来年2019年に初年度産駒がデビューを迎える新種牡馬をまとめている。

競走実績という観点ではGⅠ6勝のゴールドシップが最右翼だが、産駒数ではキズナエピファネイアの2頭が抜けて多く、やや離れてフェノーメノ・マジェスティックウォリアー・リアルインパクト・トゥザワールド・エスケンデレヤ・ワールドエース・ゴールドシップらが第二集団を形成する恰好となっている。

2019年度の主要な新種牡馬(新種牡馬一覧は下段のリンクを参照)

2019年度新種牡馬生年主な戦歴父系初年度産駒血統登録数
キズナ2010GⅠ1勝(ダービー)ディープインパクト-サンデーサイレンス 180
エピファネイア2010GⅠ2勝(ジャパンC、他)シンボリクリスエス-Kris S.-Roberto 157
フェノーメノ2009GⅠ2勝(天皇賞・春2回)ステイゴールド-サンデーサイレンス 90
マジェスティックウォリアー2005GⅠ1勝(米ホープフルS[ダ7f])A.P. Indy-Seattle Slew 88
リアルインパクト2008GⅠ2勝(安田記念、他)ディープインパクト-サンデーサイレンス 87
トゥザワールド2011GⅡ1勝(弥生賞)キングカメハメハ-Kingmambo-Mr. Prospector 83
エスケンデレヤ2007GⅠ1勝(米ウッドメモリアルS[ダ9f])Giant’s Causeway-Storm Cat 80
ワールドエース2009GⅡ1勝(マイラーズC)ディープインパクト-サンデーサイレンス 79
ゴールドシップ2009GⅠ6勝(有馬記念、他)ステイゴールド-サンデーサイレンス 78
スピルバーグ2009GⅠ1勝(天皇賞・秋)ディープインパクト-サンデーサイレンス 68
カレンブラックヒル2009GⅠ1勝(NHKマイルC)ダイワメジャー-サンデーサイレンス 64

2019年度新種牡馬