2歳オープン 馬齢 東京芝1800
1着賞金3300万円(付加賞25.9万円)

逃げたコスモイグナーツが前半1000mを58.5秒で通過する速い流れの中、ワグネリアンとルーカスの人気両馬はともに後方待機。先に動いたワグネリアンが追い出されると、しっかりとした差し脚を披露。あっという間に先頭に立ち、差を広げる横綱相撲で完勝。ワグネリアンより後ろからレースを進めていたルーカスが外を伸びて2着確保。

1着:ワグネリアン(牡2・父ディープインパクト)
2着:ルーカス(牡2・父スクリーンヒーロー)
3着:シャルルマーニュ(牡2・父ヴィクトワールピサ)
勝ちタイム:1.46.6
着差:3、クビ
LAP:12.4-10.9-11.4-11.8-12.0-12.3-12.0-11.8-12.0

ワグネリアンのプロフィール

2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗)友道康夫
騎手:福永祐一

 1着:2017東京スポーツ杯2歳S(G3) 東京芝1800
 1着:2017野路菊賞(OP) 阪神芝1800
 1着:2歳新馬 中京芝2000

ワグネリアンの血統背景

ディープインパクト産駒は中央重賞159勝目。今年は15勝目。東京スポーツ杯2歳Sは2011年のディープブリランテ以来、2勝目。

 2017/11/18・東京スポーツ杯2歳S・ワグネリアン
 2017/10/28・スワンS・サングレーザー
 2017/10/09・京都大賞典・スマートレイアー
 2017/10/08・毎日王冠・リアルスティール
 2017/10/07・サウジアラビアRC・ダノンプレミアム
 2017/07/09・七夕賞・ゼーヴィント
 2017/07/02・CBC賞・シャイニングレイ
 2017/06/04・安田記念・サトノアラジン
 2017/04/29・青葉賞・アドミラブル
 2017/04/16・皐月賞・アルアイン
 2017/04/08・阪神牝馬S・ミッキークイーン
 2017/03/25・毎日杯・アルアイン
 2017/03/20・フラワーC・ファンディーナ
 2017/03/19・阪神大賞典・サトノダイヤモンド
 2017/03/05・弥生賞・カデナ

 

牝系

・母は9戦1勝(札幌ダ1700)。
・本馬は4番仔。
・初仔テンダリーヴォイス(牝・父・ディープインパクト)は中央2勝。G3-フェアリーS3着。
・2番仔ハマヒルガオ(牝・父・クロフネ)は中央現役・中央1勝
・3番仔ミンネザング(牝・父・ディープインパクト)は中央現役・中央1勝
・祖母ブロードアピール中央12勝・地方1勝。G3-シルクロードSG3-根岸SG3-プロキオンSG3-シリウスSG3-ガーネットSG3-かきつばた記念の勝ち馬。他にG1-JBCスプリント2着など重賞入着8回。
・3代母Valid Allureの孫にSutra(G1-フリゼットSの勝ち馬で、G3-アーリントンワシントンラッシーS2着)。

 

母父

キングカメハメハはBMSとして中央重賞8勝目。今年は4勝目。

 2017/11/18・東京スポーツ杯2歳S・ワグネリアン(父・ディープインパクト)
 2017/11/12・エリザベス女王杯・モズカッチャン(父・ハービンジャー)
 2017/04/23・フローラS・モズカッチャン(父・ハービンジャー)
 2017/01/08・フェアリーS・ライジングリーズン(父・ブラックタイド)

 

クロス・同配合の主な活躍馬

なし。同配合の主な活躍馬はデニムアンドルビー。

ワグネリアンの生産牧場

ノーザンファームは今年の中央重賞43勝目。東京スポーツ杯2歳Sは相性が非常に良く、過去に以下の9頭が勝利を収めている。9頭中、4頭がここを勝った後、G1馬となっている。

 2014年・サトノクラウン(宝塚記念、香港ヴァーズ)
 2012年・コディーノ
 2009年・ローズキングダム(ジャパンC、朝日杯FS)
 2007年・フサイチアソート
 2006年・フサイチホウオー
 2005年・フサイチリシャール(朝日杯FS)
 2004年・スムースバリトン
 2003年・アドマイヤビッグ
 2001年・アドマイヤマックス(高松宮記念)