JBCスプリント・JPNⅠ レース結果と勝ち馬プロフィール

2019/11/4(月)
浦和9R 第19回JBCスプリント・JPNⅠ
定量 ダ1400m
馬場状態:重
1着本賞金 6000万円

出走馬 12頭

馬番馬名性齢斤量所属騎手単オッズ
1ミスターメロディ牡 457JRA福永祐2.3
2ノブワイルド牡 757浦和左海誠3.3
3ショコラブラン牡 757大井吉原寛248.8
4サクセスエナジー牡 557JRA松山弘10.2
5ブルドッグボス牡 757浦和御神訓71.0
6ドリームドルチェ牡 757浦和岩田康77.6
7トロヴァオ牡 657大井矢野貴467.0
8ファンタジスト牡 356JRA武 豊17.1
9ジョーストリクトリ牡 557浦和橋本直797.4
10コパノキッキングセン 457JRA藤田菜3.0
11メイショウアイアン牡 957北海道森泰斗354.1
12ノボバカラ牡 757JRA藤本現128.9

レース結果

着順馬番馬名タイム種牡馬生産者
1 (5)ブルドッグボス1.24.9ダイワメジャー鮫川啓一
2 (10)コパノキッキング1.25.0Spring At Last(米)
3 (7)トロヴァオ1.25.7カネヒキリノーザンファーム

LAP:11.6-10.5-12.0-12.4-11.8-12.9-13.7
上がり:4F 50.8 3F 38.4

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

ブルドッグボス:重賞2勝目

ダイワメジャー
(2000)
サンデーサイレンス┌Halo(Hail to Reason)
└Cosmah(Cosmic Bomb)
スカーレットブーケ┌ノーザンテースト(Northern Dancer)
└スカーレットインク(Crimson Satan)
リファールカンヌ
(1997)
デインヒル┌Danzig(Northern Dancer)
└Razyana(His Majesty)
リファールニース┌Greinton(Green Dancer)
└バーブスボールド(Bold Forbes)

通算成績:36戦11勝
これまでの主な戦績:
・2017クラスターC・JPNⅢ 1着(盛岡ダ1200)

父:ダイワメジャー

ダイワメジャーは2001年生まれ。通算28戦9勝、GⅠ5勝(皐月賞、安田記念、天皇賞・秋、マイルChS2回)。代表産駒として、カレンブラックヒル(NHKマイルC)、メジャーエンブレム(NHKマイルC、阪神JF)、レーヌミノル(桜花賞)などを輩出。2018年のリーディングサイアーランキング第6位。2019年の重賞は3勝目。

馬名性齢レース名G場所距離母父馬
レシステンシア牝219ファンタジーSG3京都芝1400Lizard Island
アドマイヤマーズ牡319NHKマイルCG1東京芝1600Medicean
ブルドッグボス牡719JBCスプリントJ1浦和ダ1400デインヒル
2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

20 ディープインパクト
10 ロードカナロア
9 ルーラーシップ
8 ステイゴールド
7 キングカメハメハ, ハーツクライ
6 ハービンジャー
5 ゴールドアリュール, シニスターミニスター, マンハッタンカフェ
3 ヴィクトワールピサ, ゼンノロブロイ, ダイワメジャー, タートルボウル, Raven’s Pass
2 ヴァーミリアン, キズナ, キングヘイロー, キンシャサノキセキ, クロフネ,ケイムホーム, バゴ, ヘニーヒューズ, メイショウサムソン, Spring At Last
1 アイルハヴアナザー, アドマイヤオーラ, エンパイアメーカー, オルフェーヴル, カジノドライヴ, カネヒキリ, ケープブランコ, ゴールドシップ, サクラオリオン, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, スウェプトオーヴァーボード, スクリーンヒーロー, ストリートセンス, スパイキュール, ダノンシャンティ, トーセンホマレボシ, ノヴェリスト, パイロ, バトルプラン, ロージズインメイ, Fastnet Rock, Le Havre, Scat Daddy, Speightstown

母:リファールカンヌ

リファールカンヌは未出走。その祖母バーブスボールドはLyphardの半妹にあたり、一族にシーキングザパールなど。

ブルドッグボスは5番仔。兄弟に中央での勝ち星はない。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔⑰, 2番仔㉛, 3番仔⑬, 4番仔㉓, 5番仔⑭, 6番仔⑬, 7番仔⑪, 8番仔⑥, 9番仔⑧, 10番仔③, 11番仔①, 12番仔②

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~⑦, 5000万~9999万㉔, 3000万~4999万⑭, 2000万~2999万㉒, 1000万~1999万⑫, ~999万⑤, 不明58

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち⑰, 重賞勝ち⑫, 4勝以上㉑, 3勝㉔, 2勝⑮, 1勝㉑, 未勝利・未出走㉜

母父:デインヒル

デインヒルは1986年米国産。G1を1勝(英スプリントC)、通算9戦4勝。種牡馬として大成功をおさめ、Dylan Thomas(凱旋門賞などG1を6勝)、ロックオブジブラルタル(英2000ギニーなどG1を7勝)、Duke of Marmalade(キングジョージなどG1を5勝)を始め、多数のチャンピオンホースを輩出、欧州のみならず、オーストラリアでもリーディングサイアーとして君臨した。日本でも1996年に供用。母父としても、怪物Frankel、凱旋門賞馬デインドリーム、フェノーメノなどを輩出。2019年の母父としての重賞勝ちは初。

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

14 サンデーサイレンス
8 クロフネ
7 キングカメハメハ, スペシャルウィーク
5 サクラバクシンオー, Storm Cat
3 エルコンドルパサー, ダンスインザダーク, Dalakhani
2
アグネスタキオン, アドマイヤコジーン, ウォーエンブレム, コロナドズクエスト, ゴールドヘイロー, ジャングルポケット, シンボリクリスエス, ディープインパクト, デュランダル, ハーツクライ, ハードスパン, フジキセキ, フレンチデピュティ, ホワイトマズル, マンハッタンカフェ, Alzao, Dansili, Deputy Minister, Intikhab, Mtoto, Northern Afleet, Not For Sale, Singspiel, Tapit,
1 アジュディケーティング, アラムシャー, アンバーシャダイ, キングヘイロー, コマンダーインチーフ, ゴールドアリュール, サクラプレジデント, サンダーガルチ, タイキシャトル, スウェプトオーヴァーボード, ステイゴールド, デインヒル, フォーティナイナー, ボストンハーバー, マイネルラヴ, マリエンバード, ロックオブジブラルタル, ロージズインメイ, ワイルドラッシュ, Acatenango, American Post, Belong to Me, Caerleon, Cozzene, Essence of Dubai, Gilded Time, Green Tune, Halling, Kendargent, Kingmambo, Lemon Drop Kid, Librettist, Lion Heart, Lizard Island, Lomitas, Medicean, Rockport Harbor, Shamardal, Souvenir Copy

生産:鮫川啓一

鮫川啓一氏の生産馬には、オースミイチバン(2013ダイオライト記念など)、オースミグラスワン(2008新潟大賞典など)、オースミハルカ(2003チューリップ賞など)らがおり、古くはカツラノハイセイコでダービーを制覇。

2019:生産者別重賞勝ち数(敬称略)

58 ノーザンファーム
8 社台ファーム
5 ケイアイファーム, ダーレー・ジャパン・ファーム, 三嶋牧場
3 岡田スタッド, コスモヴューファーム, ノースヒルズ, 服部牧場, 廣田伉助, フジワラフアーム
2 飛野牧場, 山下恭茂
1 磯野牧場, 猪野毛牧場, 浦河土肥牧場, 追分ファーム, 片岡博, 杵臼牧場, 金成吉田牧場, 高昭牧場, 酒井牧場, 鮫川啓一, 下屋敷牧場, 社台コーポレーション白老ファーム, 城地清満, スカイビーチステーブル, 須崎牧場, 谷岡スタット, タニグチ牧場, タバタファーム, 千代田牧場, 築紫洋, 辻牧場, 対馬正, 土居牧場, 富田牧場, 日進牧場, 林孝輝, 広中稔, ベルモントファーム, 豊洋牧場, 横井哲, 吉田ファーム, ビッグレッドファーム, ヤナガワ牧場, レイクヴィラファーム

他に外国産馬が 5勝 (米4、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら