ロードカナロア産駒・サンラモンバレーは祖母ソニンクを牝祖とする活躍馬多数の名牝系出身。今年だけでもジューヌエコール、ディアドラの2頭の重賞勝ち馬がこの牝系から出ており、活力も申し分なし。母モンローブロンドは新馬→りんどう賞とデビュー2連勝し、3戦目のファンタジーSで2着と早くから能力を発揮した馬。

15・サンラモンバレー 牡2

父・ロードカナロア、母・モンローブロンド、母父・アドマイヤベガ
生産者・ノーザンファーム、(栗)池江泰寿、C.デムーロ

・2016年のセレクトセールにて5832万円で落札。
・母は20戦4勝(小倉芝1000、京都芝1400、小倉芝1200(2勝))。G3-ファンタジーS2着。新馬戦(2歳7月・小倉芝1000)は1着
・本馬は7番仔。
・初仔ビキニブロンド(牝・父・キングカメハメハ)は中央4勝
・2番仔カーヴィシャス(牝・父・シンボリクリスエス)は地方2勝。
・3番仔プラチナブロンド(牝・父・ジャングルポケット)は中央3勝
・4番仔ホオキパビーチ(牡・父・ハービンジャー)は2戦0勝。
・5番仔サーブルオール(牡・父・ハービンジャー)は中央現役・中央3勝
・6番仔アドマイヤプリヴ(牡・父・ルーラーシップ)は中央現役・中央1勝
・母の半弟にランフォルセ(中央8勝・地方3勝。Jpn2-ダイオライト記念Jpn2-浦和記念G3-エルムSJpn3-佐賀記念の勝ち馬で、Jpn1-川崎記念2着など重賞入着5回)。
・母の半弟にノーザンリバー(中央6勝・地方4勝。Jpn2-さきたま杯(2勝)Jpn2-東京盃G3-アーリントンCG3-カペラSJpn3-東京スプリントの勝ち馬で、他に重賞入着4回)。
・従兄にロジユニヴァース(中央5勝、2009年のJRA最優秀3歳牡馬。G1-日本ダービーG2-弥生賞G3-札幌2歳SG3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬で、G2-札幌記念2着)。
・従姉にジューヌエコール(中央現役・中央4勝G2-デイリー杯2歳SG3-函館スプリントSの勝ち馬)、ディアドラ(中央現役・中央5勝G1-秋華賞G3-紫苑Sの勝ち馬で、G3-ファンタジーS3着)。

9・ラプトレックス 牡2

父・ダイワメジャー、母・レックスレイノス、母父・Intikhab
生産者・社台コーポレーション白老ファーム、(栗)宮本博、松若風馬

・募集価格1600万円。
・母は米英15戦2勝。G1-アメリカンオークス3着、G2-ハニムーンH3着。
・本馬は4番仔。
・初仔レッドファルダ(牡・父・ゼンノロブロイ)は中央1勝
・2番仔ドゥラセア(牝・父・マンハッタンカフェ)は地方2勝。
・3番仔レックスフォルス(牡・父・ゼンノロブロイ)は14戦0勝。

14・ウエスタンヒューズ 牝2

父・ヘニーヒューズ、母・ウエスタンドルチェ、母父・マンハッタンカフェ
生産者・ウエスタンファーム、(栗)西園正都、酒井学

・母は8戦0勝。
・本馬は2番仔。
・初仔ウエスタンカンベイ(牡・父・ファスリエフ)は2戦0勝。
・従姉にウエスタンビーナス(中央6勝。G3-フェアリーS2着)、ウエスタンダンサー(中央6勝G3-京阪杯の勝ち馬)。
・祖母の半姉にウエスタンシャープ(中央2勝。G3-フェアリーS3着)。
・3代母ミュージカルラークは米17戦3勝。G1-メイトロンS(ダ7f)の勝ち馬で、G1-スピナウェイS2着など重賞入着3回。