先週の2歳戦は、門別で8R、大井で3Rが行われた。ここまで通算25戦(全て地方)が終了した時点でのサイアーランキングは下記の通り。

新種牡馬では、5/22の門別4Rフレッシュチャレンジ(ダ1000)で、ダノンバラード産駒ウィンターフェルが勝利。ディープインパクトの後継ダノンバラードは、AJCCなど重賞2勝、宝塚記念2着、皐月賞3着など、通算26戦5勝。国内で供用された後、イタリアへ輸出されたが、今年は英国Batsford Studで種付料4000ポンド(約60万円)で供用されている。

http://www.batsfordstud.co.uk/danon_ballade.html

リーディングサイアーランキング(現2歳世代:JBISデータ)

今週前週種牡馬名代表産駒
1(2)トーセンブライトトーセンターコイズ
2(7)ロジユニヴァースサッキーチェン
3(14)リーチザクラウンレベルフォー
4(1)スウェプトオーヴァーボード(USA)ラブミーリチャード
5(3)ヴィットリオドーロ(USA)*イグナシオドーロ
6(4)ゼンノロブロイハルサエカケル
7(13)シニスターミニスター(USA)アンビートゥン
8(5)カジノドライヴ(USA)セイシャレード
9(7)サウスヴィグラス(USA)ステッペンウルフ
10ダノンバラード*ウィンターフェル
11(6)ドリームジャーニーオウレリア
12タイキシャトル(USA)ラッキーセブン
13(9)パドトロワ*エムティアン
14ダノンシャンティサキコトレーヴォ
15(9)アポロキングダム(USA)ウワサノコウタロウ
16グラスワンダー(USA)シェリーアモール
17パイロ(USA)ドリームファイター
18フリオーソダイキンボシ
19(19)カネヒキリイコライザー
20プリサイスエンド(USA)エアースピーダー

*新種牡馬