ドバイワールドカップは確たる軸馬不在の混戦模様、ドバイゴールデンシャヒーンはアメリカからの遠征馬3頭が人気を集める構図。

ドバイワールドカップ(G1・ダ2000m)・日本時間3/30(土)25:40発走予定

ゴドルフィンのThunder Snowが連覇を狙うがアメリカからの遠征馬も粒揃いで混戦模様。過去日本調教馬は2011年にヴィクトワールピサが優勝。他に同年のトランセンドが2着、2002年にトゥザヴィクトリーが2着。

North America:4.00倍

父・Dubawi、母・Northern Mischief、母父・Yankee Victor
せん7、調教師:S Seemar、騎手:Richard Mullen

・通算17戦7勝、重賞4勝。近5走の戦績は以下の通り。昨年の同レースでは最下位の10着と敗れているが、長期休養明けを挟んで連勝中。押し出される形で現在、1番人気の評価を受けている。

02/07 1着 アルマクトゥームチャレンジR2(G2・ダ1m1f110yds・メイダン)
01/10 1着 アルマクトゥームチャレンジR1(G1・ダ1m・メイダン)
03/31 10着 ドバイワールドカップ(G1・ダ1m2f・メイダン)
03/10 1着 アルマクトゥームチャレンジR3(G1・ダ1m2f・メイダン)
02/08 2着 アルマクトゥームチャレンジR2(G2・ダ1m1f110yds・メイダン)

 

・母父のYankee Victorは1996年米国産のSaint Ballado(その父・Halo)産駒で、米G1-メトロポリタンHなど米重賞2勝。父としてKinsale King(ドバイゴールデンシャヒーンなど重賞3勝)を輩出。BMSとしてYoucan’tcatchme(カナダ重賞2勝)を輩出。

・伯母のGourmet Girlは米G1-ヴァニティーH、アップルブラッサムH、ミレイディHなど米重賞4勝。

Capezzano:5.00倍

父・Bernardini、母・Cableknit、母父・Unbridled’s Song
せん5、調教師:S bin Ghadayer、騎手:Mickael Barzalona

・通算14戦5勝、重賞1勝。近5走の戦績は以下の通り。前走は2着のThunder Snowに9馬身半差をつける快勝で、注目の存在。昨年2月まではゴドルフィンの所有馬だったが(調教師はCharlie Appleby)、Sultan Aliにオーナーが変わり、2度転厩している馬。

03/09 1着 アルマクトゥームチャレンジR3(G1・ダ1m2f・メイダン)
01/31 1着 ハンデ戦(1m・メイダン)
01/17 1着 ハンデ戦(1m・メイダン)
12/20 7着 準重賞(1m・メイダン)
03/31 13着 ゴドルフィンマイル(G2・1m・メイダン)

 

・父のBernardiniは2003年米国産のA.P. Indy(その父・Seattle Slew)産駒で、2006年のエクリプス賞最優秀3歳牡馬。米G1-プリークネスS、トラヴァーズSなど米重賞5勝。昨年の種付料は8.5万ドル。主な産駒にTo Honor And Serve(シガーマイル、ウッドワードSなど米重賞6勝)、Stay Thirsty(トラヴァーズS、シガーマイルなど米重賞4勝)。

・伯父のSpeightstownは米G1-BCスプリントなど米重賞4勝。

Thunder Snow:6.00倍

父・Helmet、母・Eastern Joy、母父・Dubai Destination
牡5、調教師:Saeed bin Suroor、騎手:Christophe Soumillon

ゴドルフィンの所有馬。通算22戦7勝、重賞6勝。近5走の戦績は以下の通り。昨年の同レースでは2着のWest Coastに5馬身3/4身差をつける圧勝。その後は一線級相手のレースが続いたとはいえ未勝利が続いており、前走も勝ったCapezzanoとは9馬身半差の2着。休み明けだった点を割り引いても負け過ぎなようにみえるが果たしてどうか。オッズも当初は1番人気だったが日に日に評価を落とし、現在は3番人気。

03/09 2着 アルマクトゥームチャレンジR3(G1・ダ1m2f・メイダン)
11/03 3着 BCクラシック(G1・ダ1m2f・チャーチルダウンズ)
09/29 2着 ジョッキークラブゴールドカップ(G1・ダ1m2f・ベルモントパーク)
08/22 8着 インターナショナルS(G1・芝1m2f56yds・ヨーク)
03/31 1着 ドバイワールドカップ(G1・ダ1m2f・メイダン)

 

・父のHelmetは2008年豪州産のExceed And Excel(その父・デインヒル)産駒で、豪G1を3勝、豪重賞を4勝。ファーストクロップからThunder Snowを輩出したが、他に活躍馬は出ておらず、今年からはドイツにて供用中。種付料は9000ユーロ。

・半姉のIhtimalは英G2-メイヒルSなど重賞3勝。半姉のFirst Victoryは英G3勝ち馬。伯母のWest Windは仏G1-フランスオークスの勝ち馬。祖母のRed Slippersは英G3-サンチャリオットSの勝ち馬。曽祖母Morning Devotionを牝祖とする活躍馬にショウナンマイティ、ゴーフォザサミット。

Seeking The Soul:7.50倍

父・Perfect Soul、母・Seeking The Title、母父・Seeking the Gold
牡6、調教師:Dallas Stewart、騎手:Mike E Smith

・通算24戦6勝、重賞2勝。近5走の戦績は以下の通り。

01/26 2着 ペガサスワールドカップ(G1・ダ1m1f・ガルフストリームパーク)
11/23 3着 クラークH(G1・ダ1m1f・チャーチルダウンズ)
11/03 2着 BCダートマイル(G1・ダ1m・チャーチルダウンズ)
09/29 1着 アックアックS(G3・ダ1m・チャーチルダウンズ)
09/01 13着 ウッドワードS(G1・ダ1m1f・サラトガ)

 

・父のPerfect Soulは1998年愛国産のSadler’s Wells(その父・Northern Dancer)産駒で、G1-キーンランドターフマイルなど米芝重賞3勝。本馬がこれまでの最多賞金獲得産駒になる。

・母はG3-アイオワSの勝ち馬。曽祖母Personal Ensignは1988年のエクリプス賞最優秀古牝馬で13戦13勝、BCディスタフなどG1を8勝した歴史的名牝。Personal Ensignの9番仔・Title Seeker(未出走)が本馬の祖母になる。

Yoshida:8.50倍

父・ハーツクライ、母・ヒルダズパッション、母父・Canadian Frontier
牡5、調教師:William Mott、騎手:Jose L Ortiz

・通算13戦5勝、重賞3勝。近5走の戦績は以下の通り。前々走のBCクラシックでは今回上位人気の3着・Thunder Snowとはハナ差の4着で、人気程の力量差はない印象。

01/26 6着 ペガサスワールドカップ(G1・ダ1m1f・ガルフストリームパーク)
11/03 4着 BCクラシック(G1・ダ1m2f・チャーチルダウンズ)
09/01 1着 ウッドワードS(G1・ダ1m1f・サラトガ)
08/11 5着 フォースターデイヴH(G1・ダ1m・サラトガ)
06/19 5着 クイーンアンS(G1・芝1m・アスコット)

 

・母は米G1-バレリーナSなど米重賞5勝。

Audible:11.00倍

父・Into Mischief、母・Blue Devil Bel、母父・Gilded Time
牡4、調教師:Todd Pletcher、騎手:Flavien Prat

・通算9戦5勝、重賞2勝。近5走の戦績は以下の通り。昨年のケンタッキーダービー3着馬だが、昨秋以降のレースはワンパンチ足りない結果が続いている現況。

01/26 5着 ペガサスワールドカップ(G1・ダ1m1f・ガルフストリームパーク)
12/15 2着 ハーランズホリデーS(G3・ダ1m110yds・ガルフストリームパーク)
11/03 1着 一般戦(ダ7f・チャーチルダウンズ)
05/05 3着 ケンタッキーダービー(G1・ダ1m2f・チャーチルダウンズ)
03/31 1着 フロリダダービー(G1・ダ1m1f・ガルフストリームパーク)

 

・母父のGilded Timeは1990年米国産のTimeless Moment(その父・Damascus)産駒で、米2歳G1-BCジュヴェナイルなど2歳重賞のみを3勝。父としてGayego(米G1-エインシェントタイトルSなど米重賞3勝)を輩出。

・従姉にリエノテソーロ(全日本2歳優駿など)。4代母のClassy Cathyは米G1を3勝(ガゼルH、アラバマS、アッシュランドS)した活躍馬。

Gunnevera :13.00倍

父・Dialed In、母・Unbridled Rage、母父・Unbridled
牡5、調教師:Antonio Sano、騎手:Emisael Jaramillo

・通算20戦6勝、重賞3勝。近5走の戦績は以下の通り。重賞勝ちは3歳3月以降無いが、以後、G1での2着が3回、3着が2回と大舞台での名脇役として如何なく存在感を発揮中。

01/26 6着 ペガサスワールドカップ(G1・ダ1m1f・ガルフストリームパーク)
11/03 2着 BCクラシック(G1・ダ1m2f・チャーチルダウンズ)
09/01 2着 ウッドワードS(G1・ダ1m1f・サラトガ)
08/10 1着 Allowance Optional Claiming(ダ1m110yds・ガルフストリームパーク)
03/31 8着 ドバイワールドカップ(G1・ダ1m2f・メイダン)

