週末のJRA2歳戦は、福島・中京・函館を舞台に新馬戦9鞍、未勝利戦3鞍が組まれた。種牡馬別には、エピファネイアが2勝、ディープインパクト・ダイワメジャー・スクリーンヒーロー・アドマイヤムーン・アサクサキングス・ローレルゲレイロ・ジャスタウェイ・キズナ・リアルインパクト・マジェスティックウォリアーが1勝。

中央・地方合計の2歳世代サイアーランキングは、産駒バブルガムダンサーの門別栄冠賞勝ちもありパイロが引き続き首位をキープ、これを新種牡馬リアルインパクト、上位常連のダイワメジャー・ディープインパクトらが追う展開となっている。

新種牡馬は、エピファネイアが2勝、キズナ・マジェスティックウォリアー・リアルインパクトが1勝を追加し、2歳世代ランキング20位までに7頭が顔を出す異例の事態となっている。別の切り口でみてみると、今年の新種牡馬の勝ち星が既に12勝(下表参照)を数えるのに対し、ジャスタウェイ・ダンカークら昨年の新種牡馬の勝ち星はまだ1勝(ジャスタウェイ)にとどまっている。

現2歳世代リーディングサイアーランキング(JBISデータ:JRA+地方)

※左から現2歳世代、現3歳世代のランキング順位。3歳世代=新となっているのは2歳世代が初年度となる新種牡馬

2歳世代3歳世代種牡馬名代表産駒
1(16)パイロ(USA)ヤマメ
2リアルインパクトインザムービー
3(3)ダイワメジャーグランチェイサー
4(1)ディープインパクトレッドベルジュール
4キズナビアンフェ
6エピファネイアスマートカーリー
7マジェスティックウォリアー(USA)サナチャン
8(10)キンシャサノキセキ(AUS)レッドヴェイパー
9(7)ハーツクライワーケア
10(40)タートルボウル(IRE)タイセイビジョン
11(14)サウスヴィグラス(USA)ジェネティクス
12(9)ヴィクトワールピサパフェムリ
13トゥザワールドチョウライリン
14(2)ロードカナロアエアリーフローラ
15ワールドエースオータムレッド
16カレンブラックヒルアーマーバローズ
17(17)クロフネ(USA)ブンロート
18(136)スズカコーズウェイプリモジョーカー
19(20)スクリーンヒーローウインカーネリアン
20(58)キングズベスト(USA)ビッククインバイオ

TOP50はこちら

週末の2歳戦(JRA)勝ち馬プロフィール

馬名レース名種牡馬生産者コース
ゼンノジャスタ新馬ジャスタウェイ川島牧場中京芝1400
ヤマニンエルモサ新馬・牝エピファネイア錦岡牧場中京芝1600
ゴッドスター新馬アサクサキングス平山牧場福島芝1200
コンドゥクシオン新馬ダイワメジャー坂東牧場福島芝1800
イーサンティラノ新馬ローレルゲレイロ佐藤静子函館芝1200
スマートカーリー新馬エピファネイア桑田牧場函館芝1200
ヴァンドゥメール新馬マジェスティックウォリアー恵比寿牧場福島ダ1150
エレナアヴァンティ新馬アドマイヤムーン千代田牧場福島芝1200
ラインベック新馬ディープインパクトノーザンファーム中京芝1600
インザムービー未勝利リアルインパクトフジワラフアーム中京芝1400
ビアンフェ未勝利キズナノースヒルズ函館芝1200
ウインカーネリアン未勝利スクリーンヒーローコスモヴューファーム福島芝1800

新種牡馬産駒データ(JRA)

種牡馬平均勝利距離1着-2着-3着-他/全勝率連対率
リアルインパクト1300m(芝3) 3- 3- 4- 4/1421%43%
キズナ1400m(芝3) 3- 2- 2- 9/1619%31%
エピファネイア1400m(芝2) 2- 2- 2- 8/1414%29%
マジェスティックウォリアー1400m(芝1ダ1) 2- 0- 0- 5/ 729%29%
ワールドエース1600m(芝1) 1- 0- 0- 7/ 813%13%
フェノーメノ1600m(芝1) 1- 0- 0- 3/ 425%25%
グランデッツァ未勝利 0- 2- 0- 0/ 20%100%
カレンブラックヒル未勝利 0- 1- 2-10/130%8%
トゥザワールド未勝利 0- 1- 1- 2/ 40%25%
エスケンデレヤ未勝利 0- 0- 1- 8/ 90%0%
スピルバーグ未勝利 0- 0- 0- 5/ 50%0%
ゴールドシップ未勝利 0- 0- 0- 2/ 20%0%