5/4(木)第18回兵庫チャンピオンシップ(Jpn2) 1着・タガノディグオ

3歳 定量 園田ダ1870
1着賞金2800万

父:エンパイアメーカー
母:タガノティアーズ
母父:タニノギムレット
生産牧場:(有)新冠タガノファーム
厩舎:宮徹(栗東)
騎手:川島信二

道中5番手から2周目3角では3番手に進出し、直線抜け出し重賞初制覇を達成。これでJRA所属馬は16年連続勝利。

父:エンパイアメーカーは現役時、G1を3勝。2004年から2010年まではアメリカにて、2011年から2015年までは日本にて、2016年以降は再度、アメリカにて繋養されている。今年のケンタッキーダービーの前売り1,2人気はいずれも既にG1タイトルを持っているエンパイアメーカーの孫2頭(Always Dreaming,Classic Empire)が占めており、この血脈のアメリカでの勢いを感じさせる。

牝系:4代母のプライヴェイトスリッパー(USA・by Private Account)が輸入基礎牝馬。ここを源とする一族に本馬以外の重賞勝ち馬はいないが、プライヴェイトスリッパーの異父兄に1992年エクリプス賞最優秀短距離馬のRubianoがおり、異父妹のTap Your Heelsが大種牡馬Tapitを輩出、異父妹のHong Kong Jadeの孫にサマーバードがいるなど、牝系自体は優秀。

 Rubiano(父・Fappiano、母・Ruby Slippers by Nijinsky)
 1着:1991NYRAマイルH(G1) USAダ8.0F
 1着:1992カーターH(G1) USAダ7.0F
 1着:1992ヴォスバーグS(G1) USAダ7.0F
 Tapit(父・Pulpit、母・Tap Your Heels、母母・Ruby Slippers)
 1着:2004ウッドメモリアルS(G1) USAダ9.0F
 2014-2016全米リーディングサイアーランキング1位
 サマーバード(父・Birdstone、母・Hong Kong Squall、母母・Hong Kong Jade)
 1着:2009ベルモントS(G1) USAダ12.0F
 1着:2009トラヴァーズS(G1) USAダ10.0F
 1着:2009ジョッキークラブゴールドC(G1) USAダ10.0F

母父:タニノギムレットはBMSとして以下、2頭の重賞勝ち馬を輩出。ブレスジャーニーは本馬とよく似た血統構成で父系、母父が同じだけでなく、母方にサンデーサイレンスが入っている点も同じ。

 ブレスジャーニー(父・バトルプラン byエンパイアメーカー)
 1着:2016東スポ杯2歳S(G3) 東京芝1800
 1着:2016サウジアラビアロイヤルC(G3) 東京芝1600
 プロフェット(父・ハービンジャー)
 1着:2016京成杯(G3) 中山芝2000

クロス:Mr. Prospector:4×5,In Reality:4×5

生産牧場:(有)新冠タガノファームの近年の活躍馬はタガノエスプレッソ、タガノトネール、アスカノロマンなど。

 タガノエスプレッソ(父・ブラックタイド、母・タガノレヴェントンbyキングカメハメハ)
 1着:2014デイリー杯2歳S(G2) 京都芝1600
 タガノトネール(父・ケイムホーム、母・タガノレヴェントンbyキングカメハメハ)
 1着:2016武蔵野S(G3) 東京ダ1600
 1着:2015サマーCh(Jpn3) 佐賀ダ1400
 2着:2015マイルChS南部杯(Jpn1) 盛岡ダ1600
 アスカノロマン(父・アグネスデジタル、母・アスカノヒミコbyタバスコキャット)
 1着:2016東海S(G2) 中京ダ1800
 1着:2016平安S(G3) 京都ダ1900