゲージワード(牝、父フレンチデピュティ、2006年生)未出走
2番仔 クーゲルブリッツ(牡、父タニノギムレット、2007年生)未勝利
3番仔 (牝、父ジャングルポケット、2008年生)未出走
4番仔 ルーパウス(牝、父サクラバクシンオー、2009年生)未勝利
5番仔 フルミストパーク(牝、父ジャングルポケット、2010年生)地方
6番仔 フルオブプロミス(牝、父シンボリクリスエス、2011年生)未勝利
7番仔 ブリクスト(牡、父チチカステナンゴ、2012年生)3勝
8番仔 スプリットステップ(牝、父シンボリクリスエス、2014年生)2勝
9番仔 プロミストリープ(牝、父ヘニーヒューズ、2015年生)2勝
10番仔 プロミストスマイル(牝、父ダンカーク、2016年生)地方
11番仔 プロミストウォリア(牡、父マジェスティックウォリアー、2017年生)
12番仔 トゥースパークル(牡、父アジアエクスプレス、2018年生)地方

母父:フジキセキ

フジキセキは1992年生まれ。通算成績4戦4勝、GⅠ1勝(朝日杯3歳S)。代表産駒にイスラボニータ(皐月賞)、ストレイトガール(ヴィクトリアマイルなどGⅠ3勝)、母父としてサウンドトゥルー(東京大賞典など)、ホワイトフーガ(JBCレディスC連覇)などを輩出。

2023:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

1 アイルハヴアナザー、ヴィクトワールピサ、キングカメハメハ、ファルブラヴ、フジキセキ、Acatenango、Motivator、Quality Road

生産:坂東牧場

2023:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

2 社台ファーム
1 追分ファーム、スマイルファーム、ノーザンファーム、坂東牧場、三嶋牧場、ミルファーム

過去の重賞勝馬一覧(2019年~)はこちら