米ニューヨーク州・サラトガ競馬場で行われたウッドワードS(G1)、米カリフォルニア州・デルマー競馬場で行われた2歳牝馬限定のデルマーデビュータントS(G1)のレース結果と動画を速報でお届けする。

Woodward Stakes presented by NYRA Bets(G1・ダ1m1f・3歳以上・サラトガ競馬場)

・1954年創設。前年に亡くなったWilliam Woodward Sr.を記念して命名。氏はジョッキークラブ会長として、ジャージー規則(先祖の全てがジェネラルスタッドブックに収録されている馬に遡れなければサラブレッドとして認めないという規則。アメリカのサラブレッドは当時、南北戦争などで血統書が失われた馬などがおり、この規則によりサラブレッドとして認められていなかった)の撤廃に尽力した人物。

1着:Preservationist

牡6、父・Arch、母・Flying Dixie、母父・Dixieland Band
調教師:James Jerkens、騎手:Junior Alvarado

・道中3番手のインを追走していたPreservationistが、内にこだわる競馬を見せ、直線で先に抜け出したBal Harbour目がけて差し脚を伸ばし、差し切り勝ち。昨年の勝ち馬・Yoshidaは後方追走から大外を伸びるも3着。

・今回の勝利で通算10戦6勝、G1初勝利、重賞2勝目。3歳6月にデビューし2着→2戦目は1年半後の4歳12月で3着→初勝利は5歳1月の3戦目。次走の4戦目(5歳2月)で2勝目を上げるも、ここから11カ月の休養に入り、使い込めるようになったのは今年(6歳)になってから、という馬。今年は3→1→1着とし、初の重賞出走だったG2-サバーバンS(ダ10f)を勝利。続く前走G1-ホイットニーS(ダ9f)ではMcKinzieから7馬身3/4差の4着と敗れるも、今回初のG1制覇。

 1着:[2019/08/31]ウッドワードS(G1・ダ9f・サラトガ)
 1着:[2019/07/06]サバーバンS(G2・ダ10f・ベルモントパーク)

・父のArchは1995年米国産のKris S産駒で既に2016年に21歳で亡くなっている。現役時は7戦5勝、G1-スーパーダービー(ダ10f)、G3-ファイエットS(ダ9.5f)の勝ち馬。主な産駒にBCクラシック、スティーヴンフォスターH、ホイットニーHなど重賞6勝のBlame

・母のFlying Dixieは10戦4勝。叔父のSoaring Empire、叔母のHungry Islandはいずれも米重賞勝ち馬。母の従弟・Verrazanoはハスケル招待S、ウッドメモリアルSの2つのG1を含む重賞4勝。曽祖母のChic ShirineはG1-アッシュランドSの勝ち馬、4代母のToo ChicはG1-マスケットSの勝ち馬。

2着:Bal Harbour(半馬身差)

せん4、父・First Samurai、母・Casino Transaction、母父・Carson City
調教師:Todd Pletcher、騎手:Javier Castellano

3着:Yoshida(勝ち馬との着差:1馬身差)

牡5、父・ハーツクライ、母・ヒルダズパッション、母父・Canadian Frontier
調教師:William Mott、騎手:Joel Rosario

※レーシングポストのFULL result

https://www.racingpost.com/results/445/saratoga/2019-08-31/739217

Del Mar Debutante Stakes(G1・ダ7f・2歳牝馬・デルマー競馬場)

・1951年創設の2歳牝馬限定G1。2007年から2014年まではAWにて施行。BCジュヴェナイルフィリーズのプレップレースで、近年では2015年のSongbird、2008年のスターダムバウンド(ノーザンファーム繋養中)がここを勝ってBCジュヴェナイルフィリーズを制している。

1着:Bast

牝2、父・Uncle Mo、母・Laffina、母父・Arch
調教師:Bob Baffert、騎手:Drayden Van Dyke

・好発を決めたBastは先に行く馬を行かせて道中は4番手を追走。3角過ぎから外をまくり上げ、直線入口で先頭に立つと、あとは後続を突き離す一方の圧勝劇。

・今回の勝利で通算2戦1勝。8/11のデルマーでのデビュー戦(ダ5.5f)では今回2着だったInspiressaを捕まえきれずに2着と敗れていたが、初勝利をG1であげている。

 1着:[2019/08/31]デルマーデビュータントS(G1・ダ7f・デルマー)

・父のUncle Moは2008年米国産のIndian Charlie産駒。現役時はBCジュヴェナイル、シャンペンSの2つの2歳G1を含む重賞3勝、2010年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬。主な産駒にケンタッキーダービー、BCジュヴェナイル、フロリダダービー、フロントランナーS、デルマーフューチュリティの5つのG1を含む重賞7勝のNyquist

・父のUncle Moの母父がArchで、本馬の母父もArch。Archのかなり濃いインブリードを持つ点が特徴的な血統構成

・母のLaffinaは4戦未勝利。従姉のFaultはG1-サンタマルガリータSなど重賞4勝。

2着:Inspiressa

牝2、父・The Big Beast、母・Lucky Trip、母父・Trippi
調教師:John W Sadler、騎手:Victor Espinoza

3着:Comical

牝2、父・Into Mischief、母・Kayce Ace、母父・Tiznow
調教師:Doug O’Neill、騎手:Norberto Arroyo Jr

※EQUIBASEのCharts

http://www.equibase.com/premium/chartEmb.cfm?track=DMR&raceDate=08/31/2019&cy=USA&rn=9