スワンS・GⅡ レース結果と勝ち馬プロフィール

2019/10/26(土)
京都11R 第62回スワンS・GⅡ
別定 芝1400m
馬場状態:稍
1着本賞金 5900万円

出走馬 18頭

馬番馬名性齢騎手斤量調教師単オッズ
1 ロードクエスト牡6シュタル57 小島茂之27.7
2 ノーワン牝3松山弘平52 笹田和秀14.9
3 マルターズアポジー牡7松若風馬56 堀井雅広92.4
4 カルヴァリオセ6黛弘人56 大竹正博165.7
5 キングハート牡6菱田裕二56 星野忍337.7
6 アマルフィコースト牝4坂井瑠星54 牧田和弥12.3
7 グァンチャーレ牡7松岡正海56 北出成人6.0
8 マイスタイル牡5田中勝春56 昆貢12.3
9 トゥザクラウン牡5福永祐一56 池江泰寿20.0
10 モズアスコット牡5岩田康誠57 矢作芳人4.4
11 イエローマリンバ牝4北村友一54 河内洋76.3
12 ムーンクエイクセ6藤岡佑介56 藤沢和雄65.6
13 キャナルストリート牝5浜中俊54 大竹正博31.9
14 タイムトリップ牡5藤岡康太56 菊川正達144.7
15 スマートオーディン牡6武豊56 池江泰寿12.9
16 モーニン牡7和田竜二57 石坂正130.7
17 ダイアトニック牡4スミヨン56 安田隆行2.9
18 セイウンコウセイ牡6幸英明57 上原博之32.4

レース結果

着順馬番馬名タイム決め手種牡馬生産者
1(17)ダイアトニック1.21.3差しロードカナロア酒井牧場
2(10)モズアスコット1.21.3差しFrankel                             (米)
3(8)マイスタイル1.21.3差しハーツクライ猪野毛牧場

LAP:12.1-10.8-11.7-11.7-11.5-11.7-11.8
上がり:4F 46.7 3F 35.0

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

ダイアトニック:重賞初勝利

ロードカナロア
(2008)
キングカメハメハ┌Kingmambo(Mr. Prospector)
└マンファス(ラストタイクーン)
レディブラッサム┌Storm Cat(Storm Bird)
└サラトガデュー(Cormorant)
トゥハーモニー
(2000)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Wishing Well(Understanding)
エアレジェーロ┌アレミロード(Tom Rolfe)
└アルパインスウィフト(Storm Bird)

通算成績:11戦6勝
これまでの主な戦績:
・2019安土城H(L) 1着(京都芝1400)

父:ロードカナロア

ロードカナロアは2008年生まれ。通算19戦13勝、GⅠ6勝(安田記念など)。代表産駒にアーモンドアイ(ジャパンCなど)、ステルヴィオ(マイルChS)、サートゥルナーリア(皐月賞など)らがいる。2018年のリーディングサイアーランキング第7位。2019年の重賞9勝目は、現存の種牡馬としてはルーラーシップ、ハーツクライらを抑えトップの数字。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
ダイアトニック牡419スワンSG2京都芝1400サンデーサイレンス
サートゥルナーリア牡319神戸新聞杯G2阪神芝2400スペシャルウィーク
トロワゼトワル牝419京成AHG3中山芝1600ハーツクライ
ダノンスマッシュ牡419キーンランドCG3札幌芝1200Hard Spun
グルーヴィット牡319中京記念HG3中京芝1600スペシャルウィーク
サートゥルナーリア牡319皐月賞G1中山芝2000スペシャルウィーク
イベリス牝319アーリントンCG3阪神芝1600ボストンハーバー
ダノンスマッシュ牡419シルクロードHG3京都芝1200Hard Spun
ヴァルディゼール牡319シンザン記念G3京都芝1600ハーツクライ
2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

19 ディープインパクト
9 ロードカナロア
8 ステイゴールド、ルーラーシップ
7 キングカメハメハ, ハーツクライ
6 ハービンジャー
5 ゴールドアリュール, マンハッタンカフェ
4 シニスターミニスター
3 ヴィクトワールピサ, ゼンノロブロイ, Raven’s Pass
2 ヴァーミリアン, キングヘイロー, キンシャサノキセキ, クロフネ,ケイムホーム, タートルボウル, バゴ, ヘニーヒューズ, メイショウサムソン, Spring At Last
1 アイルハヴアナザー, アドマイヤオーラ, エンパイアメーカー, オルフェーヴル, カネヒキリ, キズナ, ケープブランコ, ゴールドシップ, サクラオリオン, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, スクリーンヒーロー, ストリートセンス, スパイキュール, ダイワメジャー, ダノンシャンティ, トーセンホマレボシ, ノヴェリスト, パイロ, バトルプラン, ロージズインメイ, Fastnet Rock, Le Havre, Scat Daddy, Speightstown

母:トゥハーモニー

トゥハーモニーは未勝利。一族に京成杯の勝馬ローマンエンパイア、やや遠くなるが金鯱賞などを制したコンゴウリキシオーらがいる。牝系はさかのぼるとAlmahmoudにたどり着く名門で、ダイアトニックの5代母CosmahはHalo(サンデーサイレンスの父)の母で、Northern Dancerの母Natalmaの半妹にあたる。

ダイアトニックは10番仔で、セレクションセールで3240万円で落札され、シルクHCにて4000万円で一口募集された。初仔スペシャルブレイド・2番仔レオウィザードは2勝、3番仔レオプライムは5勝で京王杯SC2着の実績がある。以降はダイアトニックまで目立った戦績は上がっていなかった。ダイアトニックの下11番仔のゴールドエンプレスは未勝利。以降の産駒は現在のところ登録されていない。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔⑯, 2番仔㉙, 3番仔⑬, 4番仔㉑, 5番仔⑬, 6番仔⑫, 7番仔⑩, 8番仔⑥, 9番仔⑦, 10番仔③, 11番仔①, 12番仔②

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~⑦, 5000万~9999万㉓, 3000万~4999万⑬, 2000万~2999万㉑, 1000万~1999万⑪, ~999万⑤, 不明53

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち⑭, 重賞勝ち⑫, 4勝以上⑲, 3勝㉔, 2勝⑭, 1勝⑳, 未勝利・未出走㉚

母父:サンデーサイレンス

サンデーサイレンスは1986年米国産。G1を6勝(ケンタッキーダービー、プリークネスS、ブリーダーズCクラシック他)、通算14戦9勝。種牡馬として来日し、1995年から13年間リーディングサイアー首位を維持した。2002年死亡。母父としても、ドゥラメンテ、アーモンドアイなど活躍馬多数。2019年の母父としての重賞11勝目。

馬名性齢レース名G場所距離種牡馬
ダイアトニック牡419スワンSG2京都芝1400ロードカナロア
ドレッドノータスセ619京都大賞典G2京都芝2400ハービンジャー
メールドグラース牡419小倉記念HG3小倉芝2000ルーラーシップ
メールドグラース牡419鳴尾記念G3阪神芝2000ルーラーシップ
メールドグラース牡419新潟大賞典HG3新潟芝2000ルーラーシップ
フロンテアクイーン牝619中山牝馬HG3中山芝1800メイショウサムソン
ダンビュライト牡519京都記念G2京都芝2200ルーラーシップ
フィリアプーラ牝319フェアリーSG3中山芝1600ハービンジャー
パクスアメリカーナ牡419京都金杯HG3京都芝1600クロフネ
ヤマニンアンプリメ牝519クラスターCJ3盛岡ダ1200シニスターミニスター
ヤマニンアンプリメ牝519北海道SCJ3門別ダ1200シニスターミニスター
2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

11 サンデーサイレンス
8 クロフネ
7 キングカメハメハ
5 サクラバクシンオー, スペシャルウィーク, Storm Cat
3 エルコンドルパサー, ダンスインザダーク, Dalakhani
2
アグネスタキオン, アドマイヤコジーン, ウォーエンブレム, コロナドズクエスト, ゴールドヘイロー, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, ディープインパクト, デュランダル, ハーツクライ, ハードスパン, フジキセキ, フレンチデピュティ, ホワイトマズル, マンハッタンカフェ, Alzao, Dansili, Deputy Minister, Intikhab, Mtoto, Northern Afleet, Not For Sale, Singspiel, Tapit,
1 アジュディケーティング, アラムシャー, アンバーシャダイ, キングヘイロー, コマンダーインチーフ, ゴールドアリュール, サクラプレジデント, サンダーガルチ, タイキシャトル, スウェプトオーヴァーボード, ステイゴールド, フォーティナイナー, ボストンハーバー, マイネルラヴ, マリエンバード, ロックオブジブラルタル, ロージズインメイ, ワイルドラッシュ, Acatenango, American Post, Belong to Me, Caerleon, Essence of Dubai, Gilded Time, Green Tune, Halling, Kendargent, Kingmambo, Lemon Drop Kid, Librettist, Lion Heart, Lomitas, Medicean, Shamardal, Souvenir Copy

生産:酒井牧場

マックスビューティ、ホクトベガの故郷酒井牧場の近年の生産馬には、2015年のチューリップ賞などを勝ったココロノアイ、本馬の兄で2012年の京王杯SC2着レオプライム、2006年の函館スプリントSを勝ったビーナスラインなどがいる。

2019:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

53 ノーザンファーム
8 社台ファーム
5 ケイアイファーム, ダーレー・ジャパン・ファーム, 三嶋牧場
3 岡田スタッド, コスモヴューファーム, 服部牧場, フジワラフアーム
2 飛野牧場, ノースヒルズ, 廣田伉助, 山下恭茂
1 磯野牧場, 猪野毛牧場, 浦河土肥牧場, 追分ファーム, 片岡博, 杵臼牧場, 金成吉田牧場, 高昭牧場, 酒井牧場, 下屋敷牧場, 社台コーポレーション白老ファーム, 城地清満, スカイビーチステーブル, 須崎牧場, 谷岡スタット, タニグチ牧場, タバタファーム, 千代田牧場, 築紫洋, 辻牧場, 対馬正, 土居牧場, 日進牧場, 林孝輝, 広中稔, ベルモントファーム, 豊洋牧場, 横井哲, 吉田ファーム, ビッグレッドファーム, ヤナガワ牧場, レイクヴィラファーム

他に外国産馬が 5勝 (米4、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら