キングカメハメハ産駒の2頭(エルディアマンテ、テネイシャス)はともに母が重賞勝ち馬で、新馬戦も勝っている馬。両馬の母の産駒はこれまで全て中央で勝ち上がっており、繁殖成績も申し分なく、ここは注目のデビュー戦になる。

4・エルディアマンテ 牝2

父・キングカメハメハ、母・ディアデラノビア、母父・サンデーサイレンス
生産者・ノーザンファーム、(美)国枝栄、ルメール

・募集価格5000万円。
・母は25戦5勝(阪神芝1600、京都芝1600(2勝)、東京芝2000、中京芝2000)。新馬戦(2歳12月・阪神芝1600)で1着G2-フローラSG3-京都牝馬SG3-愛知杯の勝ち馬で、G1-オークス3着、G1-ヴィクトリアマイル3着、G1-エリザベス女王杯3着など重賞入着8回。
・本馬は7番仔。
・初仔ディアデラバンデラ(セ・父・シンボリクリスエス)は中央1勝・地方4勝。
・2番仔ディアデラマドレ(牝・父・キングカメハメハ)は中央6勝G2-府中牝馬SG3-マーメイドSG3-愛知杯の勝ち馬で、G1-エリザベス女王杯3着。
・3番仔ディアデルレイ(牡・父・キングカメハメハ)は中央現役・中央5勝。G3-マーチS2着。
・4番仔サンマルティン(セ・父・ハービンジャー)は中央現役・中央5勝。G3-小倉記念2着。
・5番仔ドレッドノータス(セ・父・ハービンジャー)は中央現役・中央3勝G3-ラジオNIKKEI杯京都2歳Sの勝ち馬。
・6番仔バルデス(牡・父・ハービンジャー)は中央現役・中央3勝
・母の半弟イグアス中央3勝。G2-ステイヤーズS2着。
・祖母ポトリザリスアルゼンチンG1-ナシオナル大賞アルゼンチンG1-亜オークスの勝ち馬。

14・テネイシャス 牝2

父・キングカメハメハ、母・ヒカルアマランサス、母父・アグネスタキオン
生産者・ノーザンファーム、(栗)池江泰寿、戸崎圭太

・募集価格3500万円。
・母は16戦4勝(小倉芝1200、阪神芝1800、京都芝1800、京都芝1600)。新馬戦(3歳3月・小倉芝1200)で1着G3-京都牝馬Sの勝ち馬で、G1-ヴィクトリアマイル2着など重賞入着3回。
・本馬は3番仔。
・初仔ギモーヴ(牝・父・ハービンジャー)は中央現役・中央4勝
・2番仔クインアマランサス(牝・父・キングカメハメハ)は中央現役・中央1勝
・母の半弟にカレンミロティック(中央現役・中央6勝G2-金鯱賞の勝ち馬で、G1-宝塚記念2着、G1-天皇賞(春)2着、G1-天皇賞(春)3着、G2-京都大賞典3着)。
・3代母CaerlinaG1-仏オークスG3-ノネット賞の勝ち馬で、G1-マルセルブサック賞2着、G1-仏1000ギニー3着など重賞入着4回。

12・ソリフロール 牝2

父・ヴィクトワールピサ、母・マイネノエル、母父・トニービン
生産者・田中裕之、(美)萱野浩二、北村宏司

・2015年のセレクトセールにて1080万円で落札。
・母は31戦1勝(東京芝1400)。新馬戦(2歳11月)で1着
・本馬は7番仔。
・初仔マイネチャペル(牝・父・マイネルラヴ)は5戦0勝。
・2番仔マイネルナタリス(牡・父・アドマイヤマックス)は中央2勝・地方4勝。
・3番仔デスペラード(牡・父・ネオユニヴァース)は中央9勝G2-ステイヤーズS(2勝)G2-京都記念の勝ち馬。他にG2-阪神大賞典2着、G2-ステイヤーズS3着。
・4番仔ロジサンデー(牡・父・ダイワメジャー)は中央4勝・地方4勝。
・5番仔カツジャックポット(牝・父・ダイワメジャー)は2戦0勝。
・6番仔トウケイフェアリー(牝・父・ネオユニヴァース)は12戦0勝。