デムーロ騎乗のヨハネスブルグ産駒が坂路で動いており人気になるが、ダイワメジャー産駒や既に産駒が函館2歳Sを勝った実績がある父を持つマル外の存在も気になるところ。

 

1・ケワロス 牝2
父・ダイワメジャー、母・フェアリーワルツ、母父・Lear Fan
生産者・追分ファーム、(栗)牧浦充徳、横山典弘

6/28(水)半マイル55.8-39.9-25.7-12.8。ラップタイム15.9-14.2-12.912.8
6/21(水)半マイル56.6-40.8-25.7-12.6。ラップタイム15.8-15.1-13.1-12.6

・2015年のセレクトセールにて972万円で落札。ここ2週の坂路での時計、動きは良好。ともに馬ナリでマークした時計で最後までバテない加速ラップになっている。母は4戦0勝。本馬は10番仔。半兄オーロマイスターは2010年のJpn1-マイルChS南部杯の勝ち馬。

 

2・エイシンペガサス 牡2
父・ドリームジャーニー、母・エイシンパンサー、母父・コロナドズクエスト
生産者・高野牧場、(栗)野中賢二、藤岡佑介

・ここ2週はCWで追われ、最終追いの内容は全体タイムも良くなっており、ラスト1F12秒台前半でまずまず。母は39戦4勝で2007年のG3-ファンタジーSで3着。本馬は2番仔。

 

3・フォルツァエフ 牡2
父・Pioneerof the Nile、母・Painted Woman、母父・Forest Wildcat
生産者・Jim R. Wells & Janie Wells、(栗)森秀行、川又賢治

6/28(水)半マイル53.1-38.5-25.2-12.4。ラップタイム14.6-13.3-12.812.4
6/25(日)半マイル55.0-39.8-26.1-12.8。ラップタイム15.2-13.7-13.3-12.8
6/14(水)半マイル51.2-37.1-24.7-12.7。ラップタイム14.1-12.412.012.7

・坂路ではとにかくよく動いている印象。6/14時点で既に半マイル51.2を叩き出しており、仕上がりに不安はなさそう。母はアメリカ、カナダで12戦2勝。父は米3冠馬のアメリカンファラオを輩出した馬だが、日本でも産駒のレヴァンテライオンが2016年のG3-函館2歳Sを勝っている実績がある。

 

4・ブルベアハーブ 牡2
父・ゴールドアリュール、母・ヴィヴィッドエンジェル、母父・Septieme Ciel
生産者・グッドラックファーム、(栗)橋田満、福永祐一

・2016年の北海道サマーセールにて540万円で落札。今週の最終追いはCWで6Fからの追い切りとなり、まずまずの動き。母は1997年のG1-オークリーフS(USAダ8.0F)の勝ち馬。本馬は6番仔。

 

5・モスアゲート 牝2
父・タートルボウル、母・ペプチドネオパレス、母父・ネオユニヴァース
生産者・杵臼牧場、(栗)森田直行、和田竜二

6/28(水)半マイル56.2-41.2-26.3-12.7。ラップタイム15.0-14.9-13.6-12.7
6/21(水)半マイル55.9-41.4-27.2-13.7。ラップタイム14.5-14.2-13.5-13.7。

・2016年の北海道サマーセールにて205.2万円で落札。坂路での時計、動きは目を引くものではない印象。母は1戦0勝。本馬は2番仔。

 

6・ベイブリッジ 牡2
父・エイシンフラッシュ、母・マスターコーク、母父・フレンチデピュティ
生産者・三嶋牧場、(栗)橋口慎介、武豊

・今週のCWでの最終追いはタイム、動きとも平凡なもので評価は微妙。母は30戦3勝。本馬は3番仔。母の半弟メイショウカンパクは2012年のG2-京都大賞典の勝ち馬。新種牡馬エイシンフラッシュ産駒

 

7・ノーボーダー 牡2
父・キングズベスト、母・ディトナイト、母父・Forest Wildcat
生産者・藤本ファーム、(栗)清水久詞、戸崎圭太

6/28(水)半マイル53.1-38.9-25.7-13.2。ラップタイム14.2-13.2-12.5-13.2。
6/14(水)半マイル52.5-38.0-24.8-12.4。ラップタイム14.5-13.2-12.412.4

・1週前のCWでの追い切りは一杯に追われたものだが時計は標準的なもの。今週の坂路での最終追いは馬ナリで出したもの。母はアメリカで4戦1勝。本馬は6番仔。

 

8・ブルベアサラダナ 牝2
父・エイシンフラッシュ、母・ラインキャメロン、母父・キングカメハメハ
生産者・高橋修、(栗)坂口正則、大野拓弥

6/28(水)半マイル54.6-40.0-26.9-14.0。ラップタイム14.6-13.1-12.9-14.0。
6/22(木)半マイル57.1-41.5-27.0-13.3。ラップタイム15.6-14.5-13.7-13.3。

・2016年の北海道オータムセールにて324万円で落札。坂路での時計を見る限り、いきなり好勝負出来る感じはしない。母は28戦2勝。本馬は初仔。新種牡馬エイシンフラッシュ産駒

 

9・アトレヴィード 牝2
父・ルーラーシップ、母・クラヴェジーナ、母父・アグネスタキオン
生産者・ノーザンファーム、(栗)森田直行、北村友一

6/28(水)半マイル54.9-39.7-25.8-12.7。ラップタイム15.2-13.9-13.1-12.7
6/21(水)半マイル54.3-39.8-26.4-13.6。ラップタイム14.5-13.4-12.8-13.6。

・1週前はラスト1Fバテてしまったが、今週は追走馬から後れを取る形にはなったが、加速ラップを踏みバテずに登りきっている。母は12戦1勝。本馬は2番仔。祖母ムーンライトダンスは2005年のG3-愛インターナショナルSの勝ち馬。4代母BubinkaはイタリアG3の勝ち馬。

 

10・タイセイプライド 牡2
父・ヨハネスブルグ、母・キャニオンリリー、母父・エルハーブ
生産者・谷川牧場、(栗)西村真幸、デムーロ

6/28(水)半マイル50.6-36.9-25.0-13.2。ラップタイム13.7-11.911.8-13.2。
6/22(木)半マイル52.8-37.6-24.6-12.4。ラップタイム15.2-13.0-12.212.4
6/18(日)半マイル53.3-37.9-25.1-13.2。ラップタイム15.4-12.811.9-13.2。

・2016年のセレクトセールにて1836万円で落札。今週の最終追いはさすがにラストでバテてはいるが、半マイル50.6の快時計。1F12秒を切るラップも複数計時されており、父譲りの早熟性と脚力を誇示。けいこ通りなら本番でも、の期待がかかるのは当然だろう。母は27戦3勝。本馬は8番仔。全姉フクノドリームは2013年のJpn3-エーデルワイス賞の勝ち馬。