週末の4鞍の新馬戦では、ブラックタイド、ロードカナロア、スクリーンヒーロー、ジャスタウェイの産駒が勝ち上がりとなっている。本稿の趣旨とは違うが、ここまで2週間で9鞍行われた新馬戦で、ノーザンファーム生産馬が7勝の猛ダッシュを挙げている点も目につくところ(昨年は9鞍中4勝のスタートだった)。

ここまでの新種牡馬産駒のJRA成績は以下の通りとなっている。週末はジャスタウェイ産駒アウィルアウェイが1着、ダンカーク産駒シークレットランが2着の戦果を挙げた。3頭出走したケープブランコ産駒は、メイショウクライムが4着入着を果たしている。

種牡馬 着順 勝率 連対率)
ジャスタウェイ 1- 0- 0- 2/ 3 33% 33%
ダンカーク 0- 1- 0- 2/ 3 0% 33%
ケープブランコ 0- 0- 0- 3/ 3 0% 0%
レッドスパーダ 0- 0- 0- 1/ 1 0% 0%
グランプリボス 0- 0- 0- 1/ 1 0% 0%
ダノンバラード 0- 0- 0- 1/ 1 0% 0%
トーセンジョーダン 0- 0- 0- 1/ 1 0% 0%
トーセンラー 0- 0- 0- 1/ 1 0% 0%

リーディングサイアーランキング中央+地方(現2歳世代:JBISデータ)*は新種牡馬

今週前週種牡馬名勝率(地方含)代表産駒
1(2)ロードカナロア50%アカネサス
2ブラックタイド25%アガラス
3(1)ディープインパクト50%グランアレグリア
3(16)スクリーンヒーロー17%レノーア
5(4)キンシャサノキセキ(AUS)14%シングルアップ
6ジャスタウェイ*20%アウィルアウェイ
7(2)ダイワメジャー50%ジョディー
8(5)オルフェーヴル50%ジャミールフエルテ
9(6)トーセンブライト33%トーセンターコイズ
10(7)ハービンジャー(GB)0%スマートユニバンス
11ストロングリターン8%ストロングカラーズ
12(9)サウスヴィグラス(USA)36%ステッペンウルフ
13(19)カジノドライヴ(USA)67%ラプラス
14(8)ロジユニヴァース22%サッキーチェン
15ダンカーク(USA)*17%シークレットラン
16ダノンシャンティ20%フェルシュテルケン
17(10)ダノンバラード*29%ナイママ
18パドトロワ*50%エムティアン
19(11)スウェプトオーヴァーボード(USA)25%オスピタリタ
20(18)シニスターミニスター(USA)25%アンビートゥン