3歳以上オープン 定量 東京芝2400
1着賞金3億円(付加賞365.4万円)

キタサンブラックの逃げを好位のインで見ながら運んだシュヴァルグランが、残り400で2番手に浮上。残り200でキタサンの1馬身差にまで接近し、残り100で逆転に成功。そのまま押し切り、初のビッグタイトルを獲得。2着は外からよく伸びた(上り3F最速タイ)、レイデオロ。3着キタサンブラック。

1着:シュヴァルグラン(牡5・父ハーツクライ)
2着:レイデオロ(牡3・父キングカメハメハ)
3着:キタサンブラック(牡5・父ブラックタイド)
勝ちタイム:2.23.7
着差:1 1/4、クビ
LAP:13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

シュヴァルグランのプロフィール

5歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗)友道康夫
騎手:H.ボウマン

 1着:2017ジャパンカップ(G1) 東京芝2400
 1着:2016アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500
 1着:2016阪神大賞典(G2) 阪神芝3000
 2着:2017天皇賞(春)(G1) 京都芝3200(※1着キタサンブラック)
 3着:2016ジャパンカップ(G1) 東京芝2400(※1着キタサンブラック)
 3着:2016天皇賞(春)(G1) 京都芝3200(※1着キタサンブラック)
 他、重賞入着4回

シュヴァルグランの血統背景


ハーツクライ産駒は中央重賞通算39勝目。今年は昨日のグレイルに続き6勝目。G1は5勝目で全て東京の芝G1(内訳は以下の通り)。

 2017/11/26・ジャパンカップ・シュヴァルグラン(母父・Machiavellian)
 2014/06/08・安田記念・ジャスタウェイ(母父・Wild Again)
 2014/06/01・日本ダービー・ワンアンドオンリー(母父・タイキシャトル)
 2014/05/25・オークス・ヌーヴォレコルト(母父・スピニングワールド)
 2013/10/27・天皇賞(秋)・ジャスタウェイ(母父・Wild Again)

 

牝系
・母は22戦5勝(函館芝1800、函館芝1200、札幌ダ1000、阪神ダ1400、京都ダ1200)。
・本馬は4番仔。
・初仔ファルスター(牡・父・ダンスインザダーク)は中央1勝・地方2勝。
・2番仔ヴィルシーナ(牝・父・ディープインパクト)は中央5勝G1-ヴィクトリアマイル(2勝)G3-クイーンCの勝ち馬。他にG1-桜花賞2着、G1-オークス2着、G1-秋華賞2着、G1-エリザベス女王杯2着、G2-ローズS2着、G1-宝塚記念3着。
・3番仔ランギロア(牡・父・アグネスタキオン)は地方3勝。
・5番仔ヴィブロス(牝・父・ディープインパクト)は中央現役・中央3勝海外1勝G1-秋華賞G1-ドバイターフの勝ち馬。他にG2-府中牝馬S2着、G3-紫苑S2着。
・母の半弟にフレールジャック(中央4勝G3-ラジオNIKKEI賞の勝ち馬で、G2-神戸新聞杯3着)、マーティンボロ(中央7勝G3-中日新聞杯G3-新潟記念の勝ち馬で、G3-小倉記念2着)。
・4代母Glorious Songは1980年のエクリプス賞最優秀古牝馬で、米34戦17勝(G1を4勝、重賞を8勝。他に重賞入着6回)。Glorious Songを牝祖とするG1馬を列記すると、直仔のSingspiel、孫のMezzo SopranoCampanologistダノンシャンティ、玄孫のホワイトフーガ、本馬、ヴィルシーナ、ヴィブロス。

 

母父
MachiavellianはMr. Prospector産駒。BMSとして中央重賞通算29勝目。今年は3勝目。G1は7勝目(内訳は以下の通り)。

 2017/11/26・ジャパンカップ・シュヴァルグラン(父・ハーツクライ)
 2016/10/16・秋華賞・ヴィブロス(父・ディープインパクト)
 2014/05/18・ヴィクトリアマイル・ヴィルシーナ(父・ディープインパクト)
 2013/05/12・ヴィクトリアマイル・ヴィルシーナ(父・ディープインパクト)
 2010/12/26・有馬記念・ヴィクトワールピサ(父・ネオユニヴァース)
 2010/04/18・皐月賞・ヴィクトワールピサ(父・ネオユニヴァース)
 2005/06/05・安田記念・アサクサデンエン(父・Singspiel)

 

クロス・同配合の主な活躍馬
Halo:S3×M4×M5、Northern Dancer:M4×S5、Natalma:M5×M5。同配合の馬は本馬以外に2頭が中央出走歴があり、この内の1頭、ロジクライが2016年のG3-シンザン記念を勝っている。3頭中、2頭が重賞勝ち馬、ということになる。

シュヴァルグランの生産牧場

ノーザンファームは今年の中央重賞45勝目でG1は9勝目。ジャパンカップも通算9勝目。内訳は以下の通り。

今年の中央G1全勝利
 2017/11/26・ジャパンカップ・シュヴァルグラン(父・ハーツクライ)
 2017/10/15・秋華賞・ディアドラ(父・ハービンジャー)
 2017/06/25・宝塚記念・サトノクラウン(父・Marju)
 2017/06/04・安田記念・サトノアラジン(父・ディープインパクト)
 2017/05/28・日本ダービー・レイデオロ(父・キングカメハメハ)
 2017/05/14・ヴィクトリアマイル・アドマイヤリード(父・ステイゴールド)
 2017/05/07・NHKマイルC・アエロリット(父・クロフネ)
 2017/04/16・皐月賞・アルアイン(父・ディープインパクト)
 2017/02/19・フェブラリーS・ゴールドドリーム(父・ゴールドアリュール)

ジャパンカップ全9勝の内訳
 2017/11/26・シュヴァルグラン(父・ハーツクライ)
 2014/11/30・エピファネイア(父・シンボリクリスエス)
 2013/11/24・ジェンティルドンナ(父・ディープインパクト)
 2012/11/25・ジェンティルドンナ(父・ディープインパクト)
 2011/11/27・ブエナビスタ(父・スペシャルウィーク)
 2010/11/28・ローズキングダム(父・キングカメハメハ)
 2007/11/25・アドマイヤムーン(父・エンドスウィープ)
 2006/11/26・ディープインパクト(父・サンデーサイレンス)
 2001/11/25・ジャングルポケット(父・トニービン)