菊花賞・GⅠ レース結果と勝ち馬プロフィール

2019/10/20(日)
京都11R 第80回菊花賞・GⅠ
馬齢 芝3000m
馬場状態:良
1着本賞金 12000万円

出走馬 18頭

馬番馬名性齢騎手斤量調教師単オッズ
1 ザダル牡3石橋脩57 大竹正博14.9
2 ニシノデイジー牡3ルメール57 高木登6.0
3 カリボール牡3藤井勘一57 須貝尚介52.4
4 ユニコーンライオン牡3岩田康誠57 矢作芳人53.0
5 ワールドプレミア牡3武豊57 友道康夫6.5
6 ディバインフォース牡3横山典弘57 寺島良164.8
7 ヒシゲッコウ牡3スミヨン57 堀宣行9.6
8 メロディーレーン牝3坂井瑠星55 森田直行65.7
9 ヴァンケドミンゴ牡3藤岡佑介57 藤岡健一187.5
10 カウディーリョ牡3M.デム57 堀宣行68.0
11 シフルマン牡3松山弘平57 中尾秀正71.3
12 レッドジェニアル牡3酒井学57 高橋義忠15.0
13 ヴェロックス牡3川田将雅57 中内田充2.2
14 サトノルークス牡3福永祐一57 池江泰寿24.7
15 ホウオウサーベル牡3蛯名正義57 奥村武10.5
16 ナイママ牡3柴田大知57 武藤善則274.0
17 タガノディアマンテ牡3田辺裕信57 鮫島一歩59.9
18 メイショウテンゲン牡3池添謙一57 池添兼雄117.2

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(5)ワールドプレミア3.06.0差しディープインパクトノーザンファーム
2(14)サトノルークス3.06.0差しディープインパクトノーザンファーム
3(13)ヴェロックス3.06.2先行ジャスタウェイノーザンファーム

LAP:12.9-12.4-12.3-12.6-12.2-12.2-12.7-12.7-12.5-12.8-12.5-12.0-12.0-11.8-12.4
上がり:4F 48.2 3F 36.2

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

ワールドプレミア:重賞初勝利

ディープインパクト
(2002)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
ウインドインハーヘア┌Alzao(Lyphard)
└Burghclere(Busted)
マンデラ
(2000)
Acatenango┌Surumu(Literat)
└Aggravate(Aggressor)
Mandellicht┌Be My Guest(Northern Dancer)
└Mandelauge(Elektrant)

通算成績:6戦3勝
これまでの主な戦績:
・2019神戸新聞杯・GⅡ 3着(阪神芝2400)

父:ディープインパクト

ディープインパクトは2002年生まれ。通算14戦12勝、GⅠ6勝(ダービー、ジャパンCなど)。種牡馬として2012年から7年連続でリーディングサイアーランキング首位に君臨している。2019年7月死亡(今年の種付頭数は24頭と発表された)。2019年の重賞19勝目。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
ワールドプレミア牡319菊花賞G1京都芝3000Acatenango
ダノンキングリー牡319毎日王冠G2東京芝1800Storm Cat
ダノンファンタジー牝319ローズSG2阪神芝1800Not For Sale
ミッキーグローリー牡619関屋記念G3新潟芝1600ホワイトマズル
ミッキーチャーム牝419クイーンSG3札幌芝1800Dansili
ロジャーバローズ牡319東京優駿G1東京芝2400Librettist
ラヴズオンリーユー牝319優駿牝馬G1東京芝2400Storm Cat
フィエールマン牡419天皇賞春G1京都芝3200Green Tune
ダノンプレミアム牡419マイラーズCG2京都芝1600Intikhab
グランアレグリア牝319桜花賞G1阪神芝1600Tapit
ミッキーチャーム牝419阪神牝馬SG2阪神芝1600Dansili
アルアイン牡519大阪杯G1阪神芝2000Essense of Dubai
コントラチェック牝319フラワーCG3中山芝1800Halling
ダノンプレミアム牡419金鯱賞G2中京芝2000Intikhab
メイショウテンゲン牡319弥生賞G2中山芝2000フレンチデピュティ
ダノンファンタジー牝319チューリップ賞G2阪神芝1600Not For Sale
ダノンキングリー牡319共同通信杯G3東京芝1800Storm Cat
ダノンチェイサー牡319きさらぎ賞G3京都芝1800ロックオブジブラルタル
グローリーヴェイズ牡419日経新春杯HG2京都芝2400スウェプトオーヴァーボード
2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

