2019/7/4 (木)
川崎11R 第23回スパーキングレディカップ
3歳以上 別定 ダ1600m
馬場状態:不良
1着本賞金 2500万円

出走馬 14頭

馬番馬名性齢斤量所属騎手単オッズ
1マドラスチェック牝 352JRA齋藤新3.7
2サルサディオーネ牝 555JRA岩田康17.2
3ラーゴブルー牝 556川崎御神訓6.5
4ファッショニスタ牝 555JRA川田将2.7
5レガロデルソル牝 455大井森泰斗95.7
6リボンスティック牝 755川崎赤岡修560.3
7ミッシングリンク牝 556浦和左海誠14.1
8ラモントルドール牝 555愛知加藤聡570.5
9ローレライ牝 555大井本田重310.1
10フラワーオアシス牝 655浦和和田譲472.0
11ゴールドクイーン牝 456JRA古川吉3.7
12オルキスリアン牝 655船橋繁田健215.2
13アッキー牝 655川崎笹川翼225.1
14マルカンセンサー牝 455大井的場文24.9

レース結果

着順馬番馬名タイム/着差種牡馬生産者
1(4)ファッショニスタ1.40.6ストリートセンスダーレー・ジャパン・ファーム
2(2)サルサディオーネ4ゴールドアリュール荒谷牧場
3(9)ローレライ6ゴールドアリュールノースヒルズ

LAP:12.6-10.6-12.6-13.3-11.7-12.8-13.3-13.7
上がり:4F 51.5 3F 39.8

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

ファッショニスタ:重賞初勝利

ストリートセンス
(2004)
Street Cry┌Machiavellian(Mr. Prospector)
└Helen Street(Troy)
Bedazzle┌Dixieland Band(Northern Dancer)
└Majestic Legend(His Majesty)
アクアリスト
(2003)
コロナドズクエスト┌フォーティナイナー(Mr. Prospector)
└Laughing Look(Damascus)
Oyster Catcher┌Bluebird(Storm Bird)
└Brigid(Irish River)

通算成績:16戦6勝
これまでの主な戦績:2018JBCレディスクラシック・JPNⅠ3着(京都ダ1800)

父:ストリートセンス

ストリートセンスは2004年米国産。通算13戦6勝、米ダG1を3勝(ケンタッキーダービー、BCジュヴェナイル、トラヴァースS)。2013年の単年契約で国内供用され、95頭の生産頭数があった(現5歳世代)。JRAでの勝ち上がり率は30%と平均的な水準だが、ここまでファッショニスタを含め3頭がオープン入りしている(他にサヴィ、サトノプライム)。2018年の米国サイアーランキングは24位で、今年の種付料は5万$。これが日本での産駒初重賞制覇となる。

2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

14 ディープインパクト
7 ステイゴールド
5 キングカメハメハ, マンハッタンカフェ, ルーラーシップ
4 ロードカナロア
3 ハーツクライ, ハービンジャー
2 ヴィクトワールピサ, キンシャサノキセキ, クロフネ,ケイムホーム, ゴールドアリュール, シニスターミニスター, ヘニーヒューズ, メイショウサムソン
1 アイルハヴアナザー, ヴァーミリアン, オルフェーヴル, カネヒキリ, キングヘイロー, ケープブランコ, サクラオリオン, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, ストリートセンス, スパイキュール, ゼンノロブロイ, ダイワメジャー, ダノンシャンティ, ノヴェリスト, パイロ, バゴ, ロージズインメイ, Fastnet Rock, Le Havre, Raven’s Pass, Scat Daddy, Speightstown, Spring At Last

母:アクアリスト

アクアリストは英国産で未出走。その母Oyster Catcherは愛G1モイグレアスタッドSの勝馬Sequoyah、英G1フィリーズマイルの勝馬リッスン(日本で繁殖入りし、ローズSの勝馬タッチングスピーチを輩出)の半姉にあたる。

ファッショニスタは6番仔。3番仔スピリットレイクは2勝、4番仔スモーダリングは3勝。現2歳の9番仔にパイロの牝駒がいる。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔 10
2番仔 16
3番仔 10
4番仔 13
5番仔 9
6番仔 8
7番仔 7
8番仔 4
9番仔 5
10番仔 2
12番仔 2

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~ 5
5000万~9999万 14
3000万~4999万 10
2000万~2999万 14
1000万~1999万 6
~999万 3
不明 34

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち 10
重賞勝ち 9
4勝以上 15
3勝 16
2勝 6
1勝 9
未勝利・未出走 21

母父:コロナドズクエスト

コロナドズクエストは1995年米国産。通算成績17戦10勝、米ダG1を2勝(トラヴァースS、ハスケル招待)。代表産駒にセレスハント(北海道スプリントCなど)。母父としての活躍馬に、ローズジュレップ(兵庫ジュニアGP)、アメリカズカップ(きさらぎ賞)がいる。2019年の重賞は初勝利。

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

7 サンデーサイレンス
4 Storm Cat
3 キングカメハメハ, クロフネ, スペシャルウィーク
2 アグネスタキオン, アドマイヤコジーン, サクラバクシンオー, ディープインパクト, デュランダル, フレンチデピュティ, マンハッタンカフェ, Alzao, Deputy Minister, Intikhab, Northern Afleet, Singspiel, Tapit,
1 アジュディケーティング, アラムシャー, ウォーエンブレム, エルコンドルパサー, コマンダーインチーフ, コロナドズクエスト, ゴールドアリュール, ゴールドヘイロー, サクラプレジデント, タイキシャトル, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, ダンスインザダーク, ハーツクライ, ハードスパン, フジキセキ, ボストンハーバー, ホワイトマズル, マイネルラヴ, マリエンバード, ロックオブジブラルタル, ワイルドラッシュ, American Post, Belong to Me, Caerleon, Dansili, Dalakhani, Essence of Dubai, Gilded Time, Green Tune, Halling, Kendargent, Lemon Drop Kid, Librettist, Lion Heart, Medicean, Mtoto, Not For Sale, Souvenir Copy

生産:ダーレー・ジャパン・ファーム

ダーレー・ジャパン・ファームは2019年の重賞2勝目。

タワーオブロンドン 牡4 19京王杯SC G2 東京 芝1400 Raven’s Pass
ファッショニスタ 牝5 19スパーキングLC J3 川崎 ダ1600 ストリートセンス

2019:生産者別重賞勝ち数

34 ノーザンファーム
6 社台ファーム
3 ケイアイファーム, コスモヴューファーム, フジワラフアーム, 三嶋牧場
2 岡田スタッド, ダーレー・ジャパン・ファーム, 飛野牧場, 山下恭茂
1 磯野牧場, 浦河土肥牧場, 追分ファーム, 金成吉田牧場, 高昭牧場, 下屋敷牧場, 社台コーポレーション白老ファーム, スカイビーチステーブル, 谷岡スタット, タニグチ牧場, タバタファーム, 千代田牧場, 辻牧場, 土居牧場, 日進牧場, 服部牧場, 林孝輝, 廣田伉助, 広中稔, ベルモントファーム, 吉田ファーム, レイクヴィラファーム

他に外国産 4 (米3、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら