現2歳世代の種牡馬別JRA勝ち上がりランキング(8/19開催終了時点)は以下の通り。週末の2歳新馬・未勝利戦は、新潟・小倉・札幌で計16レース。ディープインパクトが3頭、ナカヤマフェスタが2頭の勝ち上がりとなっている。

新潟新馬戦(芝1400)を制したダノンジャスティスの父、Kingmanについて:現2歳が初年度産駒となるKingmanは2011年生まれの英国産。父Invincible Spirit(→Green Desert→Danzigの父系)、母Zendaは仏1000ギニーに勝利。現役時8戦7勝で、英2000ギニーでは2着に負けたが、愛2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスS、ジャックルマロワ賞を制覇したチャンピオンマイラー。先月福島で新馬勝ち(芝1200)をおさめたヨークテソーロに続き、JRAでは2頭デビューし2頭新馬勝ちと、これ以上ないスタートを切っている。欧州でもすでにCalyxが英Coventry Stakes・GⅡを制し、脚光を浴びる新鋭種牡馬で、今年の種付料は55000ポンド(約800万円)。

JRA勝ち上がり頭数データ

※勝馬率=勝ち上がり頭数 ÷ 既出走馬の頭数

種牡馬別勝ち上がりデータ(順位表の詳細はリンク参照)

 種牡馬勝上り数勝馬率%
1ディープインパクト1146
2ロードカナロア924
3ヴィクトワールピサ735
4ジャスタウェイ725
5ブラックタイド622
6ルーラーシップ620
7キンシャサノキセキ515
8スウェプトオーヴァーボード440
9サウスヴィグラス431
10ダイワメジャー420

勝ち上がり率:種牡馬別・現3歳世代