好位3番手からレースを運んだ人気のサンラモンバレーが、直線で先に抜け出したアルジャーノンを目がけて脚を伸ばすと、あっさり交わし、そのまま1着ゴール。中団からよく伸びたラプトレックスがハナ差アルジャーノンを交わし2着確保。勝ち時計1.37.8。推定上り34.6。
1着:サンラモンバレー(牡2・父ロードカナロア)
2着:ラプトレックス(牡2・父ダイワメジャー)
3着:アルジャーノン(牡2・父スクリーンヒーロー)
着差:1 1/4、ハナ
LAP:12.8-11.8-12.5-13.3-12.6-12.0-11.3-11.5

サンラモンバレーのプロフィール

2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:モンローブロンド
母父:アドマイヤベガ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗)池江泰寿
騎手:C.デムーロ
市場取引:2016年セレクトセール 5832万円

サンラモンバレーの血統背景


ロードカナロア産駒は今季JRA2歳戦24頭目の勝ち上がり。東京5Rのパルマリアに続き連勝し、今日2頭目の勝ち上がり。

 

牝系
・2016年のセレクトセールにて5832万円で落札。
・母は20戦4勝(小倉芝1000、京都芝1400、小倉芝1200(2勝))。G3-ファンタジーS2着。新馬戦(2歳7月・小倉芝1000)は1着。
・本馬は7番仔。
・初仔ビキニブロンド(牝・父・キングカメハメハ)は中央4勝
・2番仔カーヴィシャス(牝・父・シンボリクリスエス)は地方2勝。
・3番仔プラチナブロンド(牝・父・ジャングルポケット)は中央3勝
・4番仔ホオキパビーチ(牡・父・ハービンジャー)は2戦0勝。
・5番仔サーブルオール(牡・父・ハービンジャー)は中央現役・中央3勝
・6番仔アドマイヤプリヴ(牡・父・ルーラーシップ)は中央現役・中央1勝
・母の半弟にランフォルセ(中央8勝・地方3勝。Jpn2-ダイオライト記念、Jpn2-浦和記念、G3-エルムS、Jpn3-佐賀記念の勝ち馬で、Jpn1-川崎記念2着など重賞入着5回)。
・母の半弟にノーザンリバー(中央6勝・地方4勝。Jpn2-さきたま杯(2勝)、Jpn2-東京盃、G3-アーリントンC、G3-カペラS、Jpn3-東京スプリントの勝ち馬で、他に重賞入着4回)。
・従兄にロジユニヴァース(中央5勝、2009年のJRA最優秀3歳牡馬。G1-日本ダービー、G2-弥生賞、G3-札幌2歳S、G3-ラジオNIKKEI杯の勝ち馬で、G2-札幌記念2着)。
・従姉にジューヌエコール(中央現役・中央4勝。G2-デイリー杯2歳S、G3-函館スプリントSの勝ち馬)、ディアドラ(中央現役・中央5勝G1-秋華賞、G3-紫苑Sの勝ち馬で、G3-ファンタジーS3着)。

 

母父
アドマイヤベガはBMSとして今季JRA2歳戦3頭目の勝ち上がり。

 06/04・阪神芝1400m新馬戦・ヴァイザー(父・ノヴェリスト)
 11/03・京都ダ1200m未勝利・ブルベアルッコラ(父・エイシンフラッシュ)
 11/25・京都芝1600m新馬戦・サンラモンバレー(父・ロードカナロア)

 

クロス
Mr. Prospector:S4×M4、Halo:M4×M5、Nureyev:M4×S5、Northern Dancer:S5×M5×M5

サンラモンバレーの生産牧場

ノーザンファームは今季JRA2歳戦91頭目の勝ち上がり。今日だけで3頭(レピアーウィット、パルマリア、サンラモンバレー)が勝ち上がり。