受胎条件300万円での供用が決まった新種牡馬ドレフォンの父系について以下まとめている。2013年生まれのドレフォンはアメリカターフチャンピオンGio Ponti(但し、ブリーダーズカップでZenyattaの2着というダート実績もある)の初年度産駒。母Eltimaasは未出走だがその半兄Action This DayはBCジュベナイルの勝馬。繋養は社台スタリオンステーション。

ドレフォン(Drefong) 2013年生

Gio PontiTale of the CatStorm Cat
Yarn
Chipeta SpringsAlydar
Salt Spring
EltimaasGhostzapperAwesome Again
Baby Zip
NajecamTrempolino
Sue Warner

主な勝鞍

  • 2016 King’s Bishop Stakes(ダート7f)
  • 2016 Breeder’s Cup Sprint(ダート6f)
  • 2017 Forego Stakes(ダート7f)

2017年のStorm Cat系GⅠ馬(英愛仏米のみ)

青字は芝レースのGⅠ勝馬、赤字はダート

Tale of the Cat系の日本での競走成績

Gio Ponti産駒2頭、出走2頭、勝ち上がり2頭(勝ち上がり率100%)

  • スペードクイーン(牝)2勝(京都芝1400m、阪神芝1200m)
  • アメリカンヘブン(セ)1勝(中山芝2000m)

※Gio Ponti自身は芝の中距離で活躍(アーリントンミリオン10fなど芝GⅠを7勝)。

Tale of the Cat産駒40頭、出走39頭、勝ち上がり27頭(勝ち上がり率69%)

  • エイシントップ (牡)6勝(GⅡNZT芝1600m, GⅡ京王杯2歳S芝1400m、GⅢシンザン記念芝1600m、霜月Sダ1400m)
  • シゲルソウサイ(牡)5勝(西陣Sダ1200m、なにわSダ1200m)
  • エイシンボーダン(牡)6勝(北陸Sダ1200m)、など