2歳新馬・中京芝1400
1着賞金700万円

好位外目追走のミッキーワイルドが直線、外から末脚を伸ばし軽快な末脚を披露。2着に3馬身半の差をつけて完勝。中団から伸びたゴージャスランチが2着、アスタービーナスが3着。勝ち時計1.23.2。推定上り34.4(メンバー最速)。

1着:ミッキーワイルド(牡2・父ロードカナロア)
2着:ゴージャスランチ(牝2・父マンハッタンカフェ)
3着:アスタービーナス(牝2・父ディープインパクト)
着差:3 1/2、3/4
LAP:12.7-11.1-11.9-12.6-12.3-11.2-11.4

ミッキーワイルドのプロフィール

2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ワイルドラズベリー
母父:ファルブラヴ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗)安田隆行
騎手:福永祐一
市場取引:2015年セレクトセール(当歳) 7128万円

ミッキーワイルドの血統背景


ロードカナロア産駒は今季JRA2歳戦26頭目の勝ち上がり。参考資料として近年のファーストシーズンサイアーランキング首位の種牡馬の中央2歳戦での勝ち上がり頭数を以下に列記する。現時点ではまだディープインパクトの初年度成績には及ばないが、既にダイワメジャーの初年度成績を上回っていることが分かる。

 2016年首位・ルーラーシップ・勝ち上がり頭数:18頭
 2015年首位・ヴィクトワールピサ・勝ち上がり頭数:15頭
 2014年首位・ハービンジャー・勝ち上がり頭数:19頭
 2013年首位・ヨハネスブルグ・勝ち上がり頭数:18頭
 2012年首位・ブラックタイド・勝ち上がり頭数:7頭
 2011年首位・ダイワメジャー・勝ち上がり頭数:25
 2010年首位・ディープインパクト・勝ち上がり頭数:34

 

牝系
・母は15戦3勝(札幌芝1500、京都芝1400、京都芝1800)。G2-ローズS2着。
・本馬は3番仔。
・初仔アバンダント(牝・父・ハービンジャー)は4戦0勝。
・2番仔ビギン(牡・父・キングカメハメハ)は未出走。
・3代母マリスターⅡの直仔にベッラレイア(中央3勝G2-ローズSの勝ち馬でG1-オークス2着、G1-エリザベス女王杯3着など重賞入着5回)。
・母の従弟にカフナ(中央6勝。G3-小倉大賞典2着など重賞入着3回)。

 

母父
ファルブラヴはBMSとして今季JRA2歳戦4頭目の勝ち上がり。BMSとしてこれまでに輩出した主な活躍馬はハープスター。

 06/04・東京芝1600m新馬戦・ステルヴィオ(父・ロードカナロア)
 09/17・中山芝1600m新馬戦・トーセンブレス(父・ディープインパクト)
 11/19・東京芝1600m未勝利・テトラドラクマ(父・ルーラーシップ)
 12/03・中京芝1400m新馬戦・ミッキーワイルド(父・ロードカナロア)

 

クロス・同配合の主な活躍馬
Northern Dancer:M4×S5。新馬→コスモス賞を連勝し、サウジアラビアRC(G3)で2着のステルヴィオが同配合。

ミッキーワイルドの生産牧場

ノーザンファームは今季JRA2歳戦97頭目の勝ち上がり。