ブラックタイド産駒が戸崎を鞍上に迎え、有力視されそうだが、新種牡馬エイシンフラッシュ産駒や、2歳戦好調のキンシャサノキセキ産駒、パイロ産駒なども首位圏内か。ステイゴールド産駒も仕上がりは良さそう。

 

1・シゲルソラマメ 牡2
父・キングズベスト、母・レジュイール、母父・トニービン
生産者・新井昭二、(美)粕谷昌央、吉田豊

・南Wで2週連続一杯に追われる。1週前は6Fからの攻め馬だったが、ラスト1F15秒台と終いがバタバタになってしまう。今週は4Fから乗られ、まずまずの時計。

・2017年の北海道トレーニングセールにて777.6万円で落札。母はノーザンファームの生産馬で未出走。本馬は7番仔。母の半兄デモリションマンはJG3-新潟ジャンプSの勝ち馬。祖母の全姉ダイナシュガーは重賞入着2回で、直仔のムッシュシェクル、シクレノンシェリフはともに重賞勝ち馬。

 

2・イサチルルンルン 牝2
父・パイロ、母・テンセイフジ、母父・ハウスバスター
生産者・小葉松幸雄、(美)竹内正洋、津村明秀

7/12(水)半マイル53.6-39.0-25.6-13.0。ラップタイム14.6-13.4-12.6-13.0。

・1週前は南Wで5Fから一杯に追われ、まずまずの動き。今週は坂路で馬ナリで乗られ、併走馬を追いかけて同入し、悪くない内容。

・母は南関東で29戦5勝、2005年のG3-関東オークスの勝ち馬で、同年のG3-スパーキングレディーCで3着。2006年のG3-TCK女王盃で3着。本馬は6番仔。

 

3・コトブキ 牝2
父・エイシンフラッシュ、母・コロナガール、母父・コロナドズクエスト
生産者・信岡牧場、(美)佐藤吉勝、田中勝春

7/12(水)半マイル54.5-39.7-25.5-12.5。ラップタイム14.8-14.2-13.0-12.5
7/6(木)半マイル53.4-38.4-25.3-13.1。ラップタイム15.0-13.1-12.2-13.1。

・1週前の時計は同日の美浦坂路2歳最速タイム。今週は馬ナリだったため、先週よりはタイムは遅いが、併走馬を追走し同入。仕上がりの良さが目立つ。

・母は14戦1勝。本馬は5番仔。祖母の半弟タガノフォーティは2002年のG3-エルムSにて3着。他にペルセウスS、オアシスS、仁川S、伏竜Sとダートのオープン特別を4勝。

 

4・ムーンライズ 牝2
父・アドマイヤムーン、母・セントフロンティア、母父・Danehill
生産者・白井牧場、(美)田村康仁、内田博幸

・2週連続、南Wで一杯に追われる。1週前は5Fから乗られ、ラスト1Fが13秒台後半なのを除けばまずまず。今週は6Fから追われ、かなりいいペースで時計を刻んだが、ラスト1F14秒台と終いバテてしまう。

・母は23戦7勝。本馬は6番仔。4代母GlancingはG3-アランベール賞の勝ち馬。

 

5・オジョーノキセキ 牝2
父・キンシャサノキセキ、母・キャプテンガール、母父・キャプテンスティーヴ
生産者・シンボリ牧場、(美)伊藤大士、北村宏司

7/12(水)半マイル55.6-41.2-27.2-13.1。ラップタイム14.4-14.0-14.1-13.1。

・1週前は南Wで4Fから馬ナリで乗られ、ラスト1F12秒台半ばの好時計。全体時計も水準級。今週の坂路は馬ナリで軽めを乗られる。

・2017年の千葉サラブレッドセールにて1080万円で落札。母は南関東で5戦1勝。本馬は初仔。祖母の半姉モガミヒメの孫にローレルゲレイロ(2009年のJRA賞最優秀短距離馬、G1-高松宮記念、G1-スプリンターズSなど重賞4勝)。

 

6・トップギア 牡2
父・バトルプラン、母・ステラーホープ、母父・グラスワンダー
生産者・日進牧場、(美)小桧山悟、武士沢友

・2週連続、南Wで5Fから追われる。1週前は馬ナリだったため、時計は目立たないもの。今週は一杯に追われたが、ラスト1F13秒台後半で、終いバテた感あり。

・母は37戦2勝。本馬は3番仔。

 

7・チャスカ 牝2
父・トビーズコーナー、母・インティワタナ、母父・フサイチコンコルド
生産者・ミルファーム、(美)大和田成、嘉藤貴行

・2週連続、坂路で一杯に追われているが、時計に見るべきものは全くない。

・母は7戦1勝。本馬は初仔。母の半兄スナークスペインはJG3-東京ジャンプSで2着。

 

8・マドモアゼル 牝2
父・ブラックタイド、母・ポールポジション2、母父・Pivotal
生産者・三嶋牧場、(美)斎藤誠、戸崎圭太

・1週前は南Wで5Fから直線一杯に追われ、ラスト1F12秒台後半の好内容。今週は4Fから南Wで馬ナリ調整となり、ラスト1F12秒台半ばを計時。いずれも併走馬に大きく先着し、時計も内容も良く、期待出来そうな調整過程。

・本馬は5番仔。半兄サイモンザーレはG3-小倉2歳Sで2着。祖母Danehurstは英愛仏伊で重賞4勝。G1-ゴールデンジュビリーSで2着、G1-ジュライCで3着。

 

9・フレンドアリス 牝2
父・バトルプラン、母・タツキセキ、母父・フジキセキ
生産者・猿橋義昭、(美)南田美知、柴田善臣

・1週前は馬ナリで南Wにて5Fから乗られる。今週は同じく南Wで5Fから一杯に追われ、水準級の時計をマーク。

・母は17戦2勝。本馬は3番仔。母の半兄トーホウレーサーはG2-ニュージーランドTの勝ち馬。

 

10・マイネルカルム 牡2
父・ステイゴールド、母・クールベット、母父・キングヘイロー
生産者・ビッグレッドファーム、(美)田島俊明、柴田大知

・1週前は南Wで5Fから一杯に追われ、併走馬を追走し先着する好内容。今週も南Wで5Fから馬ナリで乗られ、併走馬を追走し先着。時計も標準級で内容も良く、新馬戦に定評のある「マイネル」だけに注目の存在となる。

・募集価格1800万円。母は19戦2勝。本馬は7番仔。祖母の半姉ハギノトップレディは桜花賞、エリザベス女王杯の勝ち馬で、母としてダイイチルビー(G1-安田記念、G1-スプリンターズSなど重賞4勝)を輩出。

 

11・マイネルフィリップ 牡2
父・サクラプレジデント、母・ヒメチャン、母父・サニーブライアン
生産者・一珍棒牧場、(美)萱野浩二、石橋脩

・1週前は南Wで5Fから一杯に追われるも、ラスト1F13秒台半ばと終いに課題を見せる。今週も南Wで5Fから馬ナリで乗られ、内容面では若干改善。ただ、併走馬に遅れを取ってしまう。

・募集価格1300万円。2016年の北海道サマーセールにて194.4万円で落札。母は未出走。本馬は10番仔。母の半兄ノーザンカピタンはG3-新潟3歳Sで2着、G3-函館3歳Sで3着。