ディープインパクト産駒・アルーシャの母は米G1馬。Candy Ride産駒・ガーデンテラスの母はチリのダービー馬。ともに血統的に注目の存在。ロードカナロア産駒・パルマリアの兄姉は6頭中、5頭が中央で2勝以上している実績を誇り、優秀な兄姉に続くことが出来るか、注目。

1・アルーシャ 牝2

父・ディープインパクト、母・ザズー、母父・Tapit
生産者・ノーザンファーム、(美)藤沢和雄、ルメール

・募集価格5000万円。
・母は米12戦4勝。G1-ラスヴィルヘネスSG1-サンタアニタレイディズシークレットSG2-ハリウッドオークスの勝ち馬で、他に重賞入着4回。
・本馬は2番仔。
・初仔ゼロメリディアン(牝・父・ディープインパクト)は6戦0勝。
・母の半姉アートプリンセスはG2-チェリーヒントンS2着。
・従兄(=アートプリンセスの産駒)・タップザット(牡・父・Tapit)は中央2勝。Jpn1-全日本2歳優駿2着。

14・ガーデンテラス 牡2

父・Candy Ride、母・ソラリア、母父・Scat Daddy
生産者・社台ファーム、(美)尾形充弘、吉田豊

・母はチリで11戦7勝。G1-エルダービー(芝2400・チリ3冠(ナシオナル3冠)の3戦目・7馬身差で圧勝)、G1-アルトゥロLペニャ賞(芝1600)、G1-チリ1000ギニー(ダ1600)、G3-フリオSブラウン賞(芝1600)、G3-コテホデポトランカス賞(芝1300)の勝ち馬で、他にG1-チリオークス2着など重賞入着3回(全てG1)。
・本馬は初仔。
・父はMr.Prospector系・Ride the Rails産駒で米・アルゼンチンで6戦6勝。米G1-パシフィッククラシックS(ダ10f・レコード勝ち)、亜G1-サンイシドロ大賞(芝1600)、亜G1-ホアキンSデアンチョレナ大賞(芝1600)、米G2-アメリカンH(芝9f・レコード勝ち)の勝ち馬。代表産駒は今年のG1-BCクラシックの勝ち馬・Gun Runner

12・パルマリア 牡2

父・ロードカナロア、母・エルダンジュ、母父・サンデーサイレンス
生産者・ノーザンファーム、(美)武井亮、ムーア

・母は18戦3勝(中京ダ1700、函館ダ1700、阪神ダ1800)。新馬戦(3歳2月・京都芝2000)は5着。
・本馬は7番仔。
・初仔アドマイヤテンクウ(牡・父・キングカメハメハ)は中央3勝。G3-京成杯2着。
・2番仔アドマイヤスピカ(牡・父・キングカメハメハ)は中央5勝。G2-セントライト記念3着。
・3番仔タイセイクルーズ(牡・父・クロフネ)は中央3勝
・4番仔カゼルタ(牝・父・ハービンジャー)は中央4勝
・5番仔エンジェルサイン(牡・父・タニノギムレット)は29戦0勝。
・6番仔エルデュクラージュ(牡・父・クロフネ)は中央現役・中央2勝
・母の半弟にレッドルーラー(中央現役・中央5勝)。
・祖母ガゼルロワイヤルはG1-英オークス2着、G1-ヴェルメイユ賞2着など、重賞入着8回。