ケンタッキーダービー有力馬【3】Irish War Cry(アイリッシュウォークライ)

英ブックメーカーWilliam HILLの単オッズ8.00倍(3人気)

Isabelle de Tomasoの自家生産馬。今年は2月のホーリーブルSから始動し、Classic Empire(3着)に勝利するも、3月の前々走・ファウンテンオブユースSで7着に大敗。しかし、4月の前走・ウッドメモリアルSは快勝。Classic Empireに土をつけた実績を取るか、大敗もある不安定さを取るか、悩ましい存在。調教師は2011年ケンタッキーダービーをAnimal Kingdomで制しているH. Graham Motion。

1着:2017ウッドメモリアルS(G2)9.0F
1着:2017ホーリーブルS(G2)8.5F

Curlin Smart Strike Mr. Prospector
Classy ‘n Smart
Sherriff’s Deputy Deputy Minister
Barbarika
Irish Sovereign Polish Numbers Danzig
Numbered Account
Irish Genius Beau Genius
Irish Trip (GB)

父:Curlin(カーリン)は、
・2007年エクリプス賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬
・2008年エクリプス賞年度代表馬、最優秀古牡馬

1着:2007ブリーダーズCクラシック(G1)10.0F
1着:2008ドバイワールドC(G1)2000m
1着:2007プリークネスS(G1)9.5F
1着:2007,2008ジョッキークラブGCS(G1)10.0F

など、G1を7勝した名馬。産駒も大活躍しており、ここまで輩出した5世代で7頭のG1馬を輩出し、ライフタイムAEIは2.44。2016年の全米リーディングサイアーランキング2位。2017年の種付料は15万ドル。

父系:Mr.Prospector→Smart Strikeから連なる父系。Smart Strikeは2007,2008年の全米リーディングサイアー。

母:Irish Sovereign
本馬以外に活躍馬は出していない。

母父:Polish Numbers(by Danzig)
2014年と2016年のエクリプス賞年度代表馬・California Chrome(カリフォルニアクローム)の母母父としても顔を出しており、少なくない影響力を感じさせる。Polish Numbersの母・Numbered Accountは1971年エクリプス賞最優秀2歳牝馬で、California Chrome(カリフォルニアクローム)はNumbered Accountの牝馬クロスを持つ馬。

Prep Race:ウッドメモリアルSは今年からG2に降格されたが、ニューヨーク州のアケダクト競馬場で行われる東海岸におけるケンタッキーダービーの重要なPrep Race。過去の勝ち馬にはGallant Fox、Count Fleet、Seattle Slewの3頭の3冠馬を筆頭に、Native Dancer、Bold Ruler、Gulch、Fusaichi Pegasus、Empire Maker、Tapitら、錚々たる顔ぶれが並ぶ。