今週末は注目の前哨戦が3鞍(サンタアニタダービー、ウッドメモリアルS、ブルーグラスS)行われる。注目はGame Winnerになるが、InstagrandやRoadsterが勝つようなことになると、戦線は混迷度を増すことになる。各レースのミニ展望をお届けする。

サンタアニタダービー(G1)現地時間4/6・15:50発走(サンタアニタパーク競馬場)

現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の3頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Game Winner:8.00倍

父・Candy Ride、母・Indyan Giving、母父・A. P. Indy
調教師:Bob Baffert、騎手:Joel Rosario

・5戦4勝。昨年11/2のG1-BCジュヴェナイルを制覇して以来の休み明けでの出走だった、前走3/16のG2-レベルSではOmaha Beachの2着。このレースは、当初復帰戦として予定されていたサンフェリペSがサンタアニタパーク競馬場の一時閉鎖問題でレース自体が無くなり、ローテーションに狂いが生じていた点を考慮に入れれば、まずまずの復帰戦だった印象。ここをきっちり勝てば来週のアーカンソーダービーに出走予定のImprobableのレース内容にもよるが、ケンタッキーダービーはこの馬が1番人気で臨むことになろうが、果たしてどうか。

Instagrand:17.00倍

父・Into Mischief、母・Assets of War、母父・Lawyer Ron
調教師:Jerry Hollendorfer、騎手:Flavien Prat

・3戦2勝。昨年6/29のデビュー戦(5f)を1着(2着馬との着差は10馬身)→8/11のG2-ベストパルS(6f)を1着(2着馬との着差は10馬身1/4)。その後、長期休養に入り、3/9のG3-ゴーサムS(1m)にて復帰。圧倒的な1番人気に押されたこのレースでは勝ったHaikalから1馬身半差の3着。長期休養明け+初距離の割りにはまずまずの内容を見せ、ダービー戦線に踏みとどまっている。

Roadster:26.00倍

父・Quality Road、母・Ghost Dancing、母父・Silver Ghost
調教師:Bob Baffert、騎手:Mike E. Smith

・3戦2勝。昨年7/29のデビュー戦(6f)を勝ち、次走9/3のG1-デルマーフューチュリティ(7f)で同厩のGame Winnerの3着(2馬身差)。その後、長期休養に入っていたが、3/1に復帰。4頭立てのこのレース(1m)を制し、ここへ臨む2歳時に2馬身差で敗れているGame Winnerとの再戦となり、注目の一頭。

他に人気を集めている主な出走馬は以下の通り。

Nolo Contesto

父・Pioneerof The Nile、母・Applauding、母父・Congrats
調教師:John W. Sadler、騎手:Joseph Talamo

・3戦1勝。重賞出走は今回が初となる。1/4の2戦目では先日のG2-レベルSでGame Winnerを降したOmaha Beachに半馬身の差をつけて1着。前走3/1の3戦目では勝ったRoadsterと2馬身半差の2着。Omaha Beachに勝っている実績は不気味。

ウッドメモリアルS(G2)現地時間4/6・18:00発走(アケダクト競馬場)

現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の2頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Haikal:21.00倍

父・Daaher、母・Sablah、母父・Distorted Humor
調教師:Kiaran P. McLaughlin、騎手:Rajiv Maragh

・4戦3勝。前走3/9のG3-ゴーサムS(1m)を重賞初出走で勝利。後方追走から直線で外から一気に弾けた末脚は印象的だったが、問題は再現性がどうかという点。ゴーサムSはコーナー2つのワンターンの競馬だったが、今回はツーターンの競馬になる点も懸念材料の一つとなる。

Tacitus:26.00倍

父・Tapit、母・Close Hatches、母父・First Defence
調教師:William I. Mott、騎手:Jose L. Ortiz

・3戦2勝。前走3/9のG2-タンパベイダービー(1m1/2f)を重賞初出走で勝利。中団追走から直線はインを突き、差し込む競馬で勝利したものだが、Haikal同様、前につけて良さが出るタイプではなさそうな点が本番を視野に入れた場合、果たしてどうか。

他に人気を集めている主な出走馬は以下の通り。

Tax

父・Arch、母・Toll、母父・Giant’s Causeway
調教師:Danny Gargan、騎手:Junior Alvarado

・4戦2勝のせん馬。前走2/2のG3-ウィザーズS(1m1f)を勝利。前々走のG2-レムセンS(1m1f)では3着だったが、この時の4着馬がBourbon War(その後、ファウンテンオブユースSで2着、フロリダダービーで4着)。Bourbon Warを物差しにすると、この馬がここを制してダービー戦線に一気に穴馬として躍り出ても能力的に不思議はなさそうな存在。

Outshine

父・Malibu Moon、母・Life Lesson、母父・Unbridled’s Song
調教師:Todd Pletcher、騎手:John R Velazquez

・4戦2勝。前走3/9のG2-タンパベイダービー(1m1/2f)で勝ったTacitusと1馬身1/4身差の2着。Tacitusが直線でインを突いたのとは対称的にこの馬は直線、外に持ち出され、そこからしぶとく伸びて2着入線。レース内容的にそこまでTacitusとの力量差は無い印象。

ブルーグラスS(G2)現地時間4/6・18:23発走(キーンランド競馬場)

現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の2頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Signalman:41.00倍

父・General Quarters、母・Trip South、母父・Trippi
調教師:Kenneth G. McPeek、騎手:Brian Joseph Hernandez, Jr.

・6戦2勝。2歳時は10/6のG1-ブリーダーズフューチュリティで2着、11/2のG1-BCジュヴェナイルで3着(勝ったGame Winnerとの着差は3馬身1/4)、11/24のG2-ケンタッキージョッキークラブSで1着、と上位勢力の位置にいた馬だが、3歳初戦の前走3/2のG2-ファウンテンオブユースSで7着と大敗(勝ったCode Of Honorとの着差は7馬身)。前走時よりは調教での時計は出ており、叩いた上積みはありそうなだけに、ここは真価が問われる一戦。

Sir Winston:67.00倍

父・Awesome Again、母・La Gran Bailadora、母父・Afleet Alex
調教師:Mark Casse、騎手:Julien R Leparoux

・7戦2勝。前走3/9のG2-タンパベイダービー(1m1/2f)で勝ったTacitusと4馬身差の5着。戦績的に目立つものがある馬ではなく、今回も人気を集めるような存在ではないが、WilliamHILLでは穴馬として今回、初めてアンティポストで単勝オッズがつく馬として選定されている。母のLa Gran BailadoraはG3-ケンタッキーカップディスタフSの勝ち馬。

他に人気を集めている主な出走馬は以下の通り。

Vekoma

父・Candy Ride、母・Mona De Momma、母父・Speightstown
調教師:George Weaver、騎手:Javier Castellano

・3戦2勝。昨年11/4のG3-ナシュアS(1m)をデビュー2戦目で勝利。その後、3歳初戦の前走3/2のG2-ファウンテンオブユースS(1m1/2f)で3着(勝ったCode Of Honorとの着差は2馬身3/4)

Win Win Win

父・ハットトリック、母・Miss Smarty Pants、母父・Smarty Jones
調教師:Michael J. Trombetta、騎手:Irad Ortiz, Jr.

・5戦3勝。前走3/9のG2-タンパベイダービー(1m1/2f)で勝ったTacitusと2馬身半差の3着。父のハットトリックは2001年追分産のサンデーサイレンス産駒で、G1-マイルチャンピオンシップ、香港マイルなど重賞4勝。2017年まではアメリカで供用されていたが、2018年はブラジルにて供用されている。代表産駒にDabirsim(2011年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬)。

現時点の英ブックメーカー・WilliamHILLのケンタッキーダービー単勝上位人気馬

Improbable:8.00倍
Game Winner:8.00倍
Maximum Security:13.00倍(※圏外からフロリダダービーの勝利で一気にランクイン)
Omaha Beach:15.00倍
Code Of Honor:17.00倍(※前回の15.00倍からフロリダダービーでの敗戦(3着)で人気下降)
Instagrand:17.00倍
Haikal:21.00倍
Long Range Toddy:21.00倍
Mucho Gusto:21.00倍
Bourbon War:26.00倍
Hidden Scroll:26.00倍(※前回の13.00倍からフロリダダービーでの敗戦(6着)で人気下降)
Roadster:26.00倍
Tacitus:26.00倍
US Navy Cross:26.00倍
War Of Will:26.00倍
By My Standards:34.00倍
Frosted Ice:34.00倍
Galilean:34.00倍
Mind Control:34.00倍
Spinoff:34.00倍
Plus Que Parfait:34.00倍(※圏外からUAEダービーの勝利で一気にランクイン)
Signalman:41.00倍
Coliseum:51.00倍
Harvey Wallbanger:51.00倍(※前回の34.00倍からフロリダダービーでの敗戦(8着)で人気下降)
Knicks Go:51.00倍
Sir Winston:67.00倍(※圏外からランクイン。今週末ブルーグラスSに出走)

Gunmetal Gray:圏外(※前回の26.00倍から圏外へ・負傷によりダービー戦線からは離脱)

関連記事

ケンタッキーダービー戦線リポート【10】フロリダダービー(G1)をデビュー4連勝で制した新星現る!

ケンタッキーダービー戦線リポート【9】ルイジアナダービーとサンランドダービーから穴馬候補が名乗りを上げる!

ケンタッキーダービー戦線リポート【8】速報!Game WinnerとImprobableはともに2着に敗れる!

ケンタッキーダービー戦線リポート【7】今週末にGame WinnerとImprobableが注目の始動戦

ケンタッキーダービー戦線リポート【6】東海岸から新星が誕生?

ケンタッキーダービー戦線リポート【5】Frankelの全弟・Noble Missionの初年度産駒が重賞初制覇!

ケンタッキーダービー戦線リポート【4】War Front産駒2頭が新たにダービー戦線に名乗りを上げる

ケンタッキーダービー戦線リポート【3】今後の前哨戦と出走予定馬について

ケンタッキーダービー戦線リポート【2】1戦1勝のハードスパン産駒がいきなり3番人気に浮上!

ケンタッキーダービー戦線リポート【1】現時点での勢力図について