7/10(月)、7/11(火)に開催されるセレクトセールが気になる方も多いことと思われるが、その準備の一助になるような材料として新種牡馬のJRA産駒デビュー状況のまとめとサラ総合の2歳リーディングサイアーランキング上位20頭をお届けする。

 

ロードカナロア

1着(トロワゼトワル)*社台ファーム生産馬
1着(ステルヴィオ)*ノーザンファーム生産馬
1着(スズカマンサク)
2着(レッドシャーロット)*ノーザンファーム生産馬
3着(レッドレグナント)*ノーザンファーム生産馬
3着、6着(ステラローザ)*ノーザンファーム生産馬
3着(スピリットワンベル)
4着(イイゾ)
5着(ウインネプチューン)
8着(ペプチドプラム)

・2勝が追加され既に3勝。産駒の内、ノーザンファーム生産馬、社台ファーム生産馬の成績の高さが一目瞭然。ステラローザの2走目以外は全て3着以内。

 

ヘニーヒューズ

1着(オーヴァーライト)
1着(ムスコローソ)*ノーザンファーム生産馬
2着、2着(レピアーウィット)*ノーザンファーム生産馬
2着(キタノナシラ)
3着(マッスルマサムネ)
5着(ハヤブサレジェンド)
5着(テイエムヘニーズ)
7着(コパノマーボー)
8着(シグナ)
9着(バイラ)

・オーヴァーライトが強い勝ち方で1勝追加。産駒の内、ノーザンファーム生産馬の成績の高さはこちらも一目瞭然だが、非ノーザンファーム生産馬の成績も極めて優秀。

 

ノヴェリスト

1着(ヴァイザー)*ノーザンファーム生産馬
2着(ニシノベースマン)
4着(ノーザンクリス)
9着(シゲルジャガイモ)
9着(ヌーベルフォルス)
11着(リーベグランツ)*追分ファーム生産馬
11着(クエントアスール)

・先週デビューの2頭は9着、11着。大敗する馬が目立ってきている点は気がかり。

 

エイシンフラッシュ

1着、6着(コスモイグナーツ)
1着(スワーヴエドワード)*ノーザンファーム生産馬
3着(フォレストガーデン)
3着(ティーカラット)
5着、5着(ランリーナ)
6着(ベイブリッジ)
7着(トーセンアスター)
7着(アクアレーヌ)
8着、5着(モンファロン)
10着(シュガーボーイ)
10着(ブルベアサラダナ)
11着(グラファイト)*社台ファーム生産馬
12着(ナムラタマ)
12着(シゲルコシアブラ)
12着(トゥルータキオン)

・未勝利勝ち1頭でトータル2勝。大敗する馬が非常に多いが、コスモイグナーツの未勝利勝ちは明るい材料。

 

ローズキングダム

1着、3着(スプリングマン)
2着(パリモンマルトル)
3着(カガスター)
7着(ローズマリア)
11着、12着(フォンダンショコラ)
12着(ジュンアンビション)

・先週デビューの2頭は2着、3着。当初は厳しい情勢だったが徐々に盛り返してきている感じ。

 

ハードスパン

1着(キタノユウキ)
4着(クラウンエンジニア)
7着、6着(シゲルアサツキ)
8着(ブルベアコマツナ)

・先週デビューの2頭が1着、4着。ようやく本領発揮といったところか。

 

ストロングリターン

1着(ジェッシージェニー)
6着(アオラニ)
10着(クリノモリゾ)
13着、7着(ルリエフ)

・ジェッシージェニーの産駒初勝利は非常に明るい材料。

 

モンテロッソ

3着、3着(ビリーバー)
8着(ユイノシンドバッド)
9着(シゲルビーツ)
12着(フェリーチェ)

・先週デビューの2頭はともに大敗。初勝利まではもう少し時間がかかりそう。

 

オルフェーヴル

4着(モカチョウサン)
7着(ラブザワールド)
10着(デュークストリート)*社台ファーム生産馬
14着(マイネルミシシッピ)

・先週デビューの3頭は7着、10着、14着。内容や負け方に明るいものが無く、先行きの不透明感が濃い印象。

 

トーセンロレンス
4着(トーセンウインク)

シルポート
8着、11着(レディーブラント)
11着(アイファーアピール)

エスポワールシチー
10着(ノーホームワーク)

スマートロビン
14着(キングスキャット)

 

 

※参考:リーディング上位馬の産駒動向
ディープインパクト

1着(ダノンプレミアム)
1着(ジナンボー)*ノーザンファーム生産馬
1着(ケイアイノーテック)
2着、2着(サトノオンリーワン)*社台コーポレーション白老ファーム生産馬
2着(ラテュロス)*社台コーポレーション白老ファーム生産馬
4着、3着(トーセンアンバー)
6着(ヤマニンヌヌース)
6着(シェラネバダ)*ノーザンファーム生産馬
7着(イベリア)
16着(レッドガーランド)

・先週デビュー馬はゼロ。

 

ダイワメジャー

1着(フロンティア)*社台コーポレーション白老ファーム生産馬
1着(アリア)*社台コーポレーション白老ファーム生産馬
1着(アマルフィコースト)*社台ファーム生産馬
2着(ダンシングチコ)*社台ファーム生産馬
2着、4着(ブショウ)*ノーザンファーム生産馬
2着(セイウンリリシイ)*社台ファーム生産馬
3着(サナコ)
3着、1着(コーディエライト)*ノーザンファーム生産馬
5着(ケワロス)*追分ファーム生産馬
7着(ブルヴェルソン)*社台コーポレーション白老ファーム生産馬
7着(ファーマメント)*社台ファーム生産馬
7着(ジャベルアンドレ)
8着(ビコーズオブユー)
8着(キープシークレット)*ノーザンファーム生産馬
9着、4着(ビッグウェーブ)
9着(セドゥラマジー)
12着(ノーブルメジャー)
15着(ブルベアキヌサヤ)

・既に4勝。社台系の馬が多いのは事実だが定評のある2歳戦の強さを今期も如何なく発揮しているといえる。

 

ヨハネスブルグ

1着(タイセイプライド)
1着(プレトリア)
1着(テンクウ)
2着(ナムラバンザイ)
3着(トーセンクロノス)
4着(ヴーディーズピアス)
4着(アルマユディト)
4着、8着(タガノプレトリア)
5着(コーラルリーフ)
5着(クイーンディアス)
6着、9着(フジワンタイフーン)
10着(シゲルマツタケ)
15着(ミスベル)

・既に3勝。社台系の馬がゼロな中、この成績は極めて優秀。大負けする馬が少なく、デビュー頭数の多さから仕上がりの早さも見てとれ、父の現役時を彷彿とさせる早熟性を産駒にしっかりと伝えている印象。

 

ちなみに本日時点でのサラ総合2歳リーディングサイアーランキングは以下の通り。

1位・ダイワメジャー(19頭出走、4頭勝利)
2位・ヨハネスブルグ(17頭出走、4頭勝利)
3位・ヘニーヒューズ(14頭出走、6頭勝利)
4位・ロードカナロア(10頭出走、3頭勝利)
4位・ディープインパクト(10頭出走、3頭勝利)
6位・ルーラーシップ(15頭出走、1頭勝利)
7位・サウスヴィグラス(25頭出走、11頭勝利)
8位・エイシンフラッシュ(17頭出走、3頭勝利)
9位・シニスターミニスター(18頭出走、3頭勝利)
10位・キンシャサノキセキ(7頭出走、2頭勝利)
11位・ディープブリランテ(11頭出走、3頭勝利)
12位・ハーツクライ(7頭出走、2頭勝利)
13位・アイルハヴアナザー(12頭出走、2頭勝利)
14位・キャプテントゥーレ(5頭出走、2頭勝利)
15位・アドマイヤムーン(7頭出走、2頭勝利)
16位・ストロングリターン(16頭出走、4頭勝利)
17位・スマートファルコン(15頭出走、6頭勝利)
18位・マツリダゴッホ(9頭出走、1頭勝利)
19位・タイムパラドックス(13頭出走、2頭勝利)
20位・ローズキングダム(11頭出走、1頭勝利)