 

・父のDialed Inは2008年米国産のMineshaft(その父・A.P. Indy)産駒で、米G1-フロリダダービーなど米重賞2勝。本馬がほぼ唯一の活躍馬。昨年の種付料は2.5万ドル。

 

尚、日本調教馬・ケイティブレイブの人気は現在、11番人気の34.00倍となっている。

ドバイゴールデンシャヒーン(G1・ダ1200m)・日本時間3/30(土)23:40発走予定

アメリカからの遠征馬3頭が人気を集める構図。日本からは昨年5着のマテラスカイが昨年に続き出走。ちなみに過去の日本調教馬の最先着は4着が2頭(2009年バンブーエール、2010年ローレルゲレイロ)。

Roy H:2.20倍

父・More Than Ready、母・Elusive Diva、母父・Elusive Quality
せん7、調教師:Peter Miller、騎手:Paco Lopez

・通算23戦10勝、重賞7勝。近5走の戦績は以下の通り。昨年の同レースでは勝ったMind Your Biscuitsから1馬身差の3着。BCスプリントを2勝(2017年、2018年)している実績馬

01/20 1着 パロスヴェルデスS(G2・ダ6f・サンタアニタ)
11/03 1着 BCスプリント(G1・ダ6f・チャーチルダウンズ)
10/06 1着 サンタアニタスプリントチャンピオンシップ(G1・ダ6f・サンタアニタ)
07/29 2着 ビングクロスビーS(G2・ダ6f・デルマー)
03/31 3着 ドバイゴールデンシャヒーン(G1・ダ6f・メイダン)

 

・父のMore Than Readyは1997年米国産のサザンヘイロー(その父・Halo)産駒で米G1-キングスビショップS(ダ7f)など重賞4勝。今年の種付料は昨年よりもアップし、過去最高の8万ドルに設定されている。主な産駒にMore Joyous(豪G1を8勝し重賞18勝。母父はサンデーサイレンス)がいる。

・母のElusive Divaは米重賞3勝。

Imperial Hint:4.50倍

父・Imperialism、母・Royal Hint、母父・Lahint
牡6、調教師:Luis Carvajal Jr、騎手:Jose L Ortiz

・通算20戦12勝、重賞5勝。近5走の戦績は以下の通り。BCスプリントでは2017年は2着、2018年は3着といずれもRoy Hに敗れてきた馬。

02/16 3着 ペリカンS(Black Type・ダ6f・タンパベイダウンズ)
11/03 3着 BCスプリント(G1・ダ6f・チャーチルダウンズ)
09/29 1着 ヴォスバーグS(G1・ダ6f・ベルモントパーク)
07/28 1着 アルフレッドG.ヴァンダービルトH(G1・ダ6f・サラトガ)
06/08 1着 トゥルーノースS(G2・ダ6f110yds・ベルモントパーク)

・父のImperialismは2001年米国産のLangfuhr(その父・Danzig)産駒で米重賞1勝。ケンタッキーダービーで3着、プリークネスSで5着などG1入着級の戦績を残している。本馬が代表産駒でほぼ唯一の活躍馬になる。

・母は6戦2勝。

X Y Jet:7.00倍

父・Kantharos、母・Soldiersingsblues、母父・Lost Soldier
せん7、調教師:Jorge Navarro、騎手:Emisael Jaramillo

・通算24戦11勝、重賞4勝。近5走の戦績は以下の通り。2016年と2018年で同レース2着。

02/13 1着 Allowance Optional Claiming(ダ6f・ガルフストリームパーク)
01/19 4着 サンシャインミリオンズスプリントS(Black Type・ダ6f・ガルフストリームパーク)
06/30 1着 スマイルスプリントS(G3・ダ6f・ガルフストリームパーク)
03/31 2着 ドバイゴールデンシャヒーン(G1・ダ6f・メイダン)
02/17 1着 ペリカンS(Black Type・ダ6f・タンパベイダウンズ)

・父のKantharosは2008年米国産のLion Heart(その父・Tale of the Cat)産駒で、米重賞2勝。本馬が代表産駒になる。昨年の種付料は1.5万ドル。

・母は10戦3勝。母父のLost Soldierは1990年米国産のDanzig産駒で、米重賞1勝。BMSとして輩出した主な産駒にI’m A Chatterbox(米G1を3勝、米重賞を5勝)。

 

尚、日本調教馬・マテラスカイのオッズは41.00倍で、下から2番目のブービー人気の評価。

※関連記事

http://umahei.com/post-7224

http://umahei.com/post-7242