2歳新馬・函館ダ1000
1着賞金700万円

2歳牝馬
父:フリオーソ
母:ロメラ
母父:サクラバクシンオー
生産牧場:岡田牧場
厩舎:(栗)佐藤正雄
騎手:城戸義政

先行した3頭がそのまま直線に向いても、先団におり、そのまま追い比べになり、外から差し伸びたガウラミディが、ハナ差で真ん中のシンデレラマキを交わし1着。勝ち時計1:01:9。推定上り36.5。

 

父:フリオーソ産駒は今年のJRA新馬初勝利。現2歳はセカンドクロップになるが、ここまでの産駒成績、種付頭数をまとめると以下のようになる。例年100頭以上の種付頭数を誇り、大人気。

2013年種付頭数136頭・血統登録頭数89頭・出走頭数81頭・勝馬頭数53頭
2014年種付頭数131頭・血統登録頭数79頭・出走頭数21頭・勝馬頭数6頭
2015年種付頭数113頭・血統登録頭数54頭
2016年種付頭数107頭

 

牝系:母は5戦0勝。本馬は5番仔。祖母の半兄マイネルヤマトはG3-京成杯で2着、半兄ナムラコクオーは1994年のG2-NHK杯、1993年のG3-ラジオたんぱ杯3歳S、1994年のG3-シンザン記念、1996年のG3-プロキオンSの勝ち馬。祖母の半妹ナムラシゲコはナムラビクター(2014年のG3-アンタレスSの勝ち馬)を輩出。

 

母父:サクラバクシンオーの近5年のサラ総合ブルードメアサイアーランキングは12→15→9→5→11位(現時点)。BMSとして輩出した代表産駒はキタサンブラックになるが、2歳戦で活躍した産駒としてはモンドキャンノ、ブランボヌールが代表産駒になる。

 モンドキャンノ(父・キンシャサノキセキ)*現役
 1着:2016京王杯2歳S(G2) 東京芝1400
 2着:2016朝日杯フューチュリティS(G1) 阪神芝1600
 2着:2016函館2歳S(G3) 函館芝1200
 ブランボヌール(父・ディープインパクト)*現役
 1着:2016キーンランドC(G3) 札幌芝1200
 1着:2015函館2歳S(G3) 函館芝1200
 3着:2015阪神ジュヴェナイルフィリーズ(G1) 阪神芝1600
 3着:2015ファンタジーS(G3) 京都芝1400

 

クロス:Nashua:S5×S5、Northern Dancer:S5×M5×M5、Lady Victoria:M5×M5。Lady Victoriaの牝馬クロスはノーザンテーストとサドンソー(ノーザンテーストの全弟)が4代目に入っていることによる。

 

生産牧場:岡田牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 ヤマカツエース(父・キングカメハメハ、母・ヤマカツマリリン by グラスワンダー)*現役
 1着:2017金鯱賞(G2) 中京芝2000
 1着:2016金鯱賞(G2) 中京芝2000
 1着:2015ニュージーランドT(G2) 中山芝1600
 1着:2016中山金杯(G3) 中山芝2000
 1着:2015福島記念(G3) 福島芝2000
 サンドピアリス(父・ハイセイコー、母・イエンライト by イエラパ)
 1着:1989エリザベス女王杯(G1) 京都芝2400
 リキアイタイカン(父・アフリート、母・ノーノーネヴアー by Nijinsky)
 1着:2001CBC賞(G2) 中京芝1200