現3歳世代のここまでの種牡馬成績を、アーニングス・インデックス順(中央+地方)に以下まとめている。ここでは国内供用種牡馬に限定し、かつ、いわゆるマイナー種牡馬も対象に含めて(3頭以上の産駒出走がある種牡馬を対象)ランキングしている。

産駒の出走頭数が少ないほど、インデックスに対する1頭の活躍馬の影響が大きくなる点を考慮しつつ、以下、ご覧いただきたい。何と言っても、共同通信杯勝馬オウケンムーンを出したオウケンブルースリの名前が光るが、他にも、ロードバリオス、フサイチセブンなど、普段取り上げられる機会のない面々が名を連ねている。

AEIサイアーランキング(現3歳世代)

順位種牡馬出走頭数代表産駒
1オウケンブルースリ7オウケンムーン
2ディープインパクト134ダノンプレミアム
3ロードバリオス3ロードネプチューン
4フサイチセブン3スーサンドン
5クリストワイニング(USA)3アイスフィヨルド
6カルストンライトオ4マリノディアナ
7ノボジャック(USA)8シスル
8ダイワメジャー80フロンティア
9ロードカナロア123ステルヴィオ
10キンシャサノキセキ(AUS)69カシアス
11ヘニーヒューズ(USA)101ドンフォルティス
12スーパーホーネット3ファストライフ
13ミリオンディスク3ユーセイスラッガー
14ハーツクライ127タイムフライヤー
15ルーラーシップ107リリーノーブル
16ヨハネスブルグ(USA)78タイセイプライド
17ステイゴールド66ステイフーリッシュ
18シニスターミニスター(USA)68ハヤブサマカオー
19スマートボーイ6ミックベンハー
20キングカメハメハ69コズミックフォース
21パイロ(USA)59ハセノパイロ
22ハービンジャー(GB)68ケイティクレバー
23エスポワールシチー48ヤマノファイト
24サウスヴィグラス(USA)98ストロングハート
25ブレイクランアウト(USA)4レナータ
26トーセンブライト13トーセンブル
27エーシンフォワード(USA)3ロードエース
28オルフェーヴル102ラッキーライラック
29ハードスパン(USA)55ダークリパルサー
30スズカフェニックス9スズカフェラリー
31マンハッタンカフェ44ハーレムライン
32トビーズコーナー(USA)35クレセントシティー
33ブラックタイド64マドモアゼル
34キャプテントゥーレ14クロスケ
35タイムパラドックス46ワカミヤオウジ
36スクリーンヒーロー42ジェネラーレウーノ
37ストロングリターン55ペイシャルアス
38ゴールドアリュール84ゴールドパテック
39バゴ(FR)33キボウノダイチ
40ドリームジャーニー27ジョブックコメン
41アーネストリー7アシャカデッシュ
42エンパイアメーカー(USA)68サージュミノル
43クロフネ(USA)67パクスアメリカーナ
44ヴィクトワールピサ62スカーレットカラー
45リーチザクラウン30サヤカチャン
46ベーカバド(FR)51タイセイアベニール
47フィガロ(USA)8ハルティア
48アドマイヤマックス29レグルドール
49ビービーガルダン9ヨシノファルコン
50ディープブリランテ85タイセイソニック