19 ディープインパクト
8 ステイゴールド、ルーラーシップ、ロードカナロア
7 キングカメハメハ, ハーツクライ
6 ハービンジャー
5 ゴールドアリュール, マンハッタンカフェ
4 シニスターミニスター
3 ヴィクトワールピサ, ゼンノロブロイ, Raven’s Pass
2 ヴァーミリアン, キングヘイロー, キンシャサノキセキ, クロフネ,ケイムホーム, タートルボウル, バゴ, ヘニーヒューズ, メイショウサムソン, Spring At Last
1 アイルハヴアナザー, アドマイヤオーラ, エンパイアメーカー, オルフェーヴル, カネヒキリ, キズナ, ケープブランコ, ゴールドシップ, サクラオリオン, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, スクリーンヒーロー, ストリートセンス, スパイキュール, ダイワメジャー, ダノンシャンティ, トーセンホマレボシ, ノヴェリスト, パイロ, バトルプラン, ロージズインメイ, Fastnet Rock, Le Havre, Scat Daddy, Speightstown

母:マンデラ

マンデラはドイツ産。米独仏で走り3勝、ドイツオークス3着。マンデラの半弟にジャックルマロワ賞などG1を3勝したManduroがいる。

ワールドプレミアは8番仔で、セレクトセール当歳で2億5920万円の値をつけた。3番仔の全兄ワールドエースはマイラーズCなど重賞2勝、7番仔マンハイム(牝、父ダイワメジャー)は1勝。現2歳の9番仔ヴェルトライゼンデ(牡、父ドリームジャーニー)は9月の新馬戦を勝利している。その次は一つ空き、当歳にロードカナロアの牝駒がいる。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔 16
2番仔 29
3番仔 13
4番仔 21
5番仔 13
6番仔 12
7番仔 10
8番仔 6
9番仔 7
10番仔 2
11番仔 1
12番仔 2

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~ 7
5000万~9999万 23
3000万~4999万 12
2000万~2999万 21
1000万~1999万 11
~999万 5
不明 53

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち 14
重賞勝ち 12
4勝以上 19
3勝 24
2勝 14
1勝 20
未勝利・未出走 29

母父:Acatenango

Acatenangoは1982年ドイツ産。ドイツ国内でドイツダービーなどG1を5勝、ドイツ外ではフランスでG1・サンクルー大賞典を勝利している。父系はAlchmist→Dark Ronaldらを遡る希少なHampton系。代表産駒にジャパンCを勝ったLando、独バーデン大賞の勝馬Quijanoなど。母父としては日本導入の決まったAnimal Kingdom、紫苑Sの勝馬ビッシュらを輩出。

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

10 サンデーサイレンス
8 クロフネ
7 キングカメハメハ
5 サクラバクシンオー, スペシャルウィーク, Storm Cat
3 エルコンドルパサー, ダンスインザダーク, Dalakhani
2
アグネスタキオン, アドマイヤコジーン, ウォーエンブレム, コロナドズクエスト, ゴールドヘイロー, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, ディープインパクト, デュランダル, ハーツクライ, ハードスパン, フジキセキ, フレンチデピュティ, ホワイトマズル, マンハッタンカフェ, Alzao, Dansili, Deputy Minister, Intikhab, Mtoto, Northern Afleet, Not For Sale, Singspiel, Tapit,
1 アジュディケーティング, アラムシャー, アンバーシャダイ, キングヘイロー, コマンダーインチーフ, ゴールドアリュール, サクラプレジデント, サンダーガルチ, タイキシャトル, スウェプトオーヴァーボード, ステイゴールド, フォーティナイナー, ボストンハーバー, マイネルラヴ, マリエンバード, ロックオブジブラルタル, ロージズインメイ, ワイルドラッシュ, Acatenango, American Post, Belong to Me, Caerleon, Essence of Dubai, Gilded Time, Green Tune, Halling, Kendargent, Kingmambo, Lemon Drop Kid, Librettist, Lion Heart, Lomitas, Medicean, Shamardal, Souvenir Copy

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2019年の重賞53勝目。菊花賞は昨年のフィエールマンに続き2年連続の勝利。

2019:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

53 ノーザンファーム
8 社台ファーム
5 ケイアイファーム, ダーレー・ジャパン・ファーム, 三嶋牧場
3 岡田スタッド, コスモヴューファーム, 服部牧場, フジワラフアーム
2 飛野牧場, ノースヒルズ, 廣田伉助, 山下恭茂
1 磯野牧場, 猪野毛牧場, 浦河土肥牧場, 追分ファーム, 片岡博, 杵臼牧場, 金成吉田牧場, 高昭牧場, 下屋敷牧場, 社台コーポレーション白老ファーム, 城地清満, スカイビーチステーブル, 須崎牧場, 谷岡スタット, タニグチ牧場, タバタファーム, 千代田牧場, 築紫洋, 辻牧場, 対馬正, 土居牧場, 日進牧場, 林孝輝, 広中稔, ベルモントファーム, 豊洋牧場, 横井哲, 吉田ファーム, ビッグレッドファーム, ヤナガワ牧場, レイクヴィラファーム

他に外国産馬が 5勝 (米4、